トップからの切り返しは車のローギアのように「ゆっくり」行うと力む癖が直る

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうも、トシです。

今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

というわけで、今回のテーマは【切り返しはゆっくりじわーっと時間をかけて】です。

 

ダウンスイングに移行するときに切り返すわけですが、このバックスイングからトップそして、ダウンスイングへ移行する時の切り返しの時にゆっくりとじわーっと切り返すことが大事です。

結論言いますけど、切り返しを焦って行っているアマチュアゴルファーがほとんどです。

 

スイングに再現性のない人に限って切り返しを焦って手打ちになっています。

トップから腕の力を使って毛細血管が浮きでるかの如く腕でクラブを引っ張り下ろしてくる人がいますが、これではスイングに再現性は生まれません。

腕で引っ張り下ろすと毎回タイミングを合わせるのが難しくなります。

腕は器用なので切り返しを腕を引っ張り下ろす動きに頼りたくなりますが、腕を引っ張り下ろさない切り返しを覚えることが大事ですね。

高い再現性のスイングを目指さされるのであれば切り返しはゆっくり行う事です。

クラブを後ろ回しするように手首はシャローイングすることができればゆっくり切り返すというコツを掴むことができます。

切り返しの手首についてはゴルフ切り返しでタメを作る右ひじの使い方と手首とクラブの関係性を分かりやすく解説を読んでおいてください。

 

ダウンスイングの初期での注意点

ダウンスイングの初期段階ではこのように切り返しをゆっくり行うわけですが、なぜゆっくり切り返すイメージが必要なのか?

これを説明しますね。

バックスイングからトップへいって、トップからダウンスイングへ移行するわけですがこの時に下半身リードで切り返していきます。

 

人によれば左ヒザをインパクトへ向かって伸ばしながら切り返すとか。

右ヒザを左ひざに寄せるように切り返すとか。

左腰を飛球方向へ平行移動させるように切り返すとか。(これはバンプという動きでスエーを引き起こす原因tなりますので辞めた方がいい)

 

色々と切り返しで言われることなどありますが、いずれにしてもこれらの動きは「ゆっくり」行う事です。

切り返しを一瞬で終わらそうなどと思って高速で行う事はおすすめしません。

 

イメージとしてはじわーっとゆっくり切り返している感覚です。

 

車で例えるならいきなりトップギアに入れるのではなくて、じわーっとローギアで切り返すということです。

 

この切り返しの時にゆっくりをイメージをして切り返すのですが、おススメは右足の内側のくるぶしを地面に押し付けるようなイメージでゆっくりと切り返すことによって、右ヒザが入り、それに伴って右腰も入って力強いインパクトを迎えることができやすくなります。

下半身が止まって上半身(腕に頼って)でクラブを引き下ろしてくる癖がついているという場合は、下半身が止まらないように気を付けてください。

このように下半身の粘り(右足はベタ足のつもり)で切り返すことによって、トップから手元は自然落下してきます。

いわゆるお盆持ちの形のまま右手のヒラが上を向いたまま落ちてくるという事です。

そして、この右手首は尺屈する動きが入りますので、クラブが背中側に落ちてくるようになるのです。

 

この表現の仕方は人それぞれあると思いますが、トップから手元を引き落としてくるなどといった手元を操作するという意識は不要です。

下半身からゆっくりと切り返すことにより、手元は右腰あたりまで下りてきてくれます。

下半身から正しく切り返せると上半身と下半身の捻転差を感じながらダウンスイングすることができます。

 

そして、クラブはヘッドはインサイドから下りてきてくれます。

正しく切り返しができると、上体が左へ突っ込むことはありません。

切り返して手元が右腰あたりに下りてくるわけですが、このときに重心はまだ右に乗っています。

もっと言うなら右足の内側部分にパワーが溜まっています。

そして、胸はまだ右下を向いています。

これはスイング中のほんの一瞬の出来事なんですが、ここを「ゆっくり」をイメージして行うことが大事です。

 

右足の内側のくるぶしを地面に押し付けるように使うことによって、腰が入りパワーが球に伝わります。

これが正しいインサイドアタックするための準備になります。

 

切り返しでゆっくりをイメージできない人は打ち急ぎを招きます。

打ち急いだら手打ちになります。

ダウンスイングで手を使ってクラブを下してきますので、スイング軌道はアウトサイドインになります。

そしてインパクトでフェースは開いてしまいます。

よく、すくうような打ち方をしている人は全部この悪い動きが入っています。

右手が悪さをしているという人はすくい打ちになります。

 

すべてはトップからの切り返しを上手くできないことによっておこるミスですが、このように切り返しというのはゴルフスイングにとても重要な要素が詰まっています。

 

バックスイングからトップにいってそこから「ゆっくり切り返す」イメージがある人は打ち急ぎませんのでインサイドから確実にクラブが下りてきてくれます。

もちろんバックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込んでしまわないということができていればの話になりますが、今回は切り返しの部分についてお伝えしていますのでバックスイングの事は省きます。

バックスイングでクラブをインサイドへ引っ張り込み過ぎていないかはテイクバックをインサイドに引きすぎる癖を治して縦振り習得を読んで確認しておいてください。

あなたが正しいインパクトを迎えたいというのであれば、必ず切り返しというのはゆっくり行うという事を忘れないでくださいね。

これができたら当たり前に飛距離が伸びますし、安定したスイングができるようになります。

 

下半身リードを覚えるもう1つの方法は、スクワットを取り入れる

切り返しの下半身リードができないという人は、スクワットする動きを取り入れてみてください。

切り返しから両膝を曲げるようにスクワットするイメージで下半身を使ってみると、下半身の蹴りを使えるのでボールが飛ぶようになります。

地面を掴んで蹴るという表現がぴったりですね。

この下半身の動きに関しては、切り返しの下半身始動の意味は両ひざを曲げる動きが正解を読んでおいてください。

下半身リードの方法は色々とありますが、右膝をキックインするタイミングが速いと腰が左へ流れてスエーしやすくなりますので、できれば地面を踏むようにスクワットの動きを入れるなどされるといいですね。

そうすれば、腰が左へスエーして流れるということもなくなってきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

もっと詳しく再現性の高い正しいスイングを作っていける切り返し部分に関しても知りたいという場合は、その詳しい内容はメルマガ限定でお伝えしています。

 

僕がゴルフを始めてわずか半年でスコアー82をマークしたスイングのキモの部分などもお伝えしていますのでお楽しみください。

また、あなたがこれから当たり前に70台を出して周りのゴルファーをスコアーで圧倒してみたいという場合も、短期間でゴルフが上達するノウハウをメルマガで垂れ流していますのでお楽しみ下さい。

ゴルフをはじめてたった半年でシングルになった無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。