リズムを刻んでストロークすることで距離感の誤差をなくす

64782c3fa902ef28fd92169d4fb1a7fb_s

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

パッティングについて今回はお伝えしていきます。

パッティングで距離感って大事ですね。

距離感が合わないとやっぱり3パットを叩いてしまう確率って上がりますからね。

距離感の誤差をなくすために、毎回距離感の合うタッチでストロークできるようになるために、【リズムを刻んでストローク】をテーマにお伝えしていきますね。

僕はどんな距離でも一定のリズムで振るように心がけています。リズム変わってしまったら、ストロークのスピードは毎回変化してしまいますからね。

なので、同じふり幅にしてもころがる距離が安定しません。

距離感を養えるパッティングのリズム

 

距離にばらつきがある人はリズムに注意してみてください。

リズムを刻むときには「1」でアドレス、「2」で始動、「3」がフィニッシュという流れで振るようにしてみてください。

コースに出たらリズムって大事です。

 

自分のリズムを見つけることはナイスショットへの引き金となります。

パッティングでも同じことが言えます。

自分のリズムを見つけて、毎回同じリズムでストロークができるようになると距離感もしだいに合ってきます。

これはルーティンでも同じように、打つ前に同じ動作を繰り返し、毎回同じ動作を行った後に球を打つ。という一連の流れの中でショットもパットも行っていきます。

 

そうすることで、リズムが生まれるのでスコアがこれだけでも縮まる人はたくさんいます。

ゴルフ初心者の場合、リズムなんて気にしたことがないと思いますが、自分のリズムを作ってそれに毎回したがって球を打っていくという事をおすすめします。

 

ちょっと、話がパッティングからそれてしまったのですが、

パッティングの振り幅がおおきくなるほど手先で振ってしまいやすくなります。

そうなるとリズムが早すぎたり、遅すぎたりということになりやすいです。

 

なのでストローク中はお腹に力を入れるようにしてください。

そうすることによって体を使って振ることができるようになります。

それでは、今回の内容をまとめると

 

1、手元だけで振ると手元がカラダの前から外れる(正確には胸の前から外れる)ので軌道もぶれてしまう。

 

2、お腹に力を入れて振ることによって、体を使って振ることができるので、ストロークの軌道もリズムも安定させることができる。

このようにあなたがパッティングについて悩んでいる場合は、リズムを考えてストロークしてみてください。

パッティングがうまくなるとスコアがぐーんと縮まります。

 

3パットばかりだったのが2パットで上がれるようになってくると、ゴルフに幅ができてパッティングの大事さを身に染みてわかるようになれると思います。

なので、あなたがパッティングに関して悩んでいるというのであればぜひリズムを意識した練習を心がけてやってみてくださいね。

 

最後に、ゴルフを一気に上達させたいというのであれば、僕はその方法をメルマガで詳しくお伝えしています。メルマガではブログには書いてない濃いゴルフ上達法などを配信しているのでこの機会にお楽しみください^^

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。