ドライバーのスライスの直し方【振り遅れの原因を解消し飛ばす方法】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうもトシです。

今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

というわけで、今回の内容は【ドライバーのスライスを克服して真っすぐ飛ばすための方法】です。

球を真っすぐに飛ばすためには?

これをみなさんよく考えることが多いですが、そもそも真っすぐのストレートボールというのはプロでもなかなか難しいとされています。

普通は自分の持ち球というのがあります。

まずは自分の持ち球がフェード、ドローのどちらかを知ることです。

そもそもスライスが出まくって自分の持ち球さえ分からないという場合が多いと思いますが。

ドライバーでスライスするというのは初心者ゴルファーにありがちです。

また、ある程度ゴルフ歴が長くてスライスが克服できないという人も多く、彼らの事を一般的にスライサーと言いますが、僕の周りでもスライスが克服できずに、半ばあきらめている人もいます。

ティーショットでスライスすることが分かっているので左のOBの方を向いてアドレスして右に戻してくるという感じで自分のスライスという持ち球をうまく利用している人もいます。

しかし、これでは飛距離が出ませんし、こすり球を打っていてもゴルフを楽しめないですよね。

生徒
スライスが出るので左を向くようになっている可能性があります。真っすぐに構えても右に曲がるので右に行かせたくないという気持ちから左を向いていると指摘されることが多いです。
トシ(レッスンプロ)
間違いなくスライス打ちに慣れてしまうと左を向くようになります。右へいかせたくないという気持ちからそうなってしまうのですが、個人的にはカットスライスではボールが飛ばないので早くカットスライスは直した方がいいと思いますね。

ドライバーのスライスの直し方【長いクラブがスライスする理由】

アイアンはスライスしないけど、ドライバーなど長いクラブになるとスライスするという人は多いです。

これはなぜなのか?

長いクラブになるほどスライスするというのはそもそも手打ちになっているということが言えます。

クラブが長くなってくると手打ちの場合はインパクトでクラブフェースをスクエアに戻してくることが難しいからです。

そして手打ちということは、通常のスイングと違って手首の使い方が間違っているということも言えます。

トップオブスイングからダウンスイング、そしてインパクトにかけてクラブフェースをスクエアに戻してくるために、手打ちの場合は手を返そうとしてきますが、手を返そうとして一生懸命になって頑張ってもスライスしてしまうという人は完全にスライス打ちの癖が染みついてしまっている可能性が高く、それでもスライスするので、体の回転を止めてどんどん手を返そうとします。

体の回転を止めて手を返す動きに執着する練習をするとフェースターンを意識し始めます。

うまくフェースが返れば球が捕まるということもありますが、基本的体を止めて腕の運動量が多いスイングでは思うような飛距離が出ません。

せいぜい飛んで230ヤードが限界です。

胸を右へ向けたまま手を返すという理論でスライスは治るのか?

スライスを治すためによく言われることがあります。

それは、「ダウンスイングでは胸を右へ向けたままを意識して早めに手を返しましょう」

これらの事をよく言われます。

確かに胸を右へ向けたまま手を返せばボールに当たるときにはフェースが返った状態になり、スライスが治るという場合もあります。

しかしこれでは体の回転が止まり、いずれは左への引っ掛け(チーピン)が出始め、それを嫌ってのプッシュアウトスライスが出るという状態になっていきます。

左右に球が散らばる状態でコースではOBを連発してしまいます。

 

よく言われますよね「体を開くな」というあの悪魔のささやきです。

昔の僕もこの言葉に惑わされていたのでよく分かります。

体を開くなと言われると胸の面を後ろに向けたままダウンスイングをしようとしてしまいます。

こうなると腕が先に先行して体を追い越してしまうのです。

結果的に、腰の回転が止まりやすくなってしまいます。

トシ(レッスンプロ)

