レートヒットするための押さえるべきポイントを公開!知らなきゃ損!

どうもトシです。

トップオブスイングで体を十分にねじり上げておくと上半身と下半身に回転差が生まれる。

そして、この状態で下半身からダウンスイングをスタートさせて切り返していくと今度は上体や腕やクラブをワンテンポ遅らせてスイングすることが出来ることをお伝えしました。

 

これが出来るゴルファーがレートヒットができる有資格者であると僕は思います。

逆にこれらができないゴルファーは手打ちとこの先も付き合って行かなければならないでしょう。

では、タメを効かせてレートヒットさせるために僕が気を付けているポイントについて話していきます。

トシ(レッスンプロ)
タメを作る右ひじの使い方と手首の使い方をマッチさせることでハンドファーストインパクトが発生します

 

レートヒットさせるタメの作り方は右ひじにある

レートヒットのポイントは右ひじにあります。

ダウンスイングで出来るだけ右ひじを体から離さないようにすること。

そして、腰のターンによってダウンスイングを切り返し、右ひじは右わき腹につけるようなイメージがあるといいでしょう。

いわゆる右ひじが絞り込まれてくる感覚というものです。

 

右ひじを右わき腹に着けるようなイメージでクラブを下してきます。

この時にミスしてしまうポイントは右ひじを絞り込んでくると振り遅れると思ってしまう思考にあります。

そんなことしたら右にしか飛んで行かないよ。と思われるかもしれませんが、この思考がいつまでたってもレートヒットができない原因となります。

そして、クラブヘッドを早めにボールに当てに行く動きが治りません。

いわゆるアーリーリリースですね。

 

右ひじを絞り込んでくると、ほとんどの人がすっぽ抜けプッシュアウトが出るので右ひじを絞り込んでくることを悪だと思っています。

でも、実際は右ひじを右わき腹に着けてスイングするようにするとか絞り込んでくることが出来たらこれでレートヒットが出来るのです。

後は手首の使い方を変えるだけで、レートヒットが完成します。

なので、右ひじを絞り込んでくることを悪だと思わずに、基本的に右わき腹につけることを意識してみましょう。

レートヒットするための手首の使い方としては、ゴルフは手首の使い方が最も重要!コックやヒンジの正しい理解できてますか?を読んでおくと理解が深まりやすいと思います。

スイングはタメができるからこそクラブをきれいに振りぬくことが出来ます。

タメを作ってレートヒットするためには右ひじは地面にむけながらわき腹につけるイメージでダウンスイングをすること。

 

このように僕が意識しているポイントを理解してもらえたら実際にスイングしてみてください。

 

馴れてくるとタイミングがあってきて飛距離が飛躍的に増すと思います。

これが出来ることで飛躍的に飛距離アップを期待することが可能となります。

たしかに言葉では簡単に思うかもしれませんが、実践してみるとうまくいかない人もいるでしょう。

どうしてもレートヒットの感覚を体に覚えさせることが出来ないとか掴むことが出来ないという人です。

そんな方のためにお勧めのドリルを紹介します。

 

以下を実践することでタメを作る動作を掴むことが出来るようになると思います。

 

  1. 壁や柱などに向かい合うようにして立つ
  2. クラブを持ち野球のスイングのように振ってみる
  3. 壁や柱にクラブを当てないようにスイングする

この動作を繰り返すことでレートヒットの形や動作を体が覚えるようになります。

 

目の前の障害物に当てないでスイングする

 

クラブを手にしたらまずは野球のスイングをイメージしてみましょう。

つまり障害物に対して向かい合って立ち水平素振りをしてみる。

最初はゆっくりとスローモーションで振ってみましょう。

障害物と体の距離はだいたい1メートル以下でいいでしょう。

だいたいですが、1メートル以下だと思ってください。

この距離が近ければ近いほどいいです。

この状態で何も考えずにクラブを振ったら多分クラブを障害物に当ててしまうでしょう。

これではだめなのでクラブを障害物に当てないようにスイングするのです。

 

そうするためにはどうしたらいいのか?

障害物と体の距離が遠かったら簡単ですよね?

