ボールを高く上げるためには体を回して大きくスイングする

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

apurotige3

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

 

今回のテーマは【ボールを高く上げるコツ】として体を回して大きなスイングをする方法についてお伝えしていこうと思います。

今回このレッスンをされているのは山村彩恵プロです。

なのでその内容をシェアしておきたいと思います。

山村プロが言うには今どきのドライバーはロフトなりにヒットしたら簡単に高くボールが上がるという事。

 

大きな円弧を描いてインパクトゾーンでのヘッド軌道を緩やかにすれば、打ち出し角を上げることができるというわけです。

 

大きくスイングするコツ

そして、その打ち方ですが背筋をまっすぐ伸ばした力率姿勢から水平素振りをしてヘッドでなるべく大きな円弧を描こうとすることで、体も大きく回るというわけです。

 

実際にスイングするときこれと同じで体を積極的に回してスイングの円弧を大きくするということを山村プロは言われています。

 

ボールが高く上がらずに悩んでいる人は、インパクトでのヘッド軌道を緩やかにしてくださいという事です。

あなたがボールが高く上がらないということで悩んでいるのであれば参考にしてみるのもいいでしょう。

クラブのヘッド軌道がアッパーになりすぎると、フェースの下目に当たってしまいます。また、上から鋭角に入れるとロフトが立ってしまうので高く上がりません。

 

ヘッド軌道を緩やかにするコツとしてはスイングの円弧を大きくすることです。そのためにはまっすぐ立ってクラブを地面と水平に振ってみるという事です。

 

ヘッドがなるべく体の外側を通るように大きく回そうとすると、自然に体を回してスイングするようになりますので、前傾したアドレスでスイングするとき同様に、水平素振りと同じように体を回して振るとスイングの子が大きくなるという事です。

また、今どきのドライバーはボールが上がりやすいと言う事なので緩やかなヘッド軌道でボールを真横からヒットするだけでOKというわけです。そうすることによってロフト通りに当たればボールを自然に高く上げることができるわけですからね。

 

山村プロが言うようにスイングの円弧を大きくするには、体を大きく回すことが大事という事です。胸やおなかの向きを変えるイメージでスイングするという事もお勧めしています。

ちなみに僕は体を回すという意識でスイングを作っていくとうまく行きませんでした。人によっては体を回すという意識が当てはまるという人もいるし、僕のようにその意識があてはならないという人のいると思います。

あなたが、ボールが高く上がらないと言う場合は、山村プロの言う体を大きく回すという事を意識して練習して見るのもいいかもしれませんね。これは人によって異なるのでまずは何でも試してみるという事は大事だと思いますので是非気になる場合はチャレンジしてみてください。

最後に僕はメルマガでゴルフが一気に上達するスイングの秘訣をお伝えしています。

あなたがゴルフを一気に上達させたいというのであればメルマガ登録してみてください。

僕がゴルフを始めてわずか半年でスコア82をマークしたスイングのキモをお伝えしています。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。