木を避けて曲げる球を打つ時はスタンスは打ちだし方向でフェースは落下点に向ける

球を低く打とうと思ってもグリーン方向に木が立ちふさがっているときは曲げる打ち方が有効になります。

 

ティショットを左へ曲げた時にはフック、右に曲げた時にはスライスでグリーンを狙っていきます。

 

 

曲がる球を打つポイントはアドレスになります。

 

フックであってもスライスであっても原理は一緒ですからね。

 

スタンスは絶対に木に当たらない方向に向けることが大事ですね。

 

 

そして、最終的にボールを落としたい地点にフェースを向けるだけでいいです。

 

そのままスタンスなりにスイングすることによってボールはスタンス方向へ飛び出していってくれます。

 

そして、フェース面の向きに戻ってきてくれます。

スタンスとフェース面の向きをずらすことによってボールは曲がります。

jerg3wrg

 

これをずらせばずらすほどにボールは曲がります。

 

スライスを打つと飛距離が落ちますのでこれを考えて番手を上げて打っていきましょう。

 

 

できるだけ木の横ギリギリを狙いたくなりますが、それだと出玉が少しでも左へずれてしまったら木に当たってしまう。

 

なので絶対に木に当たらないように少しだけ余裕を持たせることが大事ですね。

 

木の端ぎりぎりを狙うのではなくてひっかけた時のことを考えてスタンスを右に向けるといいです。

 

左へ曲げるフックを打つときはスタンスをクローズにしてフェースをかぶせて構えます。

逆にスライスで右へ曲げる時はスタンスを左へ向けてフェースを開いて構えます。

どうしてもグリーン方向へ出せない時もあると思います。

林の奥までボールが入ってしまって横に出すしかないという状況です。

こんな時はランニングアプローチが有効ですね。

 

ランニングアプローチでミスをするとなるとだいたいありがちなのが強く打ちすぎてしまうミスです。

 

強く打ちすぎて反対側のラフまでボールが飛んでしまう。

 

なのでランニングアプローチはフェアウェイの入り口にキャリーさせるつもりで打ちましょう。

 

そうすることによってナイスアウトとなります。

 

 

コツとしてはボールを右側に置いてハンドファーストの形がアドレスになります。

 

これが一番ミスのない構え方になります。

ミート率を上げるためにこの構えがランニングアプローチでは有効ですね。

 

ラフとフェアウェイの境目を狙ってキャリーさせることによって反対側のラフまでいくことがないですからね。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。