スポンサードリンク

gurippu2

 

ゴルフスイングの大事な要素に手首の使い方があります。

手首の使い方がうまくないとゴルフスイングが乱れます。

手首を固定してスイングすることはよく言われています。
ほとんどのレッスン書やゴルフ雑誌にもスイング中に手首を無駄に動かさないことを唱えられています。

スイング中に手首を動かさない意識は正しいですが、
ゴルフスイングはアドレスの手首の形にインパクトで戻してくることでスクエアなインパクトを迎えることになります。
でもこれがなかなか難しい。

アドレスからテークバックに