ゴルフ手打ちでもうまくなるためのダウンスイングの感覚と意識するドリル

どうも、トシです。

手打ちで上達する方法として、前回、前々回からお伝えしていますが、あなたが手打ちでもこれから100切りを目指したいという場合は、参考にしてみてください。

手打ちだからといって上達できないと思われている方も多いですが、たしかに手打ちには限界があります。

 

100切りぐらい(90台後半)ぐらいまでなら手打ちでも可能だと思いますが、やはり90切り、80切りを安定させるには手打ちを克服しないとなかなか難しいと思います。

手打ちでは飛距離も方向性も安定しませんので、これはどうしてもコースに出るとリスクが高いスイングになってしまいますので、手を返すタイミングが狂ってくるとインパクトが安定しなくなってしまいます。

それでも、手打ちで何年もゴルフをしてきているゴルファーなら僕がお伝えしていることも今後取り入れていくことで、これまでの手打ちスイングを矯正することなくある程度は上達していけるはずです。

というわけで、手打ちゴルファーにとって一番難しいスイング中の動きであるダウンスイングについてお伝えしたいと思います。

生徒
手打ちでも上達できるのであれば、その方法も知っておきたいです。
トシ(レッスンプロ)
周りの方にアドバイスできるぐらいの手打ちの知識は持っておくといいかもしれませんね。参考にしてください。

 

手打ちゴルファーがスイングを難しくしてしまう理由

なぜ手打ちゴルファーにとってダウンスイングが難しくなってしまうのか?

それはバックスイングでクラブを担ぎ上げるように手を使ってバックスイングしていることが多いのです。

このように手でクラブを上げていき、トップに行きますが、そこから体でダウンスイングをしましょうと言われても、手を使ってバックスイングしていますので、ここから下半身先導でダウンスイングしましょうと言われても、手でクラブを上げているわけですので、体の動きだけでは到底クラブをスクエアに戻すことができません。

 

なので、ダウンスイングでは手を使ってクラブを戻してくるという動きが必然的に必要になるのです。

手であげたものは手で下ろしてくるという事が望ましいです。

なので、手を使ってクラブを下してくるという動きが必要になってくるわけなんですね。

 

そして、このように手を使ってクラブを戻してくることによってたいていは力みが生じてしまいますので、ダウンスイングでタイミングが狂ってしまうと右へ左へと球が散らばってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

手打ちの場合、ダウンスイングに入ってもクラブがインパクトでスクエアに戻らないので必然的に手でクラブを下さなければならなくなってしまいます。

そうなるとフェースが戻らずにとても不安定なインパクトになってしまいます。

 

では、この対処法なんですが、手打ちの人は手でバックスイングしてしまうので、体打ちの人と同じようにダウンスイングするとクラブフェースがインパクトでスクエアに戻らないので、スライスになったり巻き込んでフックしたりします。

ここで、手打ちゴルファーは必ず体の回転の動きに合わせて腕とクラブを合流させることが大事です。

 

腕と体の回転を合わせるためには体は回さない意識を持つこと

この合流させるポイントというのがトップに来てダウンスイングで手とクラブを真下に落としていく動きが必要となります。

トップから少しでも手を使ってボール方向に引っ張ってしまったらもうその瞬間にクラブをスクエアに戻すことができません。

左腕でリードしたり、体を回転したりすると手でバックスイングをするゴルファーはトップでオープンフェースになっている可能性が高いので、体を回すとさらにオープンフェースになっていわゆる振り遅れ状態になってしまいます。

 

なので、手元の力が抜けてしまって構いませんので、トップからダウンスイングでまっすぐ手元を下におろしてくることです。

 

この下におろしてくる感覚を先に持ってみてください。

そこから、手が下りてきて体を回転させるという2段階で考えてください。

この感覚の2つがタイミングが合って合流することによってフェースがインパクトでスクエアに戻ることになります。

 

特に女性でスライスが止まらない人はこの切り返しのポイントでうまく手を真下におろしてくることと体の回転を合流させることができません。

なので、男性以上に極端にトップから背中の後ろ側にクラブを下してくるようにしましょう。

 

力を抜いて手とクラブを真下におろしてくること。

それに体の回転が合流することによって手打ちでも方向性が安定するショットを打つことができるようになります。

手打ちをきわめて上達したいという場合はこのダウンスイングを意識してみてください。

手打ちでうまくなるためのインパクトとフォローの意識も読んでおいてください。

 

手打ちでは飛距離が出ないという悩みに陥る

手打ちを続けているとそのうち「もっと飛ばしたい」という願望が出てきやすいです。

体を十分に使ってスイングをして気持ちよく飛ばしたいという願望が出てくると思います。

昔、僕も同じように思ったことがあるのでよく分かるのです。

せっかくゴルフにのめり込んでいるのであれば手打ちではなく、体を使って飛ばすスイングを身に着けたいと思うことでしょう。

もしも、あなたがこれから方向性も飛距離も両立してレベルの高いスイングがしたいというのであれば、ぜひ手打ちからの脱却をおすすめします。

下半身からスイングをリードするということを覚えることによってカッコいいスイングでゴルフができるようになります。

「俺はもう手打ちで十分だから」というのであれば、それでいいと思いますが、将来的にもっと上のレベルを目指してゴルフをしたいという場合は、やはり下半身リードであるボディターンスイングをマスターすることをおすすめします。

その方が結果的にゴルフを楽しめると思いますし、周りのアマチュアゴルファーをスイングでもスコアでも圧倒することができるようになるからです。

あなたがもしも手打ちではなく、ボディターン(海外ではヒップターン)を覚えたいのであれば、切り返しの下半身始動の意味は両ひざを曲げる動きが正解を読んでおいてください。

切り返しの下半身リードのコツを掴むことができると思います。

 

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させて、周りのゴルファーをスコアーで圧倒したいという場合、
80台、70台を当たり前になるスイングのキモをメルマガ限定で伝授しています。

【無料メルマガ】ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出した最速ゴルフ上達法

サイトではお伝えしていないスイングの核心部分をこっそり教えていますので読んでおいてくださいね。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。