ハンドファーストインパクトは右手打ちで覚えられる

 

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

 

今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

というわけで、今回のテーマは【ハンドファーストインパクトは右手打ちで覚える】です。

 

僕はゴルフをはじめて片手だけで打つ練習がどれだけ効果的かを実感できています。

 

片手だけで球を打つことをやってきた人なら分かる通りですが、特に右手1本で球を打ち続けることによって、
格段にスイングが良くなっていくという事を実感しています。

 

なので、あなたも格段にスイングが良くなって、ゴルフを楽しみたいというのであれば、まずは右手1本で球を打ち続けることをおすすめします。

 

でも、こうやってサイトとかでその効果とか、おすすめですよーって言ってもなかなか実行しない人がほとんどなんですよね。

どうしても両手で一生懸命にうまく打てるようになりたいと思って球を打っている人ばかりです。

生徒
球をコントロールする技術などは右手1本で打つ練習で培っていくという事を聞いたことがありますが、実際に右手1本で球を打つ練習はとても役に立つと思います。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。とにかく役に立つ練習方法を実践することをお勧めしています。そのためにも右手1本で打つというのは効果の高い練習だと思います。ゴルフを始めたばかりの頃に右手1本でたくさん球を打ってきた経験があるのですが、手を返さないスイングを作るためには、この感覚は必要だと思っています。

両手でまともに当たらないなら片手でも当たらない?

片手打ちの練習を面倒くさがってやらないという人も多いですね。

「これだから、いつまでたっても上達できないんだよ!!!」って正直言いたいんですけどね(笑)

「片手で打たないもんが両手使ってもそりゃ満足に打てないだろ!」

って言いいたいんですけどね。本音は(笑)あまり声を大にして言うと「うるさい!黙れ!」などと罵倒されそうなので言いませんが(笑)

 

練習場で毎日2時間ばかり右手1本で打ち続けていると勝手にハンドファーストのインパクトを覚えることができるというのが僕の考えです。

もちろん手の返しを入れることなく打つということ。

右手1本で遠くへ飛ばそうとしなくていいです。

9番アイアンなどの短いクラブで30ヤード打つことからスタートします。

このように短い番手で右手1本で打つ練習というのは上達のために、とても効果的だと思います。

手首の角度を変えずに体の回転を止めずにハンドファーストで当てる

ちなみに右手1本でハンドファーストで打つコツとしては、手首を返すことなく右手首を甲側に折ったままインパクトをします。

この時に手元を目標方向へ突き出すように打つのではなく、体の回転に従って当たるという感覚を養っていきましょう。

右手首を甲側に折ったまま体の回転でインパクトを迎えるということです。

そうすることによって、自然なハンドファーストでインパクトを迎えることができるようになります。

手元を飛球方向へ突き出してハンドファーストを作ろうとしてしまう人もいますが、これでは手元が体から離れてしまいますので、シャンクが出やすくなってしまいます。

きっちりと体の回転を止めずにインパクトでは右腰横でボールをとらえるぐらいのイメージがあるといいですね。

体が勝手にハンドファーストのインパクトを記憶してくれます。

ゴルフは無意識に身体に正しい動きを覚えこませる方が上達が早いですし、またよりシンプルになります。

なので、ハンドファーストインパクトをあなたも覚えたいというのであれば、ぜひ意義て1本打ちを実践されることをお勧めします。

生徒
ハンドファーストの効果を実感するためには、右手1本打ちが良いですよね。体の回転を止めて打つと左へ引っかかるので回転を続けるという意識が大事ですね。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。体の回転を止めてしまうと、インパクトで腰を開くことができなくなりますね。腰を開くことができないと手首をこねる動きを入れてハンドファーストで打つことができなくなります。また手首をローリングさせて打つ人もいますが、これも腕の使い方を間違っています。手首は返すことなくローリングすることなく右手首の甲側の折れを維持したままインパクトを迎えるという事を意識してくださいね。ゴルフの上達に欠かせないハンドファーストインパクトの作り方として、ゴルフ手首がフリップする動きを治すためのハンドファーストでラインを出す方法も読んでおいてください。

ロングアイアンの飛距離が変わらない?

