ゴルフはお尻の使い方が重要【欧米式ヒップターンを覚える方法】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー
ゴルフはお尻が大事という事を聞くけど。。。
これはどういった意味なのかな?

お尻の動かし方は意識したことないけど、もしかして重要?

正しいお尻の動かし方のコツがあれば知りたいなぁ。

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

 

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・正しいお尻の動かし方ができるようになる

・お尻を使って打つという感覚が分かる

・ボディターン(ヒップターン)の感覚を掴める

・スイング中の前傾角度がキープできる

・手元の浮きを矯正することができる

・リストターンスイングから卒業するきっかけとなる

 

トシ(レッスンプロ)

今回はベストスコア65の僕が、ゴルフスイングの正しいお尻の使い方についてお伝えします。

お尻を正しく使う事ができれば、前傾角度のキープや、手元が高いインパクトの癖が無くなるなど、色々なメリットが生まれます。

日本人ゴルファーの多くが腰を回すことに意識を向けがちです。

実は、意識を向けるのは腰よりも、お尻なんです。

欧米式ボディターンスイング(ヒップターン、ヒップローテーション)はお尻の正しい動きがあってこそ成せるものであるという事が理解できると思います。

 

文章よりも動画の方が分かりやすいという場合は、動画をご覧ください。

 

ゴルフはお尻の使い方が重要【欧米式ヒップターンを覚える方法】

ゴルフはお尻の使い方が重要です。

結論からお伝えすると、ゴルフは腰の意識よりもお尻に意識を向ける方が上手くなれます。

 

なぜなら、ほとんどの人がお尻の意識なくスイングをすると、腰を回す方へ意識が向きがちになります。

すると、決まってアーリーエクステンション(インパクトで前傾が起きて伸び上がる動き)が入りやすくなるのです。

 

アドレス時よりもお尻の位置が前方(ボール方向)に出てインパクトをしてしまう癖があるという場合は、アーリーエクステンションで、スイング中にお尻を正しく使えていないという事が言えます。

アーリーエクステンションになると、伸びあがるためインパクトで手元が高くなり、体の回転が止まり手が返る動きが発生しますので、リストを返すスイングになります。

 

これはアマチュアゴルファーに多いスイングタイプです。

(インパクトで伸びあがる度合いは人によって異なります。伸びあがり具合が多かれ少なかれ、いずれにしてもリストを返す打ち方になりやすいです。

インパクトで伸びあがる癖があるスイングは手の返しに頼っているからです。リストを返してフェースターンが正しいと思っている場合は、三觜喜一ティーチングプロのスイングを分析【リストターンでインパクト】も読んでおいてください。)

 

スイングというのは、下半身リードです。

そして、具体的に下半身リードを細分化し表現するなら、スイングはお尻でリードする感覚になります。

 

お尻と言っても、右のお尻、左のお尻と別れます。

簡単にご説明するなら、バックスイングでは、右のお尻がリードして、ダウンスイングからは左のお尻がリードする感覚になります。

生徒
お尻の意識を持ったことがありませんでした。これは新しい発見です!
トシ(レッスンプロ)
なるほど、これからはお尻の意識を持ってみてください。

 

ヒップターンの重要性!ゴルフはお尻で上手くなる

正しいボディターンスイングを覚えたいのであれば、お尻の使い方が大切です。

お尻の使い方でゴルフは上達します。

具体的にお伝えすると、お尻の入れ替え(ヒップターン)と呼ばれる動きになります。

 

お尻の使い方によってゴルフが上達する理由は、正しいお尻の動きを覚えることで、スイング中に必要とされる前傾角度を維持することができるようになりやすいからです。

例えば、先ほどお伝えしましたように、スイング中にお尻の位置がアドレスよりもボール方向へ出ていくとどうなるでしょう?

実際に行ってみると分かると思います。

 

前傾角度が自然と起き上がりながら、インパクトではアドレスの位置よりも随分と手元が高い位置に戻ってくることが分かるはずです。(ドライバーになると顕著に表れる)

手元が高くなることにより、右肘が伸ばされやすくなり、右手首も伸ばされて手のひら側に折れる動き(フリップ動作)が入りやすくなります。

 

手元が高い位置で右肘を曲げたままではボールにヘッドが届かないので、おのずと右肘は伸ばされることになるのです。

そして、伸びあがる動作により、頭の位置も自然と上昇していくことになります。

 

これらは、前傾角度の維持ができないゴルファーの特徴です。

言ってしまえば、プロとは逆の動きをしているのです。

ゴルフの上下運動の正しい理解【沈み込みと伸びあがりのタイミング】

2020.01.12

 

アマチュアゴルファーのお尻は死んでいる

ほとんどのアマチュアゴルファーのお尻は、スイング中に死んでいます。

死んでいるという表現は、お尻をうまく使えていないため、うまくお尻が機能してくれていないという意味です。

 

なので、もっとお尻の筋肉を意識して使ってあげてください。

ボール方向へ突き出るお尻の動きは、お尻を使えていない(死んでいる)証拠です。

 

