簡単に90を切れるアイアンショットのコースでの攻め方

スポンサードリンク
apurotige

お世話になります。
ゴルフ侍トシです。

今回はグリーンの狙い方についてお伝えしていきます。

グリーンを狙うショットはスイング以上に狙い方が大事になります。

 

ほとんどの人はクラブを持ったら点を狙うようにシビアな目標設定をしがちですが、

これではミスしたときに大きなトラブルになってしまいます。

 

また、マネジメントを組み立てていくという事もできません。

 

狙いどころを設定するときには、ある程度の大きさの円をイメージして狙っていきます。

 

この円は、ミスした場合の許容範囲と考えることが大事です。

 

なので、レベルや番手によってこの円の大きさは人それぞれ異なります。

 

自分が「ミスしてもこれぐらいなら許容範囲」と思える円の大きさをイメージして
それをグリーンにカポっと当てはまるイメージです。

僕の場合は、5番アイアンで半径5~6メートル。

 

直径で言うなら10メートル程度の円にしています。

 

これはそこそこのショットをしたときの球の散らばりがこの円くらいになるという考えている許容範囲になります。

 

これが、3番、4番となってくるとその円はさらに大きくなっていきます。

 

番手が小さくなるにしたがって円は小さくなっていきます。

 

まずはあなたの今の腕前がどれぐらいかを確認する上でも、
自分の場合はどれぐらいの円かな?と考えてみてください。

 

例えば、グリーンに乗ったらOKという場合は、半径15メートルぐらいの円になります。

 

この円というのは小さく見積もらずにできるだけ大きく見積もるようにしてみてください。

 

自分の実力から円の大きさというのをイメージしてショットしていくことで結果的にピンに絡んでいけるようなショットが出やすくなります。

円の中心をどこに設定するかをマネジメントする

実際のコースになるとこの円の許容範囲の中心をどこに設定するか?
これを考えながらターゲットをせめていきます。

 

許容範囲の半径が大きい番手を持ってピンを狙うと、その円の端がOBや池にかかる場合があります。
そのOBや池を絶対に避けたい場合は、円がそのゾーンにかからないようにしなければなりません。

なので、円を左右にずらして攻めていく必要があります。

例えば手前側が行けという場合は、ピンオーバーのリスクがあっても番手を上げる必要があるかもしれませんし、ピンをオーバーできない状況ならショートを覚悟して番手を下げて、円を手前に持ってくる必要があります。

 

 

OBとか池ポチャでスコアーを崩す人が多くて、
この円が池とかOBにかかっているにもかかわらず円の中心だけを見て狙っていきます。

 

でもこの円は「そこそこのショットでの許容範囲」になりますので
大きなミスでもないのに大たたきにつながってしまうというわけです。

なのでスコアーを作っていくうえでもこの許容範囲の円を実力どおりに正しく設定してからその円をターゲットとして考えることがとても重要なポイントと言えます。

9番アイアンを持ったら積極的に狙っていく

円の話をしてきましたが、
そうはいっても僕は攻めのゴルフが好きです。

 

逃げてばっかりではつまらないですし、またゴルフが楽しくないですからね。

円の中に危険ゾーンがあったとしてもそれを承知で狙っていくということを僕はよくしますし、これがスリルでもあり快感でもあります。

 

 

そのリスクを覚悟して攻めていくこと。
これが大幅にスコアーを縮めることができるポイントでもあります。

 

そこで、僕が提案したいのは9番アイアン以下を持ってグリーンを狙える時には勇気を出してピンを狙っていくという事です。

 

 

自分のアイアンの許容範囲を正確に出すことによって、9番アイアンでもグリーンより円が大きくなってしまうという人もいると思いますが

 

これではバーディーチャンスに着くことはないですし、
仮にべたピンに着いたとしてもそれはミスしたうえでのラッキーに過ぎません。

 

やっぱりバーディーを狙っていくのはゴルフの醍醐味の一つですし、
あなたがゴルフに対して真剣に向き合っているのであれば

 

バーディーを取りに行かなくて何がゴルフだ?と思われると思います。
なので、9番アイアンを持った時ぐらいはピンをデットに狙って行くことが大事ですね。

 

 

これでナイスショットが出たらバーディーチャンスに着くこともありますし、
ゴルフの可能性がまた一つ広がる喜びというのも実感していくことになりますからね。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて
当たり前にスコアー80台、70台を出していき周りのゴルファーを圧倒したいという場合は、
そのスイングを作るために詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

スポンサードリンク