たとえば、あなたが5番アイアンも6番アイアンも7番アイアンも飛距離が変わらないという場合、それはハンドファーストに打てていないという事が言えます。

8割の力で縦の距離感をきっちり出すためにはハンドファーストのインパクトが絶対条件となります。

これを早く覚えたいというのであれば、「右手1本打ち」です。

右手打ちだと左手の支えがないので、ハンドファーストに打たざるをえなくなりますし、またオンプレーンにも上がりやすくなります。

僕がゴルフをはじめてとことん右手1本打ちの練習を行ったおかげで、あっという間に短期間でシングルになれたということも言えます。

正直言いますが、あなたが70台を出したいというのであれば、右手1本打ちを覚えた方が近道です。

右手1本だけだと早く振れないので、体の回転とクラブの動きを同調させやすくなります。

また、右手1本打ちをすることによって、体が左へ突っ込んでいって、肩が速く開くことがなくなります。

 

また、右手1本打ちを行うことによって、右肘が体から離れずに、クラブがプレーン上に乗ります。

 

そして、大振りすることもなくなります。

また、手元が体の近くに下りてきますので、ハンドファーストに球をとらえることができるようになります。

そして、結果的に速く振らなくても飛距離を出すことができるようになります。

この右手1本打ちはトップでシャフトクロスとか、フライングエルボーになってしまうという人にもおすすめです。

 

右手だけでクラブを上げようとしますので、右脇が適度に閉まって、右肘が浮かなくなるからです。

右手1本打ちで右肘が浮いたフライングエルボーではボールに当たらないことが分かります。

でも、これが両手になると分からなくなります。

右手1本打ちをすることによって、フライングエルボーになると必然的に手打ちになるという事が理解できるのです。

 

また、右手1本打ちを実践してみると分かりますが、右ヒジが体から離れて、早くヘッドリリースしたらボールに届かずに空振りすることもあります。

だから、自然にハンドファーストに打つために、ヘッドよりも手元が先行する正しいインパクトの形を覚えることができるわけです。

ちなみに右手1本打ちに慣れたら、左手1本うちにもチャレンジしましょう。

左手1本打ちに関しては、左手1本サンドで70ヤード打てると飛距離は勝手に伸びるからを読んでおいてください。

スイングをリードする左腕の感覚を鍛えることによって、飛距離も飛躍的に伸びていきやすいです。

 

あなたも70台を目指されるのであれば、さっさと練習場でこの右手1本打ちを実践されることもお勧めします。

右手1本打ちにはアプローチも勝手に上達してくれるスパイスが詰まっていますからね。

ぜひ、実践してみてくださいね。

生徒
片手ずつボールを打つ練習はプロゴルファーは当たり前にやっていますよね。簡単に打つことができない分片手それぞれの感覚を養うにはもってこいの練習だと思います。当たらないからやらないという人が多いと思いますが、逆に当たるようになるまでやると上手くなれると信じて頑張ることができると思います。
トシ(レッスンプロ)
当たらないからやらないというのは勿体ないですね。続けていればそのうち当たるようになるものです。それまで継続してみるという積み重ねができれば誰でも上手くなれると自負しています。

とういうか、僕の友人など右手1本打ちを実践するようになってから
格段にゴルフが上達していきましたので、僕以外の人でも実証済みですよ。

あなたがスイングに迷って、いろいろと試行錯誤しても良くならないとか進歩がないという場合は、それはもう右手1本打ちを実践されることです。

無駄な遠回りをすることなく最短でゴルフを上達させたいというのであれば、ひたすら練習場で繰り返されることをおすすめしますよ。

最後にあなたが短期間で一気にいゴルフを上達させたいという場合、サイトには書けない詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。