お尻を生かすスイングに変えるためには、逆にお尻を後方へ突き出します。

 

お尻を生かすスイングに変える手順は以下になります。

1.テークバックでは右のお尻を後方へ突き出す。

2.切り返しからは左のお尻を後方へ突き出す。

 

とにかくお尻を後方へ突き出すことから行ってみましょう。

そうすることによって、アドレスの時よりも前傾姿勢が深まる感覚が出てくるはずです。

テークバックでお尻を後方へ突き出しても、切り返しから伸び上がっては意味がありません。

切り返しは左のお尻を後方へ突き出し、前傾角度が変わらない感覚を養いましょう。

ドライバーの振り遅れスライスを防ぐにはお尻をクルっと回して前傾キープ

2015.07.13

 

インパクトで手元が低く、抜けが良くなる

お尻を生かすことができるようになると、インパクトで手元が低くなり、フォローへ向かって抜けが良くなっていきます。

なぜなら、お尻を生かすことにより、切り返しから左のお尻が後方へ突き出るため、左サイドに手元の抜けるスペースを確保することができるからです。

 

結果的に、手元が低い位置で体の近くを通過してくれるようになるため、何年も苦しんできたインパクトでの手元の浮きを解消することができるようになるのです。

手元の浮きを解消することができると、インパクトの感覚が今までと異なることに気づきます。

こんなに地面と近い感覚は今までなかった」という場合が多いです。

生徒
前傾が起きなくなるとインパクトで顔の位置が下がってくるので、地面と近い感覚になりますよね。この感覚は必要ですね。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。初めは違和感がありますが、慣れると当たり前になってきますね。

 

お尻打法(ヒップターンローテーション)を覚える練習方法

ゴルフは腰の回転を意識すると難しくなります。

ボディターンと聞くと、思わず体幹をコマのように回すイメージがあるかもしれませんが、体幹を回すのではなく、お尻を入れ替えながらスイングをするというイメージになります。

 

体幹をコマのように回すイメージでは、捻転も生まれませんし、ただその場で左右に回転しているだけの動きになります。

正しいボディターンを作るためには、お尻の入れ替え動作は必要不可欠となります。

 

右のお尻、左のお尻、それぞれを共通して後方へ突き出すという感覚がないことには、トップで上半身と下半身の捻転をうまく作ることができませんし、ダウンスイングから腕や手を意図的に使わない感覚でスイングすることはできません。

なので、今後は前傾が起きた瞬間に手を使ってしまうことになると思ったほうがいいでしょう。

ゴルフは両膝の入れ替え動作で手打ちが直る【ボディターン覚えるコツ】

2020.01.22

 

壁の5センチ前に構えてドンケツしよう

お尻の動きを覚える練習方法としては、クラブを持たなくて良いので壁の前に5センチ程度離れてアドレスします。

テークバックから右のお尻を壁にぶち当てます。

 

そうすることによって、手元を勢いよくトップまで上げていくことができます。

同時に上半身と下半身の捻転を作ることができます。

 

切り返しからは、左のお尻を壁にぶち当てるようにします。

そうすることで、前傾角度を起こすことなくダウンスイングしてくることができます。

 

同時に下半身リードが成立します。

手元が低いインパクトの感覚を体感しやすくなります。

僕は、これを「ドンケツトレーニング」と呼んでいます。

 

左右のお尻を躊躇することなく勢いよく後方へ突き出すことによって、手元や腕を使わなくてもスイングの流れになっていくことに気づくことができるようになるからです。

そして、腕は勝手に振られているという感覚を掴みやすいからです。

こういった練習を行っていくことにより、スイング中の前傾角度のキープが可能となっていきます。

 

前傾角度をキープできるという感覚よりも、インパクトではさらに前傾が深くなるという感覚がすると思います。

こういった感覚でゴルフをするようになるとショットが上手になっていきます。

 

スイングの動き出し動作も含めて、もっと具体的に重心移動の感覚を掴みたいという場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

ご自分に合ったスイングの動き出し(トリガームーブ)とスイング中の重心移動の流れがスムーズに行えるようになります。

結果的に再現性の高いヒップターンができるようになります。

【有料公開】重心移動が自動化する【トリガームーブ】

この文章の続きは下記の購入ボタンからすぐにお読みいただけます。

テークバックの動き出しで○○するだけ。

足裏のプレッシャーのかけ方が変わりスイングに驚きの変化が生まれます。

スイングに悩めるゴルファーに朗報となるトリガームーブを特別公開します。

 

実践することによって、以下のメリットが手に入ります。

・足裏のプレッシャーのかけ方が整う事で、下半身の動きが変化

・不安定なスイング軸を改善できて、ショットの方向性が安定

・自分に合ったトリガームーブが見つかりスイングが流れるものへ変化

・最も難しいとされるスイングの動き出しに対する不安が消える

・コースでのプリショットルーティンに取り入れると、なお効果的

・不安定でバランスの悪いフィニッシュが改善される

・上半身の余計な動きが解消され、欧米式ボディターンが身に着く

 

3,980

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。