アドレスの手元の位置は左足の前【ハンドファーストで打てる構え】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー
アドレスの手の位置が気になる。

構えた時に手の位置が体の真ん中に来るようにするのかな?

剣道のように体の真ん中に手元を下ろした方が良いと言われることがあるけど、実際はどうなんだろう?

プロはハンドファーストにアドレスしているように見えるけど・・・

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入りやすくなります。

・アドレスの手元の位置によって球の捕まりが大きく変わる事が分かる

・球が掴まる構え方から始めるとゴルフが上手くなることが分かる

・ハンドファーストで打つためにはアドレスもハンドファーストがお勧め

・ドローとフェードで球の打ち分けができるアドレスの手元位置が分かる

・体の回転を使って打つなら手元を左足前に持ってくる必要があることが分かる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕がアドレスの手元の位置の重要性についてお伝えします。

よく剣道のように体の真ん中に手元を持ってくるように言われることが多いのですが、実はゴルフ初心者は手元を

左足の前に持ってくるように構える方が上達が早いです。

なぜなら、ハンドファーストで打つ準備ができるからです。

具体的に左足の前に手元を持ってくることがなぜ良いのかをお伝えしますのでぜひ参考にされてみてください。

 

動画でもお伝えしていますので参考にされてみてください。

左足の前に手元を持ってくるハンドファーストの構えによってゴルフ初心者でも手の返しに頼らずに体の回転によって球を掴まえるスイングを覚えやすくなります。

アドレスの手元位置は左足の前【ハンドファーストで打てる構え方】

結論からお伝えしますが、ゴルフが上手くなりたいならアドレスに気を配ることが重要です。

そして、アドレスの手元位置は左足の前で構えることをお勧めします。

 

なぜなら、左足の前に手元を持ってくることによって、自然とハンドファーストで構えることができるからです。

また、左足の前に手元を持ってくることによって、ハンドファーストになることで自然と左手のグリップをストロンググリップで握りやすくなるというメリットがあります。

 

つまり、「球が掴まりやすい準備ができる」ということです。

多くのアマチュアゴルファーは球が掴まらずに苦しみます。

 

ドライバーなど特にスライスに悩んでいる場合は、アドレスで手元の位置を左足の前に置くことによって、ハンドファーストで構えるという癖を付けておきましょう。

そうすることで、スライスが出るという悩みから解放されやすくなるのです。

アドレスで体の正面に手元を下ろして左ワキをきつく締めている人が多いですが、これでは球が掴まらないためスライスが出やすくなります。

 

アドレスの手元位置は体の真ん中ではない

剣道のイメージで体の真ん中に手元を下ろしてきて構えるという事を言われることがよくありますが、この理論はゴルフ初心者の場合は特にお勧めしません。

なぜなら、ゴルフ初心者はそれこそ球が掴まらずにスライスに悩むという傾向が強いからです。

 

球が掴まるようになってからフェードやスライスを意図的に打つ(インテンショナル)という場合は、体の真ん中に手元を下ろして構えることもありですが、基本的にスライサーがこの構え方をするといつまでもスライスと付き合いながらのゴルフになってしまいやすいのです。

ゴルフ初心者のうちからできるだけ左足の前に手元を持ってくる構え方に変えることです。

 

そうすることによって、体の回転でハンドファーストで打つ感覚を早い段階で掴みやすくなるからです。

剣道のように体の真ん中に手元を下ろしてくるアドレスでは、体の回転でスイングしてくるとフェースが開きやすくなりますので、球が掴まらないという状態に陥りやすいのです。

 

その結果、無理やり球を掴まえようとし始めます。

手首をこねる動き(フリップ)などを入れてフェースを返す動きで球を掴まえようとする癖が染みついていってしまうのです。

 

手を返す理論に染まっている人は、基本的にこのようにアドレスの時点で左ワキをしっかり閉めて、体の真ん中に手元を下ろしてきて、左手のグリップはスクエアかウィークになっているという状態が多いです。

剣道のイメージでアドレスをすると、体の回転で打つとフェースが開くという状態になって球が掴まらないため手を返すようになるのです。

 

剣道のイメージで体の真ん中で手元を構えるアドレスは、意図的にインテンショナルでスライス系の球を打つ場合にお勧めです。

このアドレスから無理に球を掴まえようとすると、開いたフェースを閉じる動きを入れながら打つイメージが強くなるため、そのうちチーピン持ちになっていきますので気を付けましょう。

