ゴルフのボディターンの間違い【振り遅れてスライスが出る人必見】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー
ボディターンの方法で間違ったスイングをしているからスライスが出るのかな?

ボディターンで打とうとすると振り遅れるし球が飛ばないし・・・

ボディターンの間違いについて詳しく教えてほしいなぁ。

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法となります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・ボディターンの間違いに気づくことができる

・正しいボディターンを覚えることができる

・ボディターンは、ただ体を回転させる意識とは違う

・間違ったボディターンと正しいボディターンの見分けがつく

・ボディターンで大事なヒントが分かる

・切り返しからの動作の違いを理解できる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕が、ボディターンの正しい切り返しができるようになる方法をご紹介したいと思います。

間違ったボディターンを行ってしまうと球が捕まらずに振り遅れるということは当たり前に起こります。

そのため、ボディターンは良くないと勘違いを起こして手打ちに逆戻りしてしまうというパターンの人が多いの

で、今回の記事を参考にされてみてください。

間違ったボディターンと正しいボディターンの違いに気づくことができると思います。

 

ゴルフのボディターンの間違い【振り遅れてスライスする原因は右サイドにあり】

ボディターンに挑戦しても振り遅れてスライスが出て悩んでいるという場合は今回の内容が参考になるはずです。

基本的にボディターンスイングでは、体を回転させる意識でスイングをされる場合が多いです。

 

ただ、その回転意識だけでは振り遅れてスライスが出て当然です。

そのため、ボディターンは間違いとか、良くないと言ったことを言われがちなのですが、正しいボディターンの動きを覚えることができれば、何も問題はありません。

 

むしろ、正しいボディターンの動きを覚えることができれば、簡単に球を捕まえることができるようになり、振り遅れてスライスするという悩みからも解放されるのです。

 

そして、手打ちに比べるとボディターンの方が方向性と飛距離の両立が可能となります。

正しい動きを覚えることによって、むしろメリットしかないという事になりますのでぜひ実践されてみてください。

結論から言いますと、間違ったボディターンから正しいボディターンを覚えるためには、右のお尻の動きがポイントになります。

 

具体的に以下でご説明します。

 

ボディターンの間違いで振り遅れスライスが出る場合

ボディーターンスイングの間違いで振り遅れてスライスが出るという場合は、具体的に切り返しからの動きに間違いがあります。

切り返しのイメージを変える必要があります。

 

ボディターンスイングと聞くと、イメージ的に切り返しから「体の回転、腰の回転」などを意識する場合が多いのですが、これでは振り遅れて当然です。

なぜなら、回転の意識だと切り返しの間を作ることができないからです。

 

切り返しの間を作ることによって、いわゆるクラブが自然落下する動きになるのですが、切り返しからいきなり体や腰を回転してしまうイメージだと、この間を作ることができないので振り遅れてしまいスライスが出てしまいます。

この切り返し動作に苦戦してボディターンスイングができないアマチュアゴルファーがとても多いです。

 

間違ったボディターンを改善する正しい切り返し動作として、必ずシッティングダウンを入れることです。

具体的には、切り返しから右のお尻を後方へ突き出して腰を反る動きになります。

 

手順をお伝えします。

1、バックスイングで右のお尻が後方へ引かれる

2、切り返しから右のお尻をさらに後方へ突き出す意識で反り腰になる

3、右の尻で椅子に腰かけるような感覚になる

4、体を回転させていく

 

これらの手順を踏むことによって、切り返しから正しいボディターンスイングを身に着けることができます。

なぜなら、シッティングダウン(切り返しから右の尻で椅子に座る感覚)を作ることによって、切り返しからの間を作ることができます。

 

さらに、右のお尻が後方へ突き出ることによって、反り腰になり一瞬しゃがむ感覚になります。

この時に、トップにあがっているシャフトが寝てクラブヘッドが適正なインサイドに下りてくれるのです。

 

そこから体が回転していくことによって、右腰がすぐにボール方向へ出ていた動きも改善されて、ボールに対して適正なインサイドからクラブを入れることができるようになるので、球が捕まるようになるのです。

 

注意点としては、シッティングダウンで右お尻が後方へ突き出て反り腰になったらその反り腰のまま体を回転させていくことです。途中で反り腰を辞めてお腹をボール方向へ突き出してしまうと前傾が起きて伸び上がってしまうため、また振り遅れのミスが出始めます。

