手前の砂を見て打つとバンカーショットが簡単になる

86a4efe2b6b0ff25cb3145d0553f6179_s

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

あなたのゴルフ上達に今回も力になれたらと思います。

というわけで、今回はアマチュアの方の多くが苦手なバンカーショットについてです。

前回の記事で、バンカーショットでは番手を変えて対応するということをお伝えしました。

うまくバンカーショットで距離感を合わせるために番手を変えるという事でしたね。

 

今回は初心者ゴルファーがバンカーからうまく脱出できない理由として【ボールを見ながら打つとミスしやすい】ということをテーマにお伝えしていきますね。

バンカーに入れたら「終わった・・・」とあきらめていませんか?

あなたはバンカーショットの時にどこを見ていますか?

 

「オレ、バンカー苦手なんだよね・・・」

「1回で出すことができないんだよね・・・」

「なんでバンカーってこんなに難しいのかな?・・・」

 

あなたはこのように悩んでいませんか?

よくゴルフ初心者の方に多いのが、ゴルフをはじめてバンカーショットは難しいという意識が強く、「バンカーにだけは入れたくない」と思っています。

あなたもこのように思っていませんか?

大丈夫です。

そんなあなたでもバンカーショットがうまくなるコツをお伝えしますね。

バンカーショットを打つときにどこを見ていますか?

いきなりこんな質問で、え?っと思うかもしれませんが、実はバンカーショットでボールを見るというのはミスする確率が上がるんですね。

 

あなたがもしもボールを見ながらバンカーショットを打っているというのであれば、今後はそれをやめてボールの手前の砂を見て打つようにしてください。

 

ボールを見たらバンカーショットを難しくする

ヘッドは見ている場所に入っていく確率が高いですから。ボールの手前の砂を見ながらそこを打つようにしてください。

そして、砂を薄く取るよにすればバンカーでもソールがしっかり滑ってくれますのできちんと飛ばすことができますよ。

そして、ボールを直接打ってしまうというホームランを防ぐこともできますからね。

 

だいたい僕の場合は20ヤードのバンカーショットを打つのであればボールの手前3センチぐらいを見ながら打ちます。

ピンまでの距離がもっと近いという場合はもう少し手前を見ながら打ってもいいですよ。

砂を取る量を変えることによって距離感を調節することができますが、初心者の場合は前回の記事でもお伝えしたように番手を変えて距離に対応していく方が簡単です。

バンカーショットはヘッドの入る位置が重要ですからね。

ボールではなくて、手前の砂を見たままインパクトするイメージでレベルに振って砂を薄く取っていくというイメージが大事ですね。

砂を薄く取るイメージでスイングすることによって手前を打っても高さと距離をきちんと出すことができますからね。

またバンカーショットがうまくなる秘訣として、音をイメージしながら打つというのもいいですよ。

「シュパッ!」というような音を頭の中でイメージしながらバンカーショットを打ってみてください。

これは僕がやっていることですが、こうすると気持ちよく振りぬくことができるようになります。

なにはともあれヘッドの入る位置が大事ですからね。

バンカーショット上達のまとめ

では、バンカーショット成功のコツをまとめると

1、ボールを見ながら打つのはNG

2、手前の砂を見ながら打つこと

3、砂を薄く取る意識できちんと振ること

あなたがバンカーショットが苦手という場合はぜひ参考にしてみてください。

今後バンカーショットを前にしてもひるむことなく自信を持って打てるようになれれば幸いです。

 

最後に、あなたが短期間でゴルフを一気に上達させいたいという場合は、その方法をメルマガでお伝えしています。

メルマガでは僕がゴルフを始めてわずか半年でスコア82を出したスイング作りのキモの部分をご紹介していますので、あなたも当たり前に80台を出していきたい場合はメルマガ登録してみてください。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。