スクエアなインパクトでまっすぐ目標に打ちだすための練習方法

ヘッドはやや外から下りてくるイメージでいいです。

フェースを意識するとインパクトは手先で合わせる動きになりがちです。
フェースではなくて、シャフトをスクエアに戻す意識を持つことが大事。
そうするとフェースも自然に良い角度で降りてきます。
感覚的にいうとやや外からヘッドを下すイメージがいいでしょう。

きれいにコンタクトできることがこれで多くなります。
インパクトでフェースがスクエアに戻りさえすれば必ずボールはまっすぐ前に飛びます。

オーマチックにスクエアなインパクトが実現する動きを覚えましょう。
インサイドからヘッドを入れるイメージで振ってしまうと手先が浮いてクラブが寝ます。

そうなるとフェースが開いてボールの手前をダフることになります。

もしくは大きく右にプッシュアウトしてしまうミスになります。

腰の高さでシャフトの向きをチェックしましょう。

クラブが腰の高さの位置の時にチェックしたいのがシャフトのラインとフェースの向きです。

シャフトはスタンスラインと平行でフェースはヘッドのトゥが真上を向くのが一つの目安になります。

この位置からインパクトまでのクラブの動きが正しければダフリは出ません。

腰の高さでクラブはスタンスラインと平行です。

ofwerfer

これがダウンスイングでもっとも大切なポジションになります。
ここでフェースが開いたり閉じたりしているとスクエアなインパクトを迎えることが出来ません。

クラブが腰の高さの位置からフェースではなくてシャフトを戻すイメージをもつことによって体の正面で正確なインパクトができます。

この部分で手先を使ったら軌道が安定しません。

この腰から腰の高さのスクエアなインパクトを迎えるためのスイングの練習としてスプリットハンドでの練習がおすすめです。

右手と左手を離して握るスプリットハンドでボールを打つことでシャフトを動かす感覚が分かります。

腰から腰のふり幅で体の大きな筋肉を使ってスイングすることがコツです。

この練習を行うとスクエアなインパクトを作ることができるようになります。

 

インパクトがスクエアでない方はこの練習でフェースではなくてシャフトを戻すことを覚えましょう。

 

インサイドからヘッドを入れようとするあまり手元が浮いてクラブが寝るためシャンクに悩まされることにもなります。

 

大きく右にプッシュアウトするシャンクが出るとたちまち不安になりますし、ラウンド中に出るとシャンクの恐怖からスイングできなくなってしまう。

 

シャンクが出てしまう人もこのスプリットハンドでの練習がお勧めですよ。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。