ティーグラウンドで罰打を与えられるミスとは?

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

 

ゴルフレッスンプロ(トシ)です。
今回はティーグラウンドのルールについてお伝えしたいと思います。

ティーアップしたときにボールの後ろに長い芝が気になってその芝をむしった場合とかありますが?

ティーアップの場所はティー区域内であればどこでもOKです。
本来ならきれいに刈り込まれているはずですが
凸凹があったり、夏場になったら芝が伸びすぎていることもあります。

球の後ろをクラブのソールで押さえたり

または足で踏みつけてならすこともティー区域内であれば許されます。
なので、もちろん長い芝を引き抜いてもOKです。
これは第一打をチョロしてティー区域内に球が残った場合やOBとなって打ちなおすことになった場合も適応されます。

ティーマーカーよりも前方にティーアップして打った

2つのティーマーカーの前方を結んだラインからはみ出しているのに気づかずにそのまま打ってしまった場合
あなたもこんな経験一度はあるのではないでしょうか?

少しでも遠くへ飛ばしたいという気持ちから
ついついティーマーカーのラインギリギリにティーアップしたくなるのがゴルファーの心情ですね。
でも「でべそ」で打ってしまったら2罰打となってしまいますのでもともこもないです。

打ち直しが3打目になりますがOBとは処置の基準が異なります。
OBでは1打目をカウントして1罰打を加えますが
このティー区域以外からのプレーでは1打目をカウントせずに、2罰打によって再スタートすることになります。

※ティーマーカーを結んだラインに少しでも球がかかっていたらセーフです。

これは初心者ゴルファーによくありがちなミスですね。
あなたもティーショットを打つ前にはティーマーカーよりも前方にティーアップしていないかを気を付けるようにしましょう。

チョロ球がティーマーカーのすぐそばに止まった

チョロを打ってティーマーカーにくっつくということはめったにないことですが
チョロして前方に転がってフロントティーやレディスティーのマーカーにくっつくケースはまれにあります。
または、シャンクなどが出て近くの木に跳ね返った球がティーマーカーまで戻ってくっつくこともあります。
いずれにしても、ティーマーカーは1打目を打つまでは動かせませんが
2打目以降は「動かせる障害物」となります。
なので静かに抜いてプレーを続行しましょう。

そして、あとで元の位置に戻したらいいわけです。
※マーカーを抜く前に球が動いたとしても無罰でリプレースすれば大丈夫となります。
こういったことを知っておくことはゴルフをするうえで必要な事ですね。
ルールを知らないとコースでは他の人の迷惑にもなったりすることもありますし、マナーを守ってプレーしていきましょう。

間違えたティーから打ってOBしてしまった場合

前のホールでバーディーをとってオーナーになったりするとついつい浮かれてティーを間違えるという事があります。
プレーファストを心がけていると他のプレーヤーがティーグラウンドに到着して注意する前に打ってしまう事も多いですね。
では、ティーの取り違えはティー区域外からのプレーとなりますので1打目はノーカウント。
つまり、OBでも関係ないという事になります。

2罰打のみを加えて、正しいティーから再スタートすることになります。

つまり正しいティーから打ち直しすることになりますので、3打目スタートということになります。
※ティー間違いのままプレーを続けると競技失格になってしまいますので要注意です。
あなたがティーグラウンドでこのようなミスを犯さないためにも知っていただきたいと思います。

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させ
当たり前にスコアー80台、70台でラウンドしたいという場合
そのために再現性の高い正しいスイングを作る方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ
メルマガにはブログには書けない濃い内容を配信しています。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。