切り返しの下半身始動の意味は両ひざを曲げる動きが正解

スポンサードリンク

ゴルフの飛距離アップとスイングの正確性(ダフリやトップ)をなくすための方法として今日もそのワザを紹介したいと思います。
ゴルフのスイングで僕が大事だと思うところにバックスイングからダウンスイングに移行する切り返しがあります。
テークバック、バックスイングとうまく行っても切り返しでミスってしまったらその後のスイングはアウト。

切り返しがアマチュアゴルファーが最も苦手とするスイングのポイントだと思います。
切り返しがうまくできないゴルファーはショットに安定性がありません。
プロ顔負けのテークバック、バックスイングができたとしても、切り返しがスイングの中で最重要項目だと思います。
なぜショットに安定性がないのか?

それは切り返しが下手だから。
ずばりこれにつきます。
切り返しでよく言われることがあります。
下半身始動。

この下半身始動と言われて多くの人は一生懸命下半身で切り返し努力をしますが、大抵の人は切り返しで腰から回転させるものだと思っています。

もしくは左足を踏み込んでとか、ダウンスイングは左腕で引っ張ってくるとか。
これらのことを雑誌や本を見て実践してきた人は多いでしょう。
でも、なぜかうまくいかない。

下半身始動だと思って一生懸命体重を右から左へ移動させようとか思ったらアウトです。
バックスイングで右に乗せた体重をダウンスイングで左へ乗せるなんて考えない方がいいです。

考えるとスイング軸がブレるのがほとんどの人が陥るところです。

左腕で引っ張ってくるという考え方もよろしくありません。
この考えでダウンスイングをすると体が左へ突っ込む形になって結局振り遅れになったりそれを嫌がって手首をインパクトでこねる動きをしてしまいがちです。
完全に手振りになります。
腕を振るというのはゴルフスイングで意識する必要はあまりないです。
初心者のうちは腕の振りに意識を向けてフェースローテーションの練習をすることは良いと思いますが、それができるようになったら腕を意識して振る必要はないです。
バックスイングからダウンスイングへ移行する切り返しで意識してほしいのは膝です。
よくプロが言う切り返しの間。という表現があります。
または、クラブの自然落下。など言われる。
クラブの自然落下というのは切り返しで生まれます。
この感覚が分からないうちは手振りです。
自然落下はどうしたらできるのか?
それは切り返しで腕を使ってクラブを引き下ろしてきたらできませんし、分かりません。

この切り返しを行っている以上、あなたのゴルフはそれ以上上達することはないでしょう。
切り返しから膝を使ってクラブを下してくる意識が大事。

つまり切り返しで両ひざを曲げる。
この時に腕は使いません。

トップの位置に上がったら、膝を曲げて沈む。
これにより腕は自然落下してきます。
そして、クラブも勝手に下りてきます。
ゴルフが回転運動だと思って一生懸命切り返しから腰を回しているうちはこの感覚は分かりません。
もしくは切り返しから腕を使ってクラブを引き下ろしてきている人もこの感覚は分かりませんし、ミスショットが直りません。

ゴルフを上達させるためにはこの切り返しの間を作れるようになることが必須です。

これが出来ない人は上達できないと言っても過言ではないでしょう。
さて、バックスイングからトップへ行ったら両ひざを曲げて沈み込む。
これができたら肩よりも下の位置に腕が下りてきます。
腰の位置ぐらいまで下りてくると思います。
この一瞬の間が作れたら後は体が勝手にクラブを振りぬいてくれます。

腕を使ってクラブを下してきていた人は気づくでしょう。
下半身始動の意味と、下半身の力を使ってボールを飛ばせるという意味が。
よくブランコのこぐ動作がゴルフスイングに似ていると言われますが、その通りだと思います。
ブランコをこぐ時、勢いをつけるために両膝を曲げて伸ばす動きをしますね。

振り子運動で振られて切り返しの頂点にきたら、両ひざを曲げて伸ばす。

すると振り子運動に勢いがついて加速するのが分かるはずです。
ブランコで遊んだことがある人はあの感覚を思い出してください。
実はあのブランコをこぐ下半身の使い方がゴルフスイングの切り返しで必要な下半身の動きなんです。

これができて始めて下半身始動の切り返しが上手くいきます。
沈み込むというのは頭の位置がアドレスの位置よりも下がります。
頭の位置って動かしたらいけないのでは?
頭は動かすなと言われ続けてそれを忠実に守ってきた人にはわからないでしょう。
プロは例外なくダウンスイングで沈み込みます。
顕著に沈み込みが分かるのがタイガーウッズやマキロイですね。

https://youtu.be/r420W9tnUbk

このマキロイのスイング動画を見てもらえたらわかります。

英語で解説されてますが、「スクワット」という単語が出てきます。

切り返しからつまり両ひざを曲げてスクワットの動きを入れているからです。

 

頭の位置がアドレスよりも高い位置でインパクトを迎えているプロは一人もいません。
みなアドレスよりも頭の位置が低い位置でインパクトを迎えています。
手振りの人は皆、アドレスの頭の位置よりも高い位置でダウンスイング、インパクトを迎えています。

だから、手を伸ばしてボールに当てに行ってしまうためダフリやトップが出るし、力のない飛距離の出ない球を打つのです。
頭を下げなさいとは違います。
切り返しは両ひざからです。
両ひざを曲げて切り返しが始まります。
そして、両ひざが伸びながらインパクトを迎えます。
ジャンプするときに膝を曲げて下に貯めた力を膝を伸ばして開放するのと同じです。

このジャンプの感覚もゴルフスイングで大事になる。
バックスイングからトップに行くときに膝を曲げるのではなく。

トップからダウンスイングの切り返しで膝を曲げる。
これができるようになったらあなたは手振りからおさらば出来るでしょう。

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

スポンサードリンク