8の字スイングのメリットとデメリット【ヘッド軌道ループの勘違い】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

迷走ゴルファー
8の字を描いてスイングを作るとうまく行くと言われることがあるけど、8の字スイングってどうなの?

具体的に8の字スイングについて教えてほしい。

バックスイングはアウトに上げてダウンスイングをインサイドから入れる逆ループなど言われることがあるけど、どうなんだろう?

 

今回はこのようなお悩みを解決する内容になります。

この記事を読むことで以下のメリットが手に入ります。

・8の字スイングの意味が分かる

・8の字ループでスイングを作る時の注意点が分かる

・8の字スイングでのよくあるミスが分かる

・8の字スイングはインサイドアウト軌道がきつくなることが分かる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕が8の字スイングについてお伝えしたいと思います。

8の字スイングというのはクラブヘッドの軌道を数字の8の字に見立てたもので、自分から見て「∞」のラインに沿ってクラブヘッドを動かすという感覚になります。

ただ、この8の字スイングですが、メリットもあればデメリットもあるので8の字スイングに挑戦しようと思っている場合は今回の内容を参考にされてください。

 

8の字打法のメリットとデメリット【ループ軌道の勘違い】

あなたも8の字打法という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

結論言いますと、8の字打法はインサイドアウト軌道が強いスイングになりやすいのでお勧めしません。

 

なぜなら、8の字打法では自分から見て「∞」のラインに沿ってクラブヘッドを動かすイメージになります。

この「∞」のラインに沿ってクラブヘッドを動かすということは、中心のラインが交わる部分をボール位置としてヘッド軌道を作っていくということになります。

 

すると、結果的にボールに対してクラブヘッドがインサイドから入って、アウトサイドへ抜けることになります。

そのため、クラブヘッド軌道はインサイドアウトとなり、このインサイドアウト軌道を良しとされる人は目標の右へ向かってクラブヘッドを放り出すようなイメージでスイングすることになりやすいので、フェースオープンでインパクトすればプッシュアウト、クローズが強いとチーピンが出るパターンになりやすいのです。

アウトサイドインのカット軌道で球が捕まらないという人が、この8の字スイングに挑戦すればインサイドアウト軌道になるため、球が捕まりやすくなるので、それで良しとされる場合が多いのですが、そのうちチーピン持ちになっていくので辞めた方がいいです。

 

8の字打法ではインサイドアウト軌道になる

8の字打法に挑戦したいという場合、正しいスイング軌道はインサイドインであるという事を事前に理解する必要があります。

なぜなら、8の字打法ではヘッド軌道をインサイドアウト軌道にしてしまうからです。

 

インサイドアウト軌道が良くない理由は、先ほどお伝えした通りです。

インサイドアウト軌道は球を捕まえるためにお勧めされることがよくありますが、インサイドアウト軌道がきつくなると球が曲がりやすくなっていきます。

ミスとしては左への引っ掛けと右へのプッシュアウトが出るため、左右どちらのミスも出やすく、左右に球が散るため結果的にコース戦略がしづらくなるためスコアメイクが厳しくなるのです。

インサイドアウト軌道について正しい知識を深めたいという場合は、ゴルフのインサイドアウト軌道はスライスと引っ掛けのリスクが高いも読んでおいてください。

 

8の字スイングは体の回転が止まる打ち方

8の字スイングは体の回転が止まる打ち方になっていきます。

なぜなら、8の字スイングの場合はインサイドアウト軌道になるので、切り返しから手元をインサイドに落としながら体をスライドし胸を後方へ向けたまま体の回転を抑えて腕を目標や目標の右へ振っておまけにフェースを返すという動きを入れる必要があるからです。

 

こうすることによって、「∞」のラインに沿ってクラブヘッドを動かすことができやすくなるのです。

しかし、本来正しいヘッド軌道は自分から見て文土器のラインのように「半円」になるインサイドイン軌道が正解です。

 

なので、8の字打法を実践するということは、単純に「インサイドアウト打法」を作りにいくという意味と同じことになります。

なので、冷静に考えてインサイドアウト軌道が正解だという勘違いを改める必要があります。

インサイドイン軌道を作る方法としては、アウトサイドイン軌道は悪くない【インサイドイン軌道に変える方法】も読んでおいてください。

 

8の字打法で目標の右に振り出すと悪影響

8の字打法では目標に向かってヘッドを出したり、目標の右へ向かってヘッドを出していくイメージが強くなります。

つまり、目標の右に向かって振っていく感覚になりやすいのでトップからは手元をインサイド(背中側)に下ろしてしまいやすくなります。

 

手元を切り返しから下に下ろしてしまうと、左手首は背屈されやすくなります。

左手首が背屈されることによってフェースは開きます。

 

すると、結果的に開いたフェースを閉じる動きをインパクトに向けて入れなければならないという手間が出てくるのです。

そうしないことには、フェースが開いたままインパクトしてしまうので、右へプッシュスライスが出てしまうからです。

 

そうならないために、インサイドに手元を下ろし体の回転を少なくしてリストを返しながらフェースターンを起こす必要性が出てくるのです。

結果的に目標の右(アウトサイド)へ向かってヘッドを放り出し、同時に開いたフェースが閉じながらインパクトを通過していくことになりますので、インサイドアウト軌道がきつくなるとフェースの開閉量が多くなり球が曲がりやすくなるという現象が起こるのです。

 

正しい理解としては、切り返しから手元は下に下ろすのではなく、体の前に出すというイメージを持つ必要があります。

同時に、左手首は掌屈する動きを入れる必要があります。

 

そうすることによって、クラブヘッドだけをインサイドに落としながらフェースを閉じることができるからです。

これができれば、後は体を回転するというシンプルな意識でOKです。

そうすれば、インサイドに落ちたクラブヘッドは体の回転に沿ってボールにアタックして行き、フォローはアウトサイドではなくインサイドに抜けるようになるので、結果的に「インサイドイン軌道」に近づくことができるのです。

具体的にはゴルフのヘッドスピードを上げる左腕の動き【掌屈の正しい入れ方】を読んでおいてください。

 

8の字スイングでヘッド軌道をループさせるという勘違い

ヘッド軌道をループさせるというイメージを持ち、「∞」をイメージしながら8の字を描くようにスイングすると、バックスイングはクラブヘッドをアウトサイドへ上げていくイメージになります。

この時に、多くの人が手元もアウトサイドへ上げようとするケースが目立ちます。

 

ヘッドはアウトサイドでも手元は体の回転に沿ってインサイドへ入っていく動きが自然なのですが、「∞」を意識するとヘッドも手元もアウトサイドへ上げやすくなるのです。

そして、8の字打法では「∞」をイメージするため、切り返しは手元もインサイドへ下ろしてしまいやすいという事です。

 

この手元の動きの間違いに気づいていないアマチュアゴルファーがとても多いです。

その結果、8の字スイングに挑戦するとインパクト付近では前傾を起こしながらスイングをしてしまうのです。

 

切り返しから手元をインサイドへ下ろしてしまうと、前傾姿勢をキープすることができずに苦しむことになります。

なので、山本道場師範代こと山本誠二先生のスイングを分析【世界標準スイングとの違いは?】のような違いを目にすることになります。

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。