ハンドファーストでレートヒットを覚えるダウンスイングの左手首

どうもトシです。

球をつかまえるために、腕の使い方を今回お伝えしたいと思います。

 

特に左腕が大事。

今回は、左腕の手首に注目してみてください。

多くのプロのインパクトは左手首がインパクトで真っすぐに伸びているか、もしくは手のひら側に折れています。

 

アマチュアの多くのインパクトは左手首が甲側に折れています。

この違いが分かったら、ハンドファーストでインパクトする重要性に気づけます。

生徒
左手首を意識したことがありませんでした。意識して手のひら側に折る動きを入れるとなんだか気持ちが悪くて・・・
トシ(レッスンプロ)
ちょっと待ってください(笑)。かなり問題かもしれませんよ。左手首を意識したことがないということは、おそらく90%以上の確率でリリースの仕方がフリップリリースになっている可能性が高いです。ヘッドスピードが速いのであれば、左手首を手のひら側に折ってフェースの開閉を抑えたスイングをするべきですよ。

ハンドファーストでインパクトできないと上手くなれない

 

レートヒットというのはクラブヘッドを遅らせてハンドファーストでインパクトできた結果です。

ボールを打ちに行くとこのレートヒットはなかなかできません。

レートヒットするためには、トップからの切り返しで下半身から始動していき、動画でお伝えしているように左手首が手のひら側に折れているつもりでインパクトを迎えます。

切り返しからは、インパクトに向かっていくに連れて左手の甲を地面に向けるような感覚になるのですが、この地面に向けていくような感覚と言っても伝わりづらいかもしれませんので詳しく説明します。

まず、左手首を手のひら側に折る意識を持つタイミングというのが人それぞれ異なると思います。

例えば、バックスイングからトップにかけて、左手首を手のひら側に折ってしまう。

例えば、切り返しから左手首を手のひら側に折ってしまう。

例えば、インパクト直前に左手首を手のひら側に折ってしまう。

だいたい、この3パターンがあります。

海外ではこの左手首の動きをカーリングと呼ぶこともあります。

またはドライブホールドリリースという表現もしますね。

左手首を手のひら側に折ることによって、インパクト付近でクラブフェースの開閉を抑えてROCを安定させる効果があるのです。

プロもタイプによって別れる

ダスティンジョンソン、ジョンラーム、ケプカ、タイガーウッズなどは、バックスイングからトップにかけて左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

ちなみに、このタイプがもっともシンプルで簡単です。

僕もこのタイプです。

ちなみに、左の手首を手のひら側に折るというわけではなくて、右手首を甲側に折るという方が僕の場合はしっくりきます。

松山英樹、マキロイ、アダムスコットなどは切り返しから左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

切り返しの瞬間に左手首が手のひら側に折れる動きが入りながら切り返すということです。

ベンホーガン、ジャスティンローズなどはインパクト直前から左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

このようにそれぞれ左手首を手のひら側に折るタイミングは異なり、どれがおすすめかというのは人によって異なりますので、どれがいいとかは言い切れませんが、もっともシンプルなのはバックスイングからトップにかけて左手首を手のひら側に折ってしまうタイプです。

そうすると、ダウンスイングで手元は何もしなくて下半身から切り返してそのまま、ハンドファーストのインパクトを迎えることができやすいからです。

 

3つのタイプを実践して良いものを選ぼう

あなたも自分がどれがしっくりくるかを実践から選んでみてください。

3つあるタイプの中から自分に合ったものを選んでみるということです。

ハンドファーストのインパクトを迎えるために左手首に関してお伝えしてきましたが、もちろん他の要素も整っていないとハンドファーストでインパクトすることはできません。

 

例えば、ダウンスイングで左へ突っ込んでいくという場合は、ハンドファーストでインパクトできても左サイドがフォローで詰まってしまって左ヒジが引けてしまったりしますし、また切り返しから右手の指でクラブをギュっと握ってしまう癖がある場合は、早い段階でクラブをリリースしてしまいますので、ハンドファーストではなくハンドレイトでインパクトしてしまいやすくなります。

 

ハンドレイトでインパクトすると打ち出しから高い「ぽわーん」とした力ない球しか出ません。

このパターンに陥っている人は「クラブヘッドを先に振る」とか「ヘッド打ち」などのイメージや意識をしている人に多く、いわゆる「すくい打ち」になっていて本人は思いっきり振っているのに飛距離が出ない。というパターンに陥ります。

本人はすくい打っているつもりではないけど、実際はすくい打ちになっているというパターンです。

完全に手首の使い方が間違ってしまっているというのが原因です。

レートヒットができずに悩んでいる場合は、レートヒットするための押さえるべきポイントを公開!知らなきゃ損!も読んでおいてください。

そして、グリップの握りもだらしなく右手の人差し指と親指の間に大きな隙間ができています。

ちょっと話がそれてしまいましたが、今回動画でお伝えしている左手首の使い方をとりあえずは参考にしてみてください。

ハンドファーストのインパクトを覚えることが飛距離アップと方向性の安定につながりますからね。

なんだかんだでハンドファーストで打てるようにならないと球は飛ばないし曲がるしという結果になりやすいですからね。

ハンドレイトでも器用に体を伸びあがらせながらタイミングを合わせて腕を返すというスイングもありますが、個人的にはいわゆる手打ち要素が強いスイングはおすすめしません。

なんだかんだで見た目もダサいですしね(笑)

生徒
左手首の重要性勉強になりました。ハンドファーストに打つためには必見の内容ですね。これは多くのアマチュアゴルファーの気づきになると思います。
トシ(レッスンプロ)
リリースの仕方を間違っていると方向性の安定しないゴルフに悩まされることになりますからね。ぜひ左手首の重要性に気づいてそこを修正してほしいですね。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させて80台、70台を出していける再現性の高い正しい体打ちスイングを身に着けたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガ登録もそうですがLINEのお友達追加もよろしくお願いしますね。

登録特典として、「今すぐスコアを8つ縮める秘訣」というレポートをプレゼントしていますので必ず読んでおいてくださいね。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。