ダウンスイングで縦振りの感覚を掴むためには?

どうもトシです。

ボールを遠くまで飛ばしたいとかボールをまっすぐに飛ばしたいというのは誰もが考えることだと思います。

ドライバーを手にするとやはり遠くへまっすぐにボールを飛ばしたいという感情が生まれます。

では、この「ボールを遠くへ飛ばしたい」「ボールをまっすぐに飛ばしたい」という二つの感情がありますがゴルファーならどちらの感情を持つといいのか?

頭の中でどちらを優先するべきなのか?

 

僕の経験として両方を求めているとやはりうまくいきませんでした。

 

ゴルフを始めた当初から、ボールを真っすぐに飛ばすことよりもボールを飛ばすことを考えて一生懸命やっておけばよかったと思います。

そのほうがゴルフがうまくなる近道のような気がします。

ゴルフはボールをまっすぐに飛ばすことだけを前提にすると難しくなります。

まっすぐに飛ばすというイメージは捨てたほうがいいです。

もちろん、飛距離と方向性の両立はできます。

それはLINEの限定動画にてこっそりと教えていますので受け取っておいてくださいね。

生徒
早速LINEの友達申請をさせていただきました。これから飛距離と方向性の両立が楽しみです。
トシ(レッスンプロ)
ぜひ、再現性の高いスイングを身に着けてカッコいいゴルファーになってくださいね^^

ダウンスイングは縦振り?

話を戻しますね。

ダウンスイングは縦振りだと思います。

ダウンスイングでどういったイメージで振るかは人それぞれですが、これはとても大事です。

プロゴルファーの人はもともと生まれながらのボーンゴルファーだと思います。

若い時から先生や身近なプロからスイングを教わり、また彼らのスイングを目に焼き付けてきたと思います。

そのようにして育ってきたプロに対してサラリーマンからゴルフをスタートする人では違います。

頭でスイングを作ろうとすると治すのに厄介なイメージを体に覚えこませてしまっているため生まれながらのボーンゴルファーには必要のない縦振りのイメージを作らなければならないからです。

縦振りのイメージがないとダウンスイングがどうしようもないのです。

プロとドライバーの飛距離が違うのはダウンスイングで決定的な違いがあるからです。

ダウンスイングを始動するときに「飛ばしたい」もしくは「まっすぐに飛ばしたい」と思うと決まって右肩と右手が速くボールに近づいていってしまうのです。

こういう方に多いのが、上体が突っ込んでいくという形ですね。

でもトッププロの分解写真などを見るとそんなことは全くありません。

下半身がアドレスの位置に戻るにつられるように両手はそのまま真下に下りてきます。

正確に言えば完全に真下というわけではないですが、体の回転がありますので若干手元は前に出ながら下に下がっていきます。

そして、このダウンスイングの動きや体勢がアマチュアとプロではあまりにも違いがあるのです。

下半身は飛球線方向を目指して動いているのに対して上半身はまだ右足の上にあるのです。

それからその位置で回転しているのです。

つまり極端な事を言うと右ひざの上で回転しているイメージです。

この感覚を練習で取り入れてスイングしてみると今までには味わったことがない気持ちの良い感覚で振りぬくことが出来やすくなります。

 

ダウンスイングで手はボールに近づけるではなく真下に下す

右ひざの上で上半身を回すように意識することで、今まで手を真下に下す感覚が分からなかったのが分かるようになりやすいです。

僕もはじめはこの感覚が生まれてからクラブを好きな方向へ振り切ることが出来るようになりました。

右ひざの上で上体が回転することにより手元が勝手に真下(正確には少し前に出ながら)に落ちてくるのです。

この時に手の感覚は横から払い打つのではなく真下に下す感覚で縦振りになっています。

この感覚を身に着けるために上半身は右ひざの上で回転することです。

 

そうすることでボールを打ちに行く動作を抑えることが出来ますし、また下半身の始動によって両手をボールに近づけようとするのではなくて真下に下すように振るという感覚が生まれます。

つまり手は縦に使う真下に下すです。

この感覚がダウンスイングの始まりに必要となります。

ただ、注意してほしいのですが手元を真下に下ろそうとしてもクラブヘッドが背中側に降りてきてくれないと意味がありません。

この背中側にクラブヘッドが下りてくるヘッドの軌道がとても重要となります。

切り返しでヘッドが背中側に落ちることによってシャフトが寝てくれます。

シャフトが寝る動きを入れるために、ヘッドを落とすというイメージでもいいですがこの動きが切り返しを成功させるためにとても重要となります。

腕を真下に下ろすということをイメージすると、切り返したときにグリップエンドを地面に向けて突き刺すように下ろそうとする人がいますが、このイメージは間違いです。

グリップエンドは逆に空を向けるぐらいのつもりでクラブヘッドが下に垂れるイメージが必要です。

そのためには、切り返しから左の手首を手のひら側に折ってみると、分かりやすいでしょう。

いわゆる左手首を掌屈させる動きを入れてみるとクラブヘッドが下に落ちるのです。

そのまま、手元を下に下ろしていくとかなりクラブをインサイドに下ろせるようになっていきます。

それに合わせて体を回転していくことによって、インサイドからプレーンに乗る軌道を作ることができます。

この感覚がアマチュアゴルファーにはありません。

トップからボールを叩きに行く意識だったり、真っすぐ飛ばしたいからということでフェースの面を綺麗にボールに当てに行く意識であったり、イメージや意識だけで本来の正しい動きとは随分違った動きになってしまうのです。

 

縦振りのイメージでも、回転は止めない

結果的にスイングで体は回転しますので、縦振りだと思って腕を上から下に振り下ろすというイメージを持つことは正しくありません。

これではほとんどの人が間違いなくアウトサイドインのスイングになってしまう。

もしくはトップで胸を右へ向けたままグリップエンドを地面に向かって手元だけを下に下ろしてその後に回転するといったスイングになってしまうことでしょう。

いわゆる体をクローズに開かずに使う意識が生まれてしまうのですが、この意識がまたゴルフを難しくしてしまいます。

インパクトに向かって体は開いていいものだと思ってほしいですね。

ゴルフの体を開くのは間違い?肩が開くと悩む前に本当の意味を理解しよう

2019.06.25

ほとんどの人が、縦振りと聞くとクラブも縦に振り下ろすものだと思ってしまいがちですが、本質はそうではないという事に気づいてほしいですね。

またゴルフは野球のように横振りでもないので、難しく考えてしまいがちです。

地面にあるボールでなおかつ前傾していますので、それがゴルフスイングを難しくしてしまう原因になっていることは間違いないのですが、理にかなった打ち方というのはイメージや意識を変えることから生まれてくるものです。

あなたが満足のいかないショットに悩んでいるというのであれば、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

僕がゴルフを始めて1年後にパープレーを達成したスイングの本質と核心の部分を教えていますのであなたも劇的にショットが上手くなることを期待していいですよ。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。