結論言いますと、スライスを完全に治すためには体の回転を止めないことが重要です。

ただ、「体を回すと振り遅れてスライスする!」という気持ちも分かります。

なので、今回はドライバーでスライスが出なくなる体の使い方をお伝えしますのでしっかりと実践されてください。

手の返しに頼ったスイングではスライスに苦しむ

多くの人は、ドライバーでスライスするから手の返しに頼ってフェースターンを起こし、球をなんとか捕まえようとします。

手の返しに頼ると、腰が正しく回転せずにボール方向に突き出てしまったり、飛球方向(左)へ突き出てしまったり、こういった悪い動きが起きやすくなります。

いわゆるスエーという動きになったり、ボール方向へ腰が突き出てしまう事が多く、アーリーエクステンションになり伸びあがってインパクトをしてしまうというパターンのスイングになっていきます。

こうなっていくと、スライスが止まらないので体の動きを止めて、さらに手を返そうと頑張りますが、まさに悪循環に陥ってしまいます。

胸を後ろへ向けたまま手を返そうという意識は非常に悪だと思います。

手打ちが治らないばかりか、スライスが治らないゴルファーはこのようにスイング中に手を返すことに執着し始めます。

 

たまに捕まったドローボールが出るので良いものだと勘違いする

そして、スライスを克服するためには正しい腕のローテーションを行いましょう。

というレッスンなどを意識して手を返すタイミングを探るようにダウンスイングの初期段階から意識的に腕のローテーション(前倒し)などを意識しはじめ、手を返す動きを入れることが必要だという事に執着し始めます。

結果的にこれでドライバーのスライスは克服できましたか?

と聞かれたら、ほとんどの人が「いや、スライス治りません」と答えます。

または、「今度は左への引っ掛けも出るようになりました」というチーピン持ちになっていくパターンがほとんどです。

体の動きを抑えて手を返すという理論が流行っていますが、これではインパクトゾーンで腕をローリングして球を捕まえようとしますので、タイミングが合えば球がつかまってドローになったりもしますが、タイミングがズレるとフェースが返りきらずに、プッシュアウトスライスが出たり、または左へ引っ掛けるチーピンが出たりといった左右どちらもミスが出るという状態になっていきます。

コースでとても再現性の低いスイングになってしまうのです。

 

ドライバーなどの長いクラブになるとスライスするというのは自分が「手打ち」になっている。

ということを認識する必要があります。

「いや、思いっきり体を回しているから手打ちではないと思うんだけど・・・・」という場合も手首の使い方が間違っているのでスライスしていくのです。

手打ち(フリップ)を克服するために、まずは「手を返す」などの動きを意識したりイメージすることはしないでください。

必要以上に手を使うスイングでは、方向性が安定しないのです。

この意識やイメージがあるとドライバーのスライスはなかなか克服できません。

 

本気でスライスを治したいなら手を返すスイングは辞めよう

スライスを本気で治したいと思うのであれば、手を返すスイングは辞めましょう。

あなたが、たまたま手を返してタイミングよく球がつかまったというスイングでも良しとするならそれでいいです。

ただ、体の動きを止めて手を返す理論は方向性と飛距離が落ちます。

特に飛距離に関しては自分の体のポテンシャルを発揮できません。

また、手を返す理論でゴルフを続けていると、ショートアイアンになると左への引っ掛けが頻繁に出るというパターンに陥っていきます。

いわゆる長いクラブは捕まらなくて、短いクラブは左への引っ掛けが頻繁に出るというパターンに陥ってしまいます。

腕を使ってクラブを下してくるとか、右ワキを締めながらクラブを下してくるとか、早めにコックをほどいてクラブフェースがスクエアに戻ってくるように腕で操作するとか、ボールの5センチ後ろがインパクトだと思ってスイングするとか、色々な事を聞いたり、言われたりしていると思いますが、まずは上半身はトップから何もせずにダウンスイングを下半身からスタートさせてください。

 