手元の位置は左足の前においてハンドファーストのアドレスを作ることから始めてください。

 

ゴルフ初心者や球が掴まらない人はハンドファーストに構えよう

ゴルフ初心者や球が掴まらない人は、ハンドファーストで構える癖を付けましょう。

初めは違和感があるかもしれませんが、そのうち慣れていきます。

 

左足の前に手元を持ってきてフェースを目標に対してスクエアに構えることで、自然とフェースを閉じた状態ができます。

なぜなら、手元を体の真ん中に戻してくると分かる通りです。

 

体の真ん中に手元を戻すと、フェース面は目標の左を向いていると思います。

つまり、手元を左足の前に持ってきて構えることにより、フェースが被った状態になっているため、体の回転でスイングしてハンドファーストでインパクトしても球が掴まりやすい準備ができているということになるのです。

 

アドレスで左足の前に手元を持ってきてハンドファーストに構えるというだけで球が掴まるようになる人も少なくありません。

スライサーで苦しんでいるという場合は、このアドレスを今すぐに試してみてください。

 

また、ドライバーのスライスで悩んでいるという場合は、ドライバーのスライスの直し方【振り遅れの原因を解消し飛ばす方法】も読んでおいてください。

 

ハンドレイトで構えるとゴルフが上手くなれない

逆にゴルフ初心者にも多いのですが、ハンドレイトに構える癖がつくとゴルフの上達は期待できません。

なぜなら、ハンドレイトに構えることによってフェースが開いた状態をアドレスで作っているということが言えるからです。

 

ハンドレイトで構えた場合、体の回転でインパクトしようとすれば、かなりフェースが開いた状態でインパクトに戻ってきてしまうからです。

結果的に球が掴まらない状態が続きますので、意図的に体の回転を止めて手を返す動きでフェースターンを起こして球を掴めるという理論に染まりやすくなります。

 

しかし、この手を返して球を掴まえるフェースターン理論に染まってしまうと「開いたものを閉じる」というイメージでインパクトに向かって行きますので、手の返しが強いスイングになりフェース面を安定してインパクト付近で動かすことができなくなります。

飛ばないゴルフスイングの改善点【球は捕まえに行かずに逃がしに行けば飛ぶ】で具体的にその理由もご説明してますので見ておいてください。

 

ダウンスイングでは開いているフェースを閉じながら打っていくというイメージではどうしても体の回転が止まって前傾が起き上がる動きが入ってしまうのです。

特に体の硬い人などは伸びあがりの度合いが大きくなりやすいです。

 

手の返しを入れることによって、伸び上がりはセットになって付いてくると思ってください。

なので、インパクトでフェース面が暴れやすくなり安定した方向性を失ってしまいやすいのです。

 

手の返しが強いスイングになる人の特徴として、アドレスでハンドレイト気味の構えになっている事が多いです。

左ワキをしっかり閉めて構えるということを実践されている人もドライバーなどハンドレイトに構える傾向が強いので、球が掴まりにくくなります。。

 

ハンドレイトのアドレスから無理に球を掴まえてドローを打とうなどすると、開いてきたフェースを閉じるために手の返しを入れてしまうのでチーピン持ちになっていくのです。

 

体の回転でスイングしている人があらかじめハンドレイトに構えてスライス系の球を打つというインテンショナルの場合はありですが、一般的なショットでハンドレイトに構える事はおすすめできません。

これでは、球を無理に掴まえに行く癖がついてしまうからです。

 

球が掴まる感覚を覚えることでゴルフの上達が加速する

まずは球が掴まる感覚を覚えることによってゴルフの上達が加速していきます。

球が掴まらないことをスイングの動きのせいにしがちですが、アドレスですでに掴まらない状態になっていることに気づいていない人が多いものです。

 

剣道のイメージで体の中心に手元を下ろしてきてフェースをスクエアに構えるアドレスでは球は掴まらないと思った方がいいでしょう。

このアドレスで球を掴まえるためには手の返しを入れる(リストターン)必要が出てくるからです。

 

体の回転メイン(ボディターン)で球を掴まえていきたいなら、必ず左足の前に手元を持ってきてハンドファーストで構えるようにしてください。

後は、バックスイングでフェースを開く手首の動きを入れなければ基本的に球が掴まってくれるようになります。

手首の動きに関してはゴルフは手首の使い方が最も重要!コックやヒンジの正しい理解できてますか?も読んでおいてください。

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。