目の前の池を考えずにうまくショットするには振りぬく方向を考える

目の前に池がある場合の対処方法を今回は紹介したいと思います。

ラウンドでは池越えやバンカー越えなど様々な状況が訪れます。
こういったときこそ基本の動きが重要になります。

インパクトの形ではなくて、この場合は振りぬく方向を意識しましょう。

iewge
バールの行方を見るのは打ち終わった後です。

インパクト前からターゲットに意識があるから体が起き上ってミスになるのです。

頭が動くことでダフリやトップが出やすいです。

手前に池などがあるとどうしてもボールの行方が気になって頭が上がってしまいます。

ボールを打つことを忘れてクラブを振りぬく方向だけを意識してみましょう。

そうすることで体は起き上りません。

そして、頭も動かなくなります。

なのでダフリのような大きなミスがなくなるのです。
ダフリなどのミスが出るのは腰から腰のふり幅で正しくクラブが動いていないからです。

フォローでトゥが空を向いているか、素振りでチェックすることが大事ですね。

そうするとショットの精度が向上しますからね。
フォローでフェースが開いたり閉じたりしているのは手先を使いすぎているのが原因です。

インパクトを手先で合わせているからフェースの向きが安定しないのです。
フェースの向きが安定しないためにミスになってしまいます。
池越えなどのプレッシャーのかかる場面ではヘッドの振りぬく方向だけを意識することです。

ボールを当てようとするのではなくて、振り切ることを意識することで体の動きは自然にスムーズになってくれます。
ボールをターゲット方向に飛ばそうとするほど手先の動きが強くなって手打ちになってしまいます。

緊張する場面ほど手先は使わずに体の動きだけで打っていくことがおすすめです。

しっかり振りぬくことで池なんて気になりません。

そのため、打った後もボールの位置を見続けるぐらいの気持ちがあるといいです。

池を目の前にすると徹底的に顔を上げないことがおすすめです。

クラブをどこに振りぬいていくかだけを考えることです。

そして、打った後もボールがあった位置を見続けるぐらいの気持ちが大事ですね。

するとボールの行方を気にしなければ体の動きはスムーズになってくれます。

アドレスに入る前に必ず後方から打ちたい方向を確認しておきます。

 

振りぬく方向があいまいになるとショットにも迷いが出てしまいますからね。

 

なのでミスショットになる可能性を上げてしまうことになります。ボールの行方を見るのは打ち終わった後です。

 

 

インパクト前からターゲットに意識があったら体が起き上がることになりますので。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。