トシ(レッスンプロ)
スライスを治すためには、下半身から切り返すことが1つ重要ポイントです。

下半身からダウンスイングをスタートさせると言われても具体的にどうしたらいいのか、分からないと思いますので説明します。

左膝や左の足首から切り返しをスタートするという意識を持ってみましょう。

左の膝を目標に向けるつもりで切り返してみると自然と下半身リードが発生してくれます。

この時に、左の腰を釣り上げないように気を付けましょう。

切り返した直後から左腰が右腰よりも高くなってしまうと、同時に左の肩も上に浮いてしまいます。

そうなると胸の面も上を向くように動いてしまいます。

これではインパクトで前傾が起きて手元が浮いてしまいますので、とっさに手首で合わせる動きを入れてしまいますので、気を付けてくださいね。

とにかく切り返しからは左の膝を目標に向けるようにすると勝手に下半身がリードしてくれます。

そして、ダウンスイングから軸ブレしなくなりますので、正しい腰の回転ができやすくなります。

左の膝が曲がったまま目標に向けるように動かしていくことによってインパクトで腰が開けるようになります。

 

腰は回すという意識ではなく「開く」というイメージに変わります。

よく腰が引けるのでは?と言われる人がいますが、腰が引けるというのはダウンスイングで右ヒザがボール方向へ過剰に出ていく動きによって起きますので、それをしないために、右足はベタ足でインパクトに向けて使って行く意識を持ってみましょう。

 

左ヒザを目標に向けながら、右足はベタ足のつもりで使っていきます。

右足のつま先が飛球後方を向くようなイメージになります。

すると下半身がガニ股になった感じが出てくると思います。

ガニ股になることによって、腰は自然と回転してくれますし開いていきます。

インパクトを迎えるころにはアドレスの状態を90度としたらインパクトでは45度ほど腰が開いた状態になっています。

 

これが正しいインパクトでの腰の開きになります。

分かりにくいという場合は、野球のアンダースローの動きを真似してみましょう。

野球のアンダースローの下半身の動きがゴルフスイングにそっくりだからです。

スライスを克服するための下半身の動きというのは、野球のアンダースローの動きと思って真似してください。

トシ(レッスンプロ)
野球のアンダースローのイメージだと右足はベタ足の感じが出てきます。そして腰は勝手に開くことができます。なので野球のアンダースローの動きを何度か行って感覚を掴んでいきましょう。

ドライバーがスライスする人は怖がって腰を開けていない

ドライバーのスライスを怖がっている人の多くがインパクトで腰が開いていません。

アドレスのボールに正対している状態でインパクトも迎えてしまっています。

これは冒頭でお伝えしましたように、手打ち(手の返し)によって、腰の動きが自動的に止まってしまうからです。

そして、腰の動きが止まってしまう人は例外なく前傾が起きて伸びあがってインパクトをしています。

伸びあがり(アーリーエクステンション)になってしまうので、手元が高く手首の使い方が間違ったインパクトを迎えてしまうのです。

なのでフェースは開いてしまうので球が捕まらずにスライスします。

球に力が伝わらないばかりか手首をこねてしまいますので、インパクトでは腕の力を使ってフェースをスクエアに戻そうとしますが、ドライバーのクラブヘッドは重心がフェース面の逆側(後ろ側)になりますので、どうしても腕力ではフェースをスクエアに戻してくることが至難の業となります。

 

結果的に、フェースが開いて当たり擦り球の弱々しいスライスになってしまいます。

練習場でドライバーの練習をひたすら行ってもスライスばかり出ているという場合、それは手打ちになっているということを自覚して、「手を返す」という動きをいったん辞めること。

 

そして、先ほどの下半身からダウンスイングを行うことを体に覚えこませること。

先ほどお伝えしましたように、左ヒザを目標に向けながら、右足はベタ足で切り返してみてください。

野球のアンダースローのつもりで下半身を動かします。

するとガニ股になって腰は自然と回転してくれます。

腰がインパクトでは45度ほど開きますが、肩のラインといういのはそれほど開きません。

ドライバーのスライスを治す上半身の動かし方

では、次に上半身の動かし方です。

ドライバーのスライスを克服するためには、切り返しからクラブフェースを開かずにインサイドからダウンスイングすることが必須です。

まずフェースを開かなくするためには、グリップをストロンググリップにするという事も大切です。(グリップの握りに関しては長くなるので、省略します。ストロンググリップがゴルフ初心者やスライサーにお勧めな理由!を読んでおいて下さい。)

