パッティングはややダウンブローのストロークが芯に当たる

829f37d72275aa4fe50a4de2c6b354f4_s

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。
福岡の自宅からです。

あなたのゴルフ上達のために今回も役に立つ情報をお届けしたいと思います。
今回はパッティングを芯で打つ重要性についてお伝えします。

パッティングでは芯で打つことによって球の転がりがよくなりますが、どうしても毎回芯で当てることができない。

という人は多いですよね。
レベルブローではなくてダウンブローでアプローチの感覚で少し打ちこむことで芯に当てやすくなります。

 

パッティングの基本的なストロークはまっすぐ引いてまっすぐ出すといわれます。
動き方そのものは間違いないですが、これを意識するあまりその軌道をなぞろうとして合わせる動きになりやすいんですね。

 

そして、具体的な症状としてはヘッドの動き自体にスムーズさがなくなってしまう事です。

等速で振ることができなくなるので、ストロークのリズムが悪くなってしまうわけです。

こうなると当然ボールの転がりも悪くなってしまいます。
芯で打って球に良い回転を与えるためにはヘッドはやや上から下りてくる方が良い回転を与えやすいです。
パッティングをダウンブローというと極端に上から入れてしまう人がいるかもしれないですが、極端にダウンブローというわけではなくてイメージ的にはアプローチの延長だと思うぐらいでちょうどいいです。

それぐらいの感覚で打つことで良い角度でボールにコンタクトすることができるのです。
なので転がりが悪いという人は球にストロークとして打つのではなくて、球をヒットする感じでパッティングしてみてください。
そうすると転がりが変わってきます。

これでヘッドをまっすぐ引いてまっすぐなぞるように出すという恐る恐るの打ち方を克服することができるでしょう。

■振るスピードは上げるも下すも一定にすること

ではストローク自体のスピードはどのように考えたらいいのか?

これについてよく聞かれることが多いです。
練習グリーンでうまい人のパッティングを見ていると何発撃っても同じところに球がかたまります。

これはいつも同じストロークができているという証拠です。

打つたびに距離感がバラバラになるという人は距離感を合わせる以前の問題です。
大切になるのがアドレスから上げるスピードと下すスピードを一定にすることですね。
振るスピード自体は人それぞれで感覚があるのでどれぐらいのスピードが良いというのはないのでこれは気にしなくてもいいと思います。
この時手首の角度、特に左手首の角度を固定した状態でストロークするとパンチが入りすぎることなくゆるんだりしてしまうというのも少なくなります。
後は振り幅ですが基本的には左右対称という意識があるといいです。
そうすることで自分の基準となるストロークを作りやすくなるので基本となるストロークの形ができやすくなります。

というわけで、パッティングで距離感と転がりをよくするためのストロークについてお伝えしてきました。
あなたが、ゴルフを短期間で上達させたいというのであれば、僕がゴルフを始めて半年でスコア82を出せたスイングのキモの部分をメルマガでお伝えしていますのでこの機会にメルマガ登録してみてください。

メルマガはもちろん無料です。
ゴルフレッスンプロ(トシ)のゴルフ上達ノウハウ垂れ流しメルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。