ゴルフのスイング軸は2種類ある(前軸、後ろ軸)あなたはどっち?

今日の打ちっぱなしの練習に行って思ったことを書き留めておきたいと思います。
今日は軸について考えてみました。

スイング軸です。
ゴルフ理論は様々でスイング軸は2軸と1軸理論があると言われています。

一般的に2軸理論が浸透していますが、

1軸理論も今多くの実践者がいるので昔に比べると1軸理論も浸透しているのだと思います。

僕は自分では2軸スイングだと思っています。
そもそも軸の事を意識したことはゴルフをはじめた当初ぐらいでした。
「軸をぶらさずに打て」と言われていたので軸がブレないよう意識して練習していたことを思い出します。
それで今日の練習で思ったことはスイング軸は人それぞれ違うということ。
例えば、バックスイングで右に体重を乗せて、ダウンで思い切り左へ体重移動する人。
つまりインパクトで左股関節部分に壁(軸)を感じてスイングする人。
逆にバックスイングからダウン、インパクトで右股関節に軸を感じてスイングする人。
あなたはどちらですか?
僕は後者です。

つまり右軸でスイングします。
僕の場合は左への体重移動をして左軸でインパクトを迎える意識だと腰がスエーして手元が体から離れてドライバーではスライスしますし、アイアンではダフったりのミスや右プッシュが出ますし、時にはシャンクも出ます。

ためしに左への体重移動を意識してスイングしてみた結果こうなりました。
逆にバックスイングで右への重心移動をしてそのまま重心が右へ乗っている状態のままスイングするイメージを持つと僕の場合はうまく打てるのです。

これは人によって違います。

僕の友人は左への体重移動をするほどボールへ力が伝わり強いボールが打てると言います。
ドーンと思い切って左へ体重移動するイメージが大事だというのです。

しかし、僕がこれをやってしまったらミスショットを連発するのです。
人間の体は後ろ軸の人と前軸の人との2種類があるそうです。

これは4スタンス理論から学んだことですが、確かに僕もそう思います。
なので自分が後ろ軸タイプなのか、それとも前軸タイプなのかを知ることが大事です。
一般的にゴルフ理論で言われるのが、ダウンスイングでの体重移動、左足の踏み込み、左の腰を切るなどのことを言われますが、これを後ろ軸タイプの人がやるとうまくいきません。
一向にショットが安定しない。
飛距離が出ない。
後ろ軸タイプは体重移動なんて考えないことです。
バックスイングで右へ重心移動して体重が右股関節に乗ったら、その状態のまま右サイドからダウンスイングをスタートするぐらいのイメージが丁度いいです。

僕が後ろ軸で参考になると思うプロはバッバ・ワトソンです。

 

 

彼のスイングを見ていると後ろ軸タイプの人は参考になります。

に後ろ足に体重が乗ったままスイングしています。

 

体重移動なんてしていません。

その証拠に前足(彼の場合は右足)のかかとが地面から浮いた状態でスイングしています。

 

体重移動をしていない証拠です。

後ろ軸のままスイングしているのが分かりますね。

 

僕は彼のように後ろ軸のままスイングするタイプです。

 

この方が飛距離が出ますし、方向性も良くなりますし、自分に合っていると思えます。

このように後ろ軸で打った方がいいのか?前軸(体重移動をして)で打った方がいいのか?

 

 

人それぞれで別れると思います。

タイプが違うのに逆の打ち方をしていたらゴルフスイングが上達しません。

 

まずは、自分自身でどちらのタイプなのかを見極める必要があると思います。

 

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。