バンカーショット成功の8割はアドレスで決まる

お世話になります。
ゴルフレッスンプロ(トシ)です。
今回も前回に引き続きバンカーショットを成功に導くためにお伝えしていきます。

あなたはバンカーを打つ前に難しいという思いが生まれていませんか?
アドレスさえ正しく構えられたら、
バンカーショットは実は8割は成功したようなものです。

逆にバンカーが苦手という人はほとんどが正しく構えることができていません。

バンカーの基本はボールの下の砂ごとボールを飛ばしていくことにあります。

なので、重心を下げてヘッドがボールの下まで届くようにして構えることです。

ボールを普段よりも左においてからボールの手前からヘッドを砂に入れる状態をつくっておけばいいです。

バンカーでは上級者はフェースを開いて構えますが
これはサンドウェッジのバンスを使いやすくするためです。
そして、ボールが飛びすぎないようにしているのです。

フェースを開くことによってボールは右へ出ます。

それに合わせてアドレスも左を向く必要があります。

ほとんどの人がここで構えがずれてしまっています。
特別にアゴの高いバンカーなどでない限りは
フェースを開かなくても十分に脱出は可能なんです。
なので、あなたがバンカーが苦手という場合は、スクエアに構えることからはじめてみるのもいいかもしれません。
次にバンカーショットでは砂の抵抗に負けないためにも距離が短くてもある程度は大きなふり幅でスイングする必要があります。

でも、だからといって思い切りフルスイングしてしまったら、

力みやすいですし、体重移動も大きくなってスイングの最下点が左へシフトしてボールに直接あたってしまうという可能性があります。
なので、バンカーでは肩から肩までの振り幅をゆるめることなくしっかり振りぬくことに集中されることをおすすめします。

力んで打ち込もうとしてしまったり、またビビってゆるんでしまったりなど
これらが一番危険ですからね。

はじめにフィニッシュの位置を決めておいてから、そこまでよどみなく一気に振りぬくことがとても大事です。

また、球を上げようとしてアッパーのすくう動きが入ってしまったら、クラブヘッドが砂の下にもぐっていきませんので、砂にはじかれてしまってホームランなどのミスになってしまいます。

極端に打ち込む必要はありませんが、6対4ぐらいの左足体重で構えたらそのままの体重配分のままフィニッシュまで振り切るようにしてみてくださいね。
振り幅を肩から肩に決めてスイングしようとすると、距離の調整をどうしていくか?という問題が発生します。
ここでやってはいけないこととしまして、スイングスピードを変えて距離を調節しようとすることです。
早く振ろうとしてしまったら力みますし、またゆっくりと振ろうとすると今度は逆にゆるんでしまいます。

これはバンカーショットが苦手な人の典型的な形ですね。

上級者になってくると距離によってスイングのイメージを変えてスパっと打っていけたり、
またはフワっとやさしくコントロールしたりできますが、これはバックスピンの量を調整したり
球の微妙な高さをコントロールしたりするために行っている高等技術になります。
早く振ろうと思っても力んだり軸がブレることなく、

逆にゆっくり振ろうとしてもヘッドを加速させることができる経験と技術が備わっていてはじめてできることなのです。
バンカーでの距離感の調節というのはフェースの開き加減で行えます。

飛ばしたくないときほど大きくフェースを開きます。

大きく開いた分左を向いて構えます。
後はスタンスなりに普段通り振っていくことによって飛距離をコントロールすることができます。

あなたがバンカーショットが苦手という場合は参考にしていただけたらと思います。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて

当たり前に80台、70台を出していけるスイングを作りたいという場合、
その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフレッスンプロ(トシ)無料メルマガはこちら

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。