適度にストロンググリップの握りでアドレスの前傾角度も正しくなる

ea48bba7eb1c826caf4b9962e18a9fdf_s

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

前回の記事で球をつかまえるために適度なストロングぐリップで握ることを初心者ゴルファーにおすすめするということをお伝えしました。

球がつかまらないとかスライスするという方は適度なストロンググリップを採用されることをおすすめします。

 

では、今回はもっと詳しくストロンググリップについて初心者ゴルファーにとってメリットになることをお伝えしていきます。

ということで今回のテーマは【ストロングリップは手首の角度と前傾角度を最適化する】です。

 

例えばですが、初級ゴルファーの場合にアドレスしたときにつっ立ったような姿勢でアドレスしている人を見かけます。

つっ立った姿勢で構えると手元が浮いてしまいます。

手元が浮いたアドレスをしている人をたまに見かけますが、こういう人のグリップは間違いなくウィークグリップになっています。

実際に手元が浮いたハンドアップのアドレスをしている場合、この姿勢のまま自然にグリップを握ってみたらわかりますが、ウィークグリップになってしまう事に気づかれると思います。

あなたも試しにつっ立った状態のアドレスをしてグリップを握ってみてください。

ウィークグリップになっていることに気づかれることでしょう。

 

つまり逆もまたしかり。

ウィークグリップで握ると自然とハンドアップの状態になるということです。

そして、つっ立った状態のアドレスになってしまうという事です。

 

これらのことをしていると球がつかまらないということになってしまいます。

つまり、グリップとアドレスの姿勢には相関関係があるということです。

 

仮に適度なストロンググリップで握ってみてください。

そうすることによって、アドレスでつっ立ったりとか、のぞき込んだりという間違った姿勢になることはないですから。

そして、最適な前傾姿勢を作り出すことができます。

 

そして、球をつかまえるために必要となる手首の角度も自然と作り出すことができるわけです。

 

アドレスで猫背では全く意味がないですが、

背筋をほどよく伸ばすことに加えて適度なストロンググリップで握ることができたら最適な前傾角度を作ることができます。

 

グリップに気を使うことで手首の角度は一定になる

手首の角度が浅いと手元が上がりやすくなり球がつかまらないということになりやすいです。

逆に深すぎると今度はチーピンやフックが出やすくなります。

適度なつかまりを出すためには手首の角度も適度につけることが大事で、そうするためには適度にストロンググリップでクラブを握るということができたら自然にこれらのことができます。

仮にぐっと手元を下げてクラブを握ってみてください。そうすると分かると思いますがかなりきつめのストロンググリップになります。

こうなるとスイングも球も安定しません。

 

反対に手元の位置を今度は極端に上げてクラブを握ってみてください。

そうするとウィークグリップでないと握れないのが分かると思います。

つまりウィークグリップと前傾が浅いという事はセットで考えられるという事です。

適度にストロンググリップで握ってみたら適度に正しく前傾姿勢をアドレスで作ることができます。

手首の角度、前傾角度ともに最適な角度を作り出すことができるのです。

こういうことって普段あまり考えないと思います。

自分に最適な前傾角度をわかっていないという人は意外に多いです。

球をつかまえて飛ばすために、グリップの握りは前傾角度にも関係してくるという事を知っておくと、今後のスイングの矯正にも役立つと思いますので、あなたもこれらのことを意識して正しいセットアップを見つけてみてください。

 

最後に、ゴルフを一気に上達させたいというのであれば、その方法をメルマガでお伝えしています。

メルマガではブログには書いてない濃いゴルフ上達の方法をお伝えしていますのでお楽しみに^^

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。