階段の上り下りでゴルフスイングが変わる股関節の上手な使い方

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

今回も生活の一部でゴルフを上達するための方法について紹介したいと思います。
日常の中で階段を上ることは多いかと思います。

駅の階段、または歩道橋、そして、家の中の階段。
この階段を上るときゴルフが上達するある意識について紹介したいと思います。

「階段の上り下りでゴルフが上達するなんて」

 
とあなたは思うかもしれませんが、
これがおもしろいことにゴルフ上達にかかわっているという事をお伝えしていきますね。
階段を上るときにこれからは一段飛ばしで足を高く上げて上ってみてください。
こうすることにより股関節が内旋します。

 
股関節が内旋して左右の股関節が入る感覚がつかめると思います。
いいゴルフスイングと悪いゴルフスイングの違いは股関節が入っているか、股関節が入ったら下半身が安定するからです。

 

iefewfwe
そしてアドレスができて、スイング中のスエーや体の伸び上がりがなくなります。
そうするとミート率は格段に上がります。
つまりミート率が上がることにより飛距離がアップするのです。
背筋を伸ばしながら内股で一段飛ばしでのぼることにより股関節が入ります。
ただし急激にやると膝などを傷めることになります。
膝を痛めないために気を付けて行いましょう。
股関節が入ったゴルフスイングができたらテークバックとインパクトで体が左右に流れなくなります。

軸ブレすることなくミート率が上がるというわけですね。
良いスイングをする第一歩として股関節が入ったアドレスができるようになることが前提です。

股関節が入らないと前傾が浅くなって手打ちになりやすいからです。
また、股関節が入ってないと腰が引けて捻転不足のスイングになってしまいます。
捻転不足のスイングになってしまったら軸がブレてしまいます。
軸がブレてしまったらショットの精度は当然落ちることになりますからね。

ゴルフスイングの肝として知っておきたいことは階段は内股で上るという事を知っておきましょう。

階段を上るときに左右の手を振ってみましょう。
左右の手を振って階段を上ることによりバランスが取れます。

また、上半身を捻転させる動きも分かるようになります。

今回は生活の一部がゴルフに直結できるということをお伝えしました。

 

階段の上り下り一つにしてもこのようにゴルフスイングを上達させることは可能です。

 

股関節の入ったアドレスと股関節の入った捻転のきいたスイングを身につけましょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。