何も考えずクラブを振りだして振りだした瞬間から手首のコックをほどいて両肘を伸ばしていってもクラブは振れると思います。

これなら思い切って手首を解いても気にする必要はありません。

いわゆるドアスイングになっていても問題ないと思ってクラブをぶん回すことができるのです。

 

しかし、逆に障害物が近ければ近いほど簡単ではなくなります。

コックを出来るだけほどかずにタメを思い切り作って左腕とシャフトでできる角度をできるだけ鋭角にしてそれから左脇を開けずに右ひじは脇腹につけるようにして障害物にクラブを当てないように振るわけです。

壁との距離が1メートル以内だと「うわ!壁が近すぎてコックを作っても壁に当たってしまうんだけど~」と思うかもしれません。

もしくは、「こんな状態だとめちゃくちゃ振り遅れているから絶対に右にしか飛んで行かないよ~」と感じるかもしれません。

 

でも、障害物に当てないように振ることだけを考えると面白いことに人間の体は自然とこれをやってしまいます。

コツとしては、壁に近く立ってトップの状態を作っておきます。

そこからダウンスイングをしてきます。

右ひじを体の右わきあたりに絞り込んできながらタメを作ってダウンスイングをしてきます。

凄く振り遅れている感じがすることでしょう。

インパクトに向かってそのまま回転してしまうと当然振り遅れてしまいます。

しかし、回転しながら右手首を甲側に、左手首を手のひら側に折っていくとどうでしょう。

あら不思議!手元が体の近くに寄ってくるのが分かると思います。

つまり手元が体の近くを自ら通過しようとするのが分かると思います。

手首の使い方を変えるだけで、インパクトに向かって手元が自分から見て左下(左足の方へ吸い込まれて行くような感覚)に動いていくのがスローでやってみると感じ取れるはずです。

そして、クラブヘッドが立ち上がるような動きをしながら、勝手にボールに向かって動き始めます。

「これが右ひじを絞り込んできても振り遅れない理由なんだ!」ということに気づくことができれば占めたものです。

あなたはレートヒットの意味を頭で理解することができますので、インパクト付近の手首の使い方が理解できたも同然です。

これがレートヒットの形です。

これをゆっくりやって体に覚えこませていく。

そしてこれが体にしみこんでいるかどうかで、あなたのスイングにタメが生まれてハンドファーストでインパクトできる形が整うのです。

ハンドファーストといことは、つまりレートヒットが出来るかどうかが決まる。

壁などの障害物を前にしてこれをやることによって、頭での理解と体にこの感覚を覚えこませていくことができやすくなるのです。

最初は意識しながら壁や柱などの障害物に当てないようにしますが、慣れてくるとこれを無意識で出来るようになります。

 

手はできるだけ体の近くを通すように

 

アドレスの構え方でも話しました。手元はできるだけ体の近くにあること。

 

ダウンスイングで手元はできるだけ体の近くを通るようにします。

大抵の人は遠くへ飛ばそうと思って手を体から離して大振りになりがちです。

でも、こうなると軸がぶれて手元が体から離れるのでミスヒットします。

軌道が安定しませんので力むほどにうまく打てなくなる。

なので手元はできるだけ体の近くを通すようにする。

これが大事です。

しかし、そのためには手首の使い方を整えないことには体の近くと通すことができません。

そしてこの手首の使い方を自分で気づけるゴルファーはめちゃくちゃ少ないと思います。

話を戻しますが、手元の通り道が体の近くだと軌道が安定するのです。

そしてこれがレートヒットするために必要な右ひじの絞り込みを積極的に行っても振り遅れないという自信にもつながっていきます。

なおかつ左右の脇がしまったスイングを可能としてくれるのです。

そして、手元が体から離れないことによりインパクトに向かってクラブをシャープに振りぬくことが出来るのです。

上半身と下半身の回転差を生かすことができて、タメをしっかり利かせてレートヒットが可能となります。

レートヒットするために覚えておきたいことは手元はできるだけ体の近くを通るようにする!!です。

そのためには腕を一生懸命体の近くにひきつけて振ろうと意識するのではなくて、手首の使い方を変えることがキーポイントであるということにいち早く気づけるゴルファーになってほしいと思います。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

今回お伝えしたレートヒットするための強烈なタメの作り方やハンドファーストインパクト簡単に実現する手首の使い方そうですし、体の使い方などサイトではお伝えしていない濃いノウハウをメルマガやLINE動画限定でお伝えしています。

周りのゴルファーをごぼう抜きできるショットやスコアを手に入れたい場合はぜひ登録しておいて下さいね。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。