フェアウェイバンカー攻略は手首の角度をまっすぐにボールに近づいてクリーンヒット

フェアウェイバンカーの打ち方についてコツを紹介します。

一打目でナイスショットしたのにフェアウェイバンカーにつかまってしまうということは誰でもゴルフをしていれば経験することだと思います。

でも、不運だからと言って嘆いても仕方ないですので、こんなときはボールを高く上げることはあきらめましょう。
まずはダフたないことが絶対条件になります。

そのためにはアドレスの顔とボールの距離を変えないように打つことです。
その前にまずは基本をチェックします。。
腕の回転でバックスイングすることで手元が腰の高さでトゥは上を向きます。
右脇が空くとインサイドに上がりやすくなるので注意しましょう。

urgwrgg

スイング中は両わきを締めたまま胸を回す意識が必要です。
アドレスでできたシャフトの角度がトップでもフォローでも平行なら手首の角度は変わりません。
それには両わきを締めて胸の回転でスイングすることが大事ですね。

バックスイングで右脇が空くと角度は崩れてしまいますからね。
なので胸でバックスイングを回すことによってアドレスの時のシャフトの角度がトップでもフォローでも変わりません。

背骨を軸にして頭を動かさないことです。
フェアウェイバンカーにボールがあったらまずはクラブは短めに握ることです。
そして、ボールに近づいて立つことが大事ですね。
通常の立ち方だとスイングがフラットになって手前をダフリやすくなります。
でも近づいて立つことで飛球線後方から見た時に手首の角度がまっすぐに近くなります。

だからアップライトな軌道で打てるのです。

そうするとボールをクリーンに捉えることが出来るのです。
もう一つ大事なことは頭とボールの距離を変えないことです。

ボールを上げようとするとダウンスイングで頭が沈みこんだり、もしくはボールとの距離が変わってしまいます。
なので背骨を中心軸にして体を回していくようなイメージを持つことだ大事ですね。
こうすることによって肩もレベルに回るのでダフることなくスイングすることが出来ます。
また、このフェアウェイバンカーの打ち方はこんな状況でも使えます。

ラフにボールが沈んでいる時ってありますよね?
ラフにボールが沈んでいる時もアップライトなスイングがおすすめです。

ヘッドが低い位置から入るとボールの手前の芝に喰われてひっかかりやすくなります。
なのでボールの近くに立って、アップライトな軌道でスイングすることです。
そうすることによってボールをクリーンにとらえることが出来ます。
ラフに負けないと思って手だけで強振したところでひっかけてしまいます。
なのでフェースをやや開いてフォローは肩の位置で止めるぐらいのつもりで対応すると夏のラフでもひっかけることなく脱出することが出来ます。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。