オーバースイングでも再現性の高いスイングができる人とは?

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

babawatoson2

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

 

さて、よくオーバースイングは良くないという事を言われる人は多いですね。

たしかに僕もオーバースイングはどうかな・・・って感じです。

でも、中にはオーバースイングでもしっかり芯に当たればそれでいいじゃん?という人もいると思います。

結果的に芯に当たってスイングに再現性があったらオーバースイングでも俺はかまわんよ。という人はオーバースイングを矯正する必要はないかと思います。

 

トップでオーバースイングで悩んでいるという人はオーバースイングをどうしても直したいというのであれば、今回の内容は役に立たないかもしれませんが、「オーバースイングでも芯を食うインパクトができるならそれでいい」という場合は参考にしてみてください。

 

例えばですがコンパクトなトップにした方がミート率が上がるとよく言われます。

でも、コンパクトなトップはどうも俺には合わないんだよな・・・という人も中にはいます。

というか、たくさんいると思います。

コンパクトなトップを意識して捻転ができてないと・・・

トップを小さくしようとすると「手をここまでしか上げない」とか「手元をここで止める」とか、こういうことに意識が向きがちになります。

 

こういうことに意識が向いてしまう人というのはコンパクトなトップにしようと思って、今度はクラブを手で上げてしまいがちなんですね。

こうなると体の捻転がおろそかになります。

つまり捻転不足ということになります。

 

この捻転不足というのは打ち急ぎや、振り遅れの原因になります。

また、オーバースイングを嫌って振りかぶる大きさが足りないと感じる場合、だいたいタイミングがうまく取れないという結果になってしまいます。

 

こうなるとスムーズな切り返しができなくなったりします。

そして、スイング全体のリズムが悪くなっていくということになりますので、こうなるぐらいならオーバースイングを気にしない方が良いということも言えます。

 

トップというのは振りあがったクラブが逆方向に動かして振り下ろすためのポジションなので、スムーズさを失ってしまったら、スイングがそれこそぎこちなくなってしまうんですね。

 

こうなるとヘッドスピードが上がらなかったりミスヒットしたり、トップはコンパクトにこだわるよりもスムーズに切り返せる大きさやかたちを重視することが大事ですね。

なので自分のリズムで気持ちよくスイングした方がいいです。

そうしたほうが構えた位置にヘッドを戻してくるということが可能になりますからね。

 

オーバースイングで再現性があれば問題ない

では、まとめると

 

1、コンパクトでも捻転不足のトップはダウンで肩がすぐに開いてしまいます。

トップが小さくて助走距離が足りないと感じると、右肩が下がるすくい打ちで飛距離を出そうとしがちになります。こうなるとダフリやトップがよく出るようになります。

 

2、あきらかなオーバースイングでも方は深く入っているとダウンで胸が開きません。

また、人によってはタイミングが取りやすいということもあります。そして、タイミングが取りやすいとスムーズに切り返しができるわけです。なので、オーバースイングでも気にせずにリズムを重視するという人には向いていると言えます。

 

もしも、あなたがオーバースイングのトップでもスムーズに切り返せるというのであれば、リズムよくスイングできるというのであれば、絶対に悪いとは言い切れないので、再現性の高いスイングができているという自負があるならそれはそれでいいと思います。

最後にあなたがもしもゴルフを短期間で上達させて当たり前に80台でラウンドしたいと思うのであれば、僕はその方法をメルマガ限定でお伝えしていますのでこの機会にお楽しみください^^

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。