シングルゴルファーの方向性安定プログラム感想レビュー

bakabakasii suraisu11

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回は、シングルゴルファーの方向性安定プログラムを購入して実践した感想などを書いていこうと思います。

題して、『シングルゴルファーの方向性安定プログラム 実践レビュー』です。

 

全てをお伝えするとなるとかなり長くなってしまうと思いますので、要点を絞って、数回に分けてレビューしていきます。

今回は僕がかなり勉強になった、アドレスの重要性についてレビューしたいと思います。

 

ショットの方向性を安定させるために、まずはアドレスの構えとアドレスの向きが非常に重要になることはゴルファーなら当たり前に理解できる部分です。

 

ただ、多くのアマチュアゴルファーは実際に自分がアドレスしている方向もそうですが、アドレスの形により正しいスイングが生まれるということを、おろそかにしてしまっています。

 

例えば、アドレスで両腕を伸ばして構える人がいますが、これでは脇が空いてしまいます。

 

脇が空くことにより両腕の長さがバックスイングからフォローへと左右の腕の長さが変わってしまいますので、これでは再現性の高いスイングをすることはできません。

 

試してみると分かると思います。

以下の写真で僕がワキを開けている場合と閉じている場合とで違いをお伝えします。

 

ワキが空いているアドレスになると

waki2 waki3

 

バックスイングで左右の腕の長さが変わってしまう。

waki4

 

フォローでも同じく左右の腕の長さが変わってしまう。

waki9

 

アドレスでは、必ずワキを閉めることが重要です。

正しくスイングするための基本です。

 

waki5

 

ワキを閉めることによって、スイングの再現性が高まります。

waki6

 

ワキを閉めることによって、バックスイングで左右の腕の長さが変わらない。

waki7

 

フォローでも左右の腕の長さが変わらない。

waki8

 

このように、ワキが空いている場合と、ワキを閉じている場合とで比較してみると分かりやすいと思います。

ワキを閉めることによって、バックスイングからフォローへと胸を左右に動かしたときに胸の前に常にクラブがある感覚というのも分かると思います。

これにより、体とクラブの動きの同調性が高まりますのでコネクションが良くなります。

 

あなたも実際にやってみると違いがよく分かると思います。

アドレスでワキを閉める重要性が分かると思います。

ただ単にワキを閉める必要がある。ということを知っている人でも「なぜワキを閉めないといけないのか?」

という重要性をきっちりと理解できていない場合が多いでしょう。
実際にこのような動きを体感していただくとアドレスでワキを閉めるということだけでも、

スイングを作っていくうえで大切なことだということが自分の中でよく理解することができます。

 

今回は例えとして、ワキを閉めるということについて、言及させていただきましたが、

このシングルゴルファーの方向性安定プログラムでは、このように、アドレスの構えもそうですが、

目標に対して、正しく構えるために重要な球の方向性を決めるスタンスの取り方から細かく解説されています。
よく多いのが、アドレスで目標を決めたら目標と球を結ぶスパット(球の前に落ちているゴミなどの目印)を決めて、それに合わせてスクエアにスタンスを決めるという方法がありますが、

多くの方がこれをやると目標よりも右を向いてしまいます。

 

スパットを決めて目標に対してスクエアにアドレスしているつもりでも、実際は目標の右を向いてしまうことが多いです。

なぜこうなってしまうのか?

これは目の錯覚というのもありますが、
目標に対してスクエアに構えるということができないと、スイングが良くても方向性は安定しません。

そもそも、自分が目標に向かって正しくスクエアに立てているのか?ということが問題です。
方向性が安定しないので、スイングに問題があると勘違いを起こしてしまう人もいます。
こうなるとゴルフがまた難しく複雑に感じて路頭に迷ってしまうという方も多いです。

このように正しく目標に向かってスクエアに構えるための方法から、再現性の高いスイングを作る構えの作り方からとても分かりやすく解説してくれています。
打ち出した球の方向性と目標に向けて打っていくために、まずは押さえておきたい部分として、大切なことですし、僕はシングルゴルファーの方向性安定プログラムはよりショットの安定性を高める上で必要な要素を吸収できたことでパーオン率がさらに向上しました。

 

目標に対して、正しいセットアップができるようになると方向性が安定し、球が安定して目標に飛んでいくようになります。
今回は、シングルゴルファーの方向性安定プログラムの序章でもあるアドレスのセットアップや目標の決め方などについて僕なりの感想をお伝えしました。
教材の名前通りにシングルゴルファーを目指される方や、シングルでもさらに上のレベルを目指したいという方にとってもこの教材はお勧めできます。
このアドレスのセットアップの取り方において一般的なゴルフ雑誌や書籍に書かれていない内容となっていますので、色々なゴルフ書籍を読み漁ってきた僕としては新しい発見になりました。
この手順でアドレスのセットアップを行うことをあなたもルーティンの中に組み込んでいけば、方向性もそうですがスイングにおける再現性も高まり、パーオン率も向上しますので、この部分を上達のために活用されることをお勧めします。

シングルゴルファーの方向性安定プログラム

 

 

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。