ゴルフのへそで打つ正しい感覚【へそを突き出すタイミングが重要】

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65、プロゴルファーのトシです。

ゴルフを始めて、1年後にパープレーを達成しました。

只今、そのスイングの作り方を期間限定のLINE限定動画でこっそり無料配信中です。

 

→ クリックして限定動画を無料で受け取る

迷走ゴルファー
へそで打つと言われることがあるけど、どういう意味?

へそを突き出していくということなのかな?

へそで打つとか、へそで振る感覚とか分かりやすく教えてほしいなぁ。

へその意識でスイングが変わるのかな?

 

今回はこのようなお悩みを解決する方法になります。

この記事を読むことによって、以下のメリットが手に入ります。

・へその意識でスイングを変えることができることが分かる

・へそで打つという正しい感覚が分かる

・へそを突き出すイメージはインパクト後ということが分かる

・へその意識でスイング中の腹筋の捻じれ方が分かる

・へそを出していくタイミングが分かる

 

トシ(レッスンプロ)
今回はベストスコア65の僕がへそで打つ、へそで振るという感覚についてお伝えします。

スイング中の正しいへその出し方というものがあるので、その辺も理解していただけたら幸いです。

へその意識でスイングに良い感覚が生まれることもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ゴルフのへそで打つ正しい感覚【へそで振るよりも、突き出す感覚】

へそで打つとかへそで振るということを言われることがあるということで、今回はこの「へそで打つ」という正しい感覚についてお伝えしたいと思います。

へそをどのように意識すれば良いのか?

 

スイング中のへそに対する意識のかけ方によってスイングは変わります。

多くのアマチュアゴルファーはスイング中に、「おへそを突き出すタイミングが早い」です。

 

具体的には、ダウンスイングから「おへそをボール方向に出してしまう」という事です。

本人に自覚がない場合が多いのですが、いずれにしても多くのアマチュアゴルファーはこの部分が欠けているため、スイングの再現性が低下しています。

 

なので、具体的に「正しいおへその動き」についてお伝えしますので、へそで打つという感覚を知りたいという場合は参考にされてみてください。

 

生徒
おへそで打つという意味が詳しく知りたいです。色々な表現がありますが、動きなども詳しく教えてほしいです。
トシ(レッスンプロ)
へそで打つというのは、人それぞれ感覚の問題だと思ってください。それよりも「へその突き出すタイミング」を知ることが大切です。

 

へそで打てという正しい意味を理解しよう

いきなり、へそで打てとか、へそで振れなどと言われただけでは、「え?何それ?意味が分からない」となるでしょう。

なので、へそで打つという意味の正しい理解を深めることが先です。

 

そのためには、まずスイング中の「へその向き」について理解を深めることをお勧めします。

 

へその向きというのは、スイング中の体の動きによって、変化していきます。

 

具体的には以下になります。

1、アドレスでは前傾しているため、へそがボール方向(自分から見て正面のやや斜め下)を向いている

2、バックスイングで右のお尻が後方へ引かれるため、へその向きはボール方向から右斜め下に移動しながら、トップでは後方を向いている感覚。

3、切り返しからは、左のお尻が後方(背後)へ移動しながらへその向きはボール方向に向かって戻ってくる

4、インパクトでは腰が開いているため、へその向きはボール方向を通り過ぎて左斜め下を向いている

5、インパクト後は左斜め下を向いているへその向きが、徐々に上昇しながら同時に目標の左に向かって動いていく

6、フィニッシュでへその向きは完全に目標(打ちたいターゲット方向)の左を向いている

 

スイング中の一通りの「へその向き」を追うとこのようになります。

 

では、プロやゴルフが上手な人と、下手な人との違いがどこにあるのか理解を深めていきましょう。

へそで打つ、へそで振るという正しい感覚を得るには、以下の違いを克服する必要があります。

 

へそを突き出すタイミングによってスイングが変わる

プロとアマチュアゴルファーの大きな違いはへそを突き出すタイミングです。

へそを突き出すタイミングを間違えると下手を固めるスイングになっていきます。

 

このへそを突き出すタイミングというのは、スイング中どのタイミングで行うのかによってスイングの良し悪しが別れることになります。

なぜなら、へそを突き出すタイミングが早いと前傾姿勢を起こす動きになって、アマチュアゴルファーにありがちなアーリーエクステンションになるからです。

 

アマチュアゴルファーに多い前傾姿勢を起こしてしまう動きは、トップから切り返して、ボール方向に向かってへそを突き出してしまうパターンが非常に多いのです。

逆にプロは、切り返しからへそを突き出すことなくダウンスイングしてきます。

 

そして、インパクトが終えた後、フォローからフィニッシュにかけて、へそを目標の左に向かって突き出していきます。

つまり、プロはアマチュアゴルファーに比べると、へそを突き出すタイミングが遅いということです。

 

そのため、前傾姿勢を起こすことなくインパクトを迎えることができるのです。

一般的に「へそで打て」「へそで振れ」など言われると、どうしてもボール方向にへそを突き出すようなイメージを持ってしまいやすいと思います。

 

へそを突き出すイメージで、パワーを出そうとしてしまいがちです。

しかし、これでは前傾が起きるだけで意味がありません。

 

正しい感覚としては、切り返しからへその向きはインパクトまで、ずっと地面方向(斜め下方向)を向いている感覚です。

 