ゴルフは左に振ると上達する【80切りができるスイングを作る方法】

2020.01.24

 

間違いボディーターンからの解放

間違ったボディターンスイングを克服するためには、切り返し動作がとても重要です。

多くのアマチュアゴルファーは切り返しからすぐに体を回転させようとしたり、腰を回転させようとします。

 

こういった意識や感覚がアーリーエクステンションを招くことになります。

アーリーエクステンションというのは、伸びあがり動作で切り返しからこの動きを入れてしまうとボール方向へ右腰がすぐに出ていってしまうため、前傾姿勢が起きながらインパクトに向かっていくので、結果的に手元が高くなってフェースが開いてインパクトを迎えてしまいやすくなります。

これによって、ボディターンに挑戦するアマチュアゴルファーが苦しむ結果になります。

 

なのでボディターンでスイングを意識すると、振り遅れて球が捕まらずにスライスが出るという事で悩む場合は、切り返しからの動作を間違っていることに気づく必要があるのです。

 

多くの人がボディターンに挑戦してもスライスが出るので、ボディターンは良くないと勘違いして、逆に手打ちを信じて手を返しながらフェースをひっくり返す練習などを始めますが、手打ちをしても結果的に方向性も飛距離も失ってしまうというパターンが多いのです。

ゴルフ初心者のうちから間違ったボディターンの動きは辞めることです。

そうすれば、ゴルフは意外にも短期間で上達していくことができます。

 

正しいからだと生出の動きを覚えやすくする方法として、ゴルフ初心者のうちからゴルフ初心者が寄り道せずに上達できる2つの練習法と【シングルへの近道】を参考にされてみてください。

 

切り返しの「間の作り方」でスイングは変わる

お伝えしてきましたように切り返しからの間の作り方によってスイングは変わります。

ボディターンに挑戦しても振り遅れてスライスしてしまうという間違ったボディターンになっている場合は、ぜひ切り返しからの動きを見なおしてみてください。

生徒
切り返しからの間の取り方を分かっていませんでした。腰を回す意識でスイングしていたので右腰がすぐに出てきて、インパクトで伸びあがっていたことに気づいていませんでした。
トシ(レッスンプロ)
ボディターンや回転のイメージでスイングを作ろうとすると決まってインパクトで伸びあがるアーリーエクステンションとなる人が多いです。

切り返しからのシッティングダウンの動きを取り入れましょう。

 

そのためには、体は回転ではなく切り返しから右のお尻を突き出して反り腰になる必要があります。この間の取り方を練習して覚えることをお勧めします。

ゴルフのスライスの原因である手打ちを治す方法!ボディターンのドローの打ち方

2016.11.19

 

下半身と腰の動きが変われば、一気に上手くなれる

ゴルフというスポーツは意外にも下半身や腰の動きが変われば見違えるように上手くなることがよく起こります。

アマチュアゴルファーは間違った腰の動かし方をしている場合が多いのです。

 

腰の回転や体の回転を切り返しから行う意識はゴルフを難しくしてしまいます。

切り返し動作に大切なシッティングダウンを取り入れることによって、正しいボディターンスイングを身に着けやすくなりますので、今回の内容をぜひ参考にされてみてください。

生徒
切り返し動作が重要とよく言われますね。ボディターンを覚えるためには、シッティングを覚える必要があるという事ですね。頑張ります。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。ボディターンスイングはただの回転ではないので、その辺の理解明確にされてください。また、アーリーエクステンションと呼ばれる伸びあがる動きでは必ずボディターンには向かない動きになりますので改善できるように練習しましょう。

簡単にスライスを直したいという場合は、アドレスを変える事もお勧めです。

振り遅れて右プッシュやスライスが出るので体を回転することができづらく手打ちになっているというゴルファーは以下を実践されてみてください。

3球で振り遅れスライスが直る!爆発的に飛距離が伸びる【EASYスイング】

簡単にスライスが直ってしまう方法を公開します。

振り遅れてスライスが出るという事に苦しんでいるアマチュアゴルファーは多いですね。

下半身リードで振り遅れるから体を回転できなくなって飛ばないスイングになっていってしまうのですが、体を回転しても振り遅れないスイングになる方法があります。

それを特別に公開していますので振り遅れが直り、爆発的に飛距離アップしたい場合は実践してください。

5,000

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。