切り返しで左に少しだけ体重を乗せるだけで力みなく正しい軌道でスイングできる

スイング中に一番力みやすいのが切り返しですね。
切り返しが力んで手打ちになってミスショットしてしまう人は多いですよね。
今回はそんな切り返しで気を付けることを紹介します。
正しいセットアップができていてもこの切り返しで力んでしまうとすべてがダメになってしまいます。

正しい切り返しのコツを紹介したいと思います。
まず、ダウンスイングではクラブの重みを感じましょうということです。

切り返しで重要となるのがクラブの重さを感じながら下すことです。

切り返しを腕の力で行ったら軌道がばらばらになります。

jy67fer

腕は極力脱力して左足への体重移動をきっかけにしましょう。
インパクトからフォローにかけてヘッドと頭が引っ張り合う形が理想です。

こうなるとクラブに遠心力が大きくなって効率よく飛ばすことが出来るのです。

これもヘッドの重みを感じながら振るとことが大事ですからね。
腕に力が入っているとスムーズにクラブが動きません。

結局手先の動きだけでスイングすることになるので精度が落ちます。

ヘッドの重みを感じながらクラブを上げると手元とヘッドの位置関係が正しくなります。

手先に力みがあると正しくクラブは上がりません。
右足に体重を乗せながらゆったりとテークバックしていきます。

手元とヘッドの位置関係をキープさせたまま上げるのがポイントになります。

切り返しで左足に体重を乗せる動きをきっかけとしてクラブを下します。

ここで腕の力を使ってしまったら軌道がばらばらになってしまいます。

軌道がばらばらになってしまったらダフリも出やすくなります。

なので切り返しで左に体重移動しても頭は右サイドに残る形がベストです。

ここで頭が突っ込んでしまうと入射角が狂ってしまうためにダフリやトップとミスが続きます。

切り返しで気を付けることは少しだけでいいので左に体重を乗せるということ。

 

ドーンと左へ体重移動するのではなくて、ちょっとだけ左へ体重を乗せるだけでいいのです。

 

この動きをきっかけにクラブを下してきます。

 

これができるようになるとダフリやトップのミスが格段に減る。

 

なんにせよ腕に力が入っているとクラブがスムーズな軌道で動いてくれないということは知っておきましょう。

 

だいたいの手打ちの人が腕を力ませて切り返しを行っているのでこれがミスの原因となります。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。