手でクラブを振る場合、開いて閉じる時間が必要となる

 

どうも、トシです。

 

今回は手打ちの人のアドレスについてです。
多くの手打ちの人はアイアンで腕を上下させて使う人が多いですね。
上から下にクラブを引っ張り下ろしてくるわけです。
なのでボールのかなり右側にヘッドが落ちてダフってしまいます。
そして、どんどんボール位置がセンターから右足寄りになっていきます。

 

するとボールが上がらないとかインパクトでフェースが戻りきらずに右へのプッシュアウトとかスライスが出ます。

 

手でクラブを振る場合、クラブが開いて閉じるというのにある程度時間がかかります。

手を使う場合は腕を返すタイミングを作らないといけません。

なので、手打ちの人のボール位置というのはアイアンでもドライバーでも体のセンターよりも左側になります。

とくにドライバーの場合はかなり左側にボール位置を設定します。

 

よく左足のカカト線上がドライバーのボール位置ということを言われていますが、
手打ちの人はこれではクラブを返すタイミングがないので絶対にフェースが開いてインパクトしてしまいます。

 

なので、左足のつま先線上かもしくは左足の外側ぐらいにボール位置を出すようにしてください。

 

そうすることで、ダウンスイングでクラブフェースを手を使って閉じる時間ができますので、
インパクトでフェースがスクエアに戻しやすくなります。

 

 

ドライバーからアイアン、ウェッジにいたるまで絶対にボールの位置は左足寄りにおいてください。

はじめはとても左に球を置いているように感じるかもしれませんが、このように左足寄りに球を置かないことにはフェースをスクエアに戻す時間を確保できませんので手打ちでも上達したいという場合は参考にしていただけたらと思います。

 

 

このアドレスで打てば手を使ったスイングでもヘッドの開閉でボールをとらえていくことができます。

 

 

ただ、やはり前回お伝えしましたように手打ちでは飛距離に限界があります。
手打ちで250ヤード飛ばせたら上出来でしょう。

手打ちのテークバックはこうやる

そして、手打ちの場合のテークバックは

シャフトを地面に対して垂直に上げていくイメージだと
フェースが開きすぎてしまって結果的にクラブがインパクトでスクエアに戻せなくなって
スライスやそれをいやがって巻き込むことによってフックがでてしまいます。

 

 

テークバックでは左腕を積極的に内側に回して上げることをお伝えました。
でも体が硬くでこれができないという場合は、クラブフェースが絶対にバックスイングで開かないように上げていきます。

 

ようはシャットフェースですね。

 

完全に左手の甲を下に向けたままバックスイングを上げていきます。

 

そうすることによって自然とシャットフェースのままバックスイングを上げていくことができます。

 

 

また、グリップをがっつりフックグリップにしてあとは、親指をバックスイングでコックしていくイメージでフェースを閉じたままバックスイングできるようになります。

 

まず左手の甲を下に向けたままバックスイングするという事。
そして、あとは腕を戻すことで球をまっすぐ打ち出すことができるようになります。

 

これが手打ちでも曲げたくないという場合のテークバックになりますので参考にしてみてください。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させていきたいという場合、
当たり前にスコアー70台、80台を出していくためのスイングのキモの部分をメルマガ限定でお伝えしています。
ゴルフど素人だった僕がゴルフを始めて半年でスコアー82を出したいスイングのキモの部分になりますのでお楽しみください。
【無料メルマガ】ゴルフを始めて半年でスコア82を出した最速ゴルフ上達法

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。