インパクトを過ぎた後に、目標の左に向かって突き出していく感覚になります。

そうすることによって、インパクト後の手の返し(フェースローテーション)も抑えやすくなります。

よく言われる「手を返さないスイングの感覚」を知りたいという場合、どうしても体の回転が止まって手を返してしまう人が、このようにへそを突き出すタイミングを遅らせることによって感覚を掴みやすくなるのです。

手打ちを克服!手を返さないスイングを作る練習

2016.08.03

 

へその向きを意識すれば前傾が起きない

へその向きを意識するようになると、前傾姿勢が起きなくなります。

なぜなら、お伝えしてきましたように、スイング中の前傾姿勢を起こさない方法を考えたときに、へその向きを気にしてみると分かりやすいからです。

 

へそを前に突き出すことによって、お腹が前に出て、お尻も前に出てきます。

この、へそを突き出すイメージを「スイング中のどこで行うのか」によって、スイングは変わります。

 

そして、ダウンスイングやインパクトに対するイメージや感覚も変わっていきます。

まずは、切り返しからのスイング中に「へそを突き出さないイメージを強く持つ」ことをお勧めします。

 

へそを突き出さないというイメージを強く持つと、逆に切り返しからお腹を凹ませるようなイメージになると思います。

お腹を凹ませることによって、前傾姿勢が起きにくくなり、左のお尻が後方(背後)へ突き出てくれやすくなります。

 

左のお尻が後方へ突き出てくれることによって、手元が左に抜ける通り道ができることになるため、徐々に左に振れるようになっていきます。

ゴルフは左に振ると上達する【80切りができるスイングを作る方法】

2020.01.24

 

まずは、極端にやってみましょう。

フィニッシュまでへそを突き出さないイメージぐらいで丁度良いです。

 

するとフィニッシュで前かがみになりますが、前傾を深めることに対して体が慣れていきます。

体が慣れてきたら、徐々にインパクト後から目標の左に向かって、へそを突き出していけばフィニッシュで綺麗に立つことができるようになっていきます。

生徒
へそを突き出すタイミングの理解は大事ですよね。前傾を深めるという意味でもはじめは前かがみになってもいいのでフィニッシュまでへそを突き出さない練習がお勧めですよね。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。はじめはフィニッシュまではそういったイメージでOKです。インパクトで逆に前傾が深いことに対して慣れることが大事だと思いますね。慣れてきたら後は、フィニッシュに向かって形を整えていけばいいですね。

 

ゴルフはへその正面で打たない【あくまでイメージ】

ゴルフは「体の正面で打つ」「へその正面で打つ」という事を言われることがよくあるため、インパクトでもアドレスの正面のイメージで打つものだと思っている人が多いですが、これは違います。

実際は、インパクトではアドレスよりも前傾姿勢が深まります。

 

そして、体の正面ではなくインパクトでは腰が開いて、肩のラインも開きます。

体の正面という言葉は、アドレスの形をイメージしやすいため、この言葉によってインパクトで前傾姿勢が起きてしまうというアマチュアゴルファーも多いのです。

 

正しい理解を深めましょう。

そのためには、へそで打つとか、へそで振るという感覚よりも、へそを突き出すタイミングを正しく理解するという事が大事です。

今回は、へそで打つ、へそで振るという感覚の悩みに対する内容ですが、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

ゴルフの前傾姿勢はアドレスよりもインパクトで深くなる【プロとアマの違い】

2020.01.27

 

初心者のうちから正しい理解を持っておくと上達が早い

ゴルフは初心者のうちから正しい理解を持って練習を積むと上達のスピードは加速します。

そして、練習方法としては、正しいとされる動きを、はじめはゆっくり反復する努力が必要となります。

 

いきなりフルショットで動きをイメージして行っても体は覚えてくれません。

始めはゆっくりスローモーションでいいので、正しいとされる動きを繰り返し反復する必要があります。

 

そうすることによって、筋肉が動きを覚えてくれやすくなるからです。

なので、ゆっくり行うことで筋肉に動きを覚え込ませていくのです。

今回の「へそを出すタイミング」にしても同じです。

 

はじめは、ゆっくりとボールを打たずに行います。

慣れてきたらフルショットせずにスローモーションで同じように行いながらボールを打ちます。

ボールに対するコンタクト(当たり)など気にする必要はありません。

 

動きに慣れてきたらコンタクト率は勝手に上がっていきます。

はじめからコンタクト率を気にしていると、元の動きが顔を出し始めます。

これでは、上達は期待できません。

 

アマチュアゴルファーの多くが前傾を深めるのではなく、起こす動きに慣れています。

なので、前傾を深める練習などを行うと、とたんにボールに当たらなくなる気がして思い切った動きができない人が多いです。

その結果、何も変わらずに堂々巡りを繰り返します。

 

まずは前傾を深める動きに慣れる必要があります。

慣れるまでは積み重ねる努力も必要だと思います。

ある意味、スイングチェンジする際は初心者に戻った気持ちで取り組んでみるという考え方も1つ大事な事だと思います。

ゴルフ初心者が寄り道せずに上達できる2つの練習法と【シングルへの近道】

2020.01.31

この記事を書いた人

トシ(レッスンプロ)
ベストスコア65、ドライバーは当たり前に300ヤードを飛ばします。

プロゴルファーのトシです。

詳しいプロフィールはこちら

ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です。

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそりLINE限定動画で教えています。