ドライバーのスライスを直すには、1つ手首の使い方がポイントになります。

トップから左の手首を手のひら側に折ってみましょう。

左の手首を手のひら側に折るとフェースを閉じた状態を作ることができます。

そして、同時にクラブヘッドが背中側に降りてくれますので、そのまま体を回してくれば、ボールに対してクラブヘッドがインサイドから入る状態を作れます。

この動きができると、自然と球が捕まる準備が整ったということが言えます。

そして、先ほどの下半身の動きに合わせてトップから切り返してきます。

自然とクラブヘッドがインサイドからボールに対して入っていきますので、球が捕まる動きになります。

次に大切になるのがフォローですね。

 

スライスを直すにはフォローの出し方も重要

スライスしてしまう人の特徴として、フォローを大きく出すとか、腕を遠くへ伸ばそうとしてしまいがちですね。

今日からこの考え方は捨ててください。

「フォローは小さく!」を意識してください。

フォローでは小さく左腕をたたみます。

これがスライスを直すためにとても重要なポイントです。

実際に左腕をどうたたんでいけばいいのか?

よく分からないという人も多いでしょう。

以下の動画を見れば明確になるでしょう。

ぜひ、参考にしてください。

動画でお伝えしている事はスイング中の腕の使い方の流れです。

インパクトからフォローで腕は小さく使います。

腕を小さく短く使うことによって、クラブヘッドがフォロー側で入ってくれるようになります。

この動画の動きを真似してみてください。

ドライバーのアウトサイドインでのカットスライスや振り遅れのプッシュアウトスライスも直っていくと思いますよ。

トップからインパクトへの腕の動かし方が分かっても、インパクトからフィニッシュまでの腕の動かし方が分かっていない人が多いですからね。

実はフォローの腕の動かし方がスライスを直すにはとても重要なポイントになります。

左腕を小さくたたむフォローができるようになれば、体を回転しても振り遅れなくなり、球が捕まるようになるのです。

体を回転しながら打つとスライスするという人は、腕の使い方を間違っています。

フォローで腕を大きく伸ばそうとしているのです。

なので、この動きの違いを理解してご自分のスイングに落とし込んで行ってくださいね。

スライスを直すために役立つ方法として、ゴルフのスライスの原因である手打ちを治す方法!も読んでおいてください。

 

スライスを直すことは難しくない

 

あなたがドライバーのスライスに悩んでいるのであれば、お伝えしてきました事を実践されてみてください。

トップから正しい手首の使い方と、下半身の動きでクラブが下りてくるとインパクトではクラブフェースは自然とスクエアに戻ってくれます。

そして、インパクトからフォローの腕の使い方を覚えると振り遅れとおさらばすることができます。

なので、切り返しからボディターンでスイングしてきても、腕の動きとマッチするようになります。

今まで体を回してきたら振り遅れてスライスするという人もインパクトからの左腕のたたみを覚えれば振り遅れなくなりますので球が捕まり、念願のドローボールも簡単に打てるようになるのです。

手打ちで、腰の回転を止めて手を返すことばかりを行っていた人は「すごく体が開いてインパクトしているような気がする」かもしれません。

しかし、これは今まであなたが手の返し(腕を捩じったり、手首をこねたり)に頼ったスイングをしていたわけなので、はじめはこのような違和感を感じて当たり前なんですね。

ドライバーでスライスが出て、スライスが治らないという場合、今お伝えしてきたことを考えながらスイングを見直してみてください。

今回の内容は以上になります。

最後にあなたがゴルフを短期間で上達させて、スライスを完全に克服してゴルフを楽しみたいという場合、僕がゴルフをはじめて半年でスコアー82を出した再現性の高い正しいスイングを作る詳しい方法をメルマガ限定でお伝えしています。

無料メルマガ

また、ゴルフを始めて1年後にパープレーを達成したスイングの核心部分もこっそり教えていますので、ぜひこの機会にスライスを完全に直してあなたもパープレーやアンダーパーを狙えるショットを手に入れましょう。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。