アプローチ距離のコントロールは振り幅でなくフォローの高さで変える

2011年の賞金王で米ツアー参戦中のべ・サンムンはフォローでのヘッドの高さで5ヤードを打ち分けると言います。

アプローチの精度の高さが彼の秘訣。
球の高さをイメージすることが大事だと言います。

彼からアプローチの距離とコントロールの真髄を学んでみましょう。

jjiiie
ベ・サンムンは球の高さで距離を打ち分けるそうです。

高い球は強い球。

なので距離が出ます。

低い球は抑え気味の球だからそれほど距離は出ません。
例えば手元を胸から胸まで振るスイングで50ヤード打つとします。

でもフォローでヘッドがビュンと高く上がれば高い球が出ます。

これでプラス5ヤードが出ると言います。
逆にヘッドが高く上がらずに低いフィニッシュであれば、マイナス5ヤードです。

この距離の調整法が一番実戦向きだと彼は言います。

高い球を打とうとすると体が起き上りやすくなります。

これではいけないので、胸が下を向いたまま体を回すことが大事ですね。

高い球も低い球もしっかり体を回して打つことが大事です。

高い球でも低い球でも注意するポインントがあります。

それは同じで、手先だけで打つのではなくてしっかり体を回しながら打つことです。

特に高い球を打つ時はインパクトからフォローにかけて体が起き上りやすいので胸を下向きのまま回していくように意識してみましょう。
低い球の場合は最初から左足体重にして体重移動を抑え気味にします。

ヘッドを返しながらボールを捕まえて打つのがコツになります。
低い球の場合は左足体重に構えます。

そして体重移動を抑え気味にしてヘッドを返しながらフォローを出します。

バックスイングの高さを決めるとフォローが調整しやすいです。
腰、胸、肩など自分がバックスイングしやすい位置を決めてそこに上げればいいです。

距離感の調節はやっぱりフォローの大きさが大事になります。

例えばごみ箱に物を投げるときは目標に手を放り出す大きさで調節すると思います。

これと一緒でバックスイングの大きさで調節するという人もいますが、それは結構難しいです。

それよりも自分で上げやすいバックスイングの高さを決めて、距離に関係なくクラブがすっと気持ちよく上がる位置に上げましょう。

そこからダウンスイングすることによって自然なダウンブローになるはずです。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。