ドロー打ちにおすすめのアドレスとは?腕のローリングでつかまった球を打つ方法

どうもトシです。

クラブヘッドを加速するためにはフェース面のことはあまり考えないようにしたほうがいいでしょう。

「いきなり何言ってんの?」と思われるかもしれませんが。

ドローを打つのを諦める人は体の回転とヘッドの運動量を一緒にしてしまう傾向があります。

だから、たとえつかまったとしても弱々しい弾道で飛んでいくので、飛ぶドローボールにはならない。

 

まず飛ばしたいのであれば曲げないことは頭から外さないといけない。

曲げずに飛ばそうと思うのでうまくいかない。

飛ばしたいのなら、曲げないことは頭から外して練習することが大事です。

 

曲げないことを考えるとフェース面をスクエアに戻すことに意識が働きます。

このように意識している間は速く振れないでしょう。

フェース面の管理を考えないこと。

 

フェース面の管理を考えてしまったらヘッドはいつまでたっても加速しません。

まずはヘッドの加速を考えることが大事なんです。

 

最初は曲がりそうでこわいかもしれませんが、ヘッドスピードが上がることにより軸が安定してきます。

 

コマを想像してください。

速く回るコマほど安定していますよね。

 

つまり速く回るほど軸ぶれしにくいわけです。

ハンドファーストに構えることでインサイドアウトに振りやすくなりますが、ヘッドを走らせないことには本物のドローは打てません。

 

ではヘッドを走らせるためにオススメのアドレスを紹介しましょう。

トシ(レッスンプロ)
はじめに言っておきますが、今回の内容は手打ちでもドローボールを打ちたいという方のためのレッスンとなります。いわゆる腕のローリングを使って球を捕まえる方法となりますので、その辺はご了承ください。

ドローボールを打つためにおすすめのアドレスの形とは

 

これは極論言いたくないのですが、あえてアマチュア向けのレッスンとして言わせてもらいます。

ドローを打つためには体を閉じたまま振るということ。

この体を閉じたまま振るというイメージで腕のローリングによって球を捕まえるという方法が簡単にドローボール(フック系)に球筋を変えることができやすいです。

何度も言わせてもらいますが、これはあくまでアマチュア向けのレッスンになります。

 

そして、体を閉じてクラブをインサイドアウトに振るためには、つまりシャフトがなぞるスイングの面が右に向く必要があります。

なのでまずは、発射台となるアドレスを作ることが大事。

ヘッドを走らせるのはその後からです。

アドレスで左手をだらーとさせて右手を左手に寄せる形で横から握ります。

そうすることで、自然と右肩が下がり上体の軸を少し右に傾ける逆K字の形になります。

右肩が下がった状態のアドレスを作ることによって、ダウンスイングでクラブをインサイドから降ろしやすくなるのです。

また、手元を少しだけ目標よりに出すことにより右肩が下がりクラブが通るスイングの面を右向きにイメージしやすくなります。

つまりヘッドをインサイドの低い位置から入れやすくなります。

最初のひと月ぐらいはインサイドアウトに振り、まずはボールを右に飛ばすことから始めてみるといいでしょう。

 

まだこの時に右に出て右に曲がっていったとしても大丈夫です。

いわゆるプッシュアウトスライスが出るようになるまで目標の右へ出て右に曲がっていく球筋でもいいので打ち続けてみましょう。

右に出すことが大事なので半分できていると思っていいでしょう。

これを繰り返し行い右に打ち出す感覚を覚えていくことからはじめましょう。

いわゆるインサイドアウトに振るという感覚を掴むためにこういったことを言っているわけですが、流行りの魚突きドリルというのもこういった意図に似ています。

魚突きドリルゴルフ理論のスイング効果を評価!ドライバーカットスライスが直る

アマチュアゴルファーがフェースをターンさせて球を捕まえていくという発想はこういったドリルで言われていることを守っていれば手の返しにより球を捕まえることはできるようになるものです。

まあ、個人的にはこういった方法はプロ向きではないのでレベルの高いゴルファーになりたいのであればあまりおすすめしませんが。

右へ打ち出したら左へ戻すために腕のローリングを意識

右へ打ち出せるようになったら、今度は腕のローリングを意識してみましょう。

インパクト前から、いわゆる左腕を右腕が追い越すイメージで腕を返すということです。

そうすることによってフェースターンが生まれます。

フェースターンが生まれることによって球にフック回転がかかるようになります。

フック回転がかかるようになれば右へ出たボールが左へ曲がりながら戻ってくるようになります。

いわゆるテニスや卓球のフォアハンドのようなイメージで右腕を返すことによって、腕のローリングでインサイドからクラブを入れてきて、フェースターンによって球を捕まえるという感覚を掴みやすくなります。

いわゆる目標の右に向かって振るようなイメージで腕を返すわけです。

この練習を繰り返していると右へプッシュアウトして吹けていってしまっている球がつかまるようになっていきます。

これでアマチュアの手打ちの方でも簡単にドロー系の球を打てるようになりますが、ぶっちゃけ個人的にはあまりこの方法でドローを打つことはお勧めしません。

日本のレッスンで巷でよく言われるドローボールの打ち方というのはこういった体を開かずに腕を振る(ローリング)で球を捕まえましょうというレッスンがめちゃくちゃ多いからです。

昔の僕もこのスイングでドローが打てるようになったと思って安堵していましたが、実はコースに出ると再現性の低いスイングであることに気づかされます。

腕のローリングで球を捕まえるというスイングでは、非常に飛距離もロスしますが、方向性も安定しないからです。

なにより前傾を起こしながら(伸びあがりなら)打っていきますので、手の返しのタイミングによって右にも左にも曲がってしまいやすいリスクが高いスイングになってしまいます。

見た目的にもカッコ悪いスイングになってしまいやすいですしね。

あなたがインパクトで伸びあがって前傾が起きてしまっているという場合は、腕の返しに寄るスイングになっているということが言えます。

こういった人はアイアンではインサイドから入れすぎてダフリも出やすくなります。

コースでダフりが多い人にお勧めのダフリを防止する練習方法と中級者に多いスイングパターンも読んでおいてください。

 

手打ちのゴルフには限界があります

日本のレッスンは手打ちを推奨しているものばかりです。

ハッキリ言って、僕はこの手打ち理論が世の中のほとんどのゴルファーを伸び悩ませてしまっている根源だと思っています。

同じようにゴルフを始めた当初、例外なく僕もこの日本中にはびこっている手打ち理論にまんまと騙されていたのでよく分かるのです。

手打ちによって自分のポテンシャルを発揮できないままゴルフを引退していく人を何人も見てきました。

もしくは、手打ちでも100切りなどそこそこのスコアーで回れればそれでいいと思われている方もいますので、そういった方には無理強いして手打ちからの脱却は進めませんが、もしもあなたがこれからゴルフを周りの人たちよりも圧倒的に上達させたいと思うのであれば、僕がゴルフを始めて半年で82をマークし、1年後にはパープレーを果たしたスイングメソッドを惜しげもなくメルマガでお伝えしていますので、メルマガ登録しておいてください。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシの無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。