曲がりのポイントとなる基点を見つけスネークラインを攻略する

ゴルフレッスンプロ(トシ)です。
今回はパッティング上達について、
【曲がりの基点となりそうなポイントを把握する】です。
グリーンのコンディション面をのぞいて考えた場合ですが、
グリーンでいちばん手を焼くというか、難しいと感じる部分はやはりスネークラインです。

スネークラインというのはフックして、その後にスライスして、そしてフックみたいなラインのことです。

pato1

例えばですが、15メートルのスネークラインがあって
打ち出しから5メートルが左に50センチ切れるフックラインがあります。
そして、その先10メートルまでが右へ20センチ切れるスライスラインとなり、
最後に5メートル再び10センチ切れるフックラインがあるとします。
結論から言うと、トータルで40センチのフックラインということになります。
この切れ幅を想定して右へ打ち出せばいいということになります。

つまり、要は曲がりの基点となりそうなポイントを見つけて
切れ幅の数値化ができると、足し算と引き算をすれば答えが出るということです。

1番大きな切れ幅から逆に切れる幅を引いて、
また最初の切れ方に戻るようならその幅をプラスするという事です。

なんだか難しいとあなたは感じるかもしれませんが、
スネークラインを考えるときにこういった切れ幅の足し算引き算を用いて考えると
打ち出すべきラインが読めるようになっていきます。

でも、やはり実際に現場でこのようにブレークポイントを見極めてから計算していくというのは面倒ですし、そんな時間もありません。

また、何より読みが正しいかもわからないという人は多いでしょう。
それを前提にパッと答えを出すことができる人がパッティングの名手に近づけます。

また、ブレークポイントが近くにあっても、遠くにあってもライン上に存在する最も大きな傾斜やこぶに影響されるという事を忘れないようにしましょう。

こういったスネークラインを読める力が備わってくることで、
ロングパットの距離感というか狙いも定まってきますし、
あとは実践や練習を重ねることによって、2パットで沈めるということが現実的なものになっていきます。

2パット以内に沈めることができるようになってくるとスコアーは大きく縮まっていきます。

ショットやアプローチが良くてもパッティングで3パット、4パットを叩いてしまっては
スコアーというのはなかなか縮まってくれません。

いちはやくあなたが今100切りを目標に掲げているという場合は、
ショットの精度を磨くこともいいですけど、100切りの近道になるパットの精度を上げるということも同時というかそれ以上に重きを置いて練習されることをお勧めします。
ただ時間がないという場合は自宅でもパターマットで練習したり、打ちっぱなしの脇にあるパッティンググリーンで練習を重ねることによって、
自分なりの感覚で寄せる入れるというストロークの感覚を掴めるまで愚直に反復を行ってみてください。
パターというのは18ホールで最も使うクラブです。
パットの名人になれれば、ショットが良くなるだけで80台、70台の世界は身近なものになりますよ。

 

最後にあなたが当たり前に80台、70台を出して、周りのゴルファーをスコアーで圧倒して優越感に浸りたい場合は、僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしています。
【無料メルマガ】ゴルフど素人がわずか半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法
あなたの今後のゴルフが劇的に良くなることを保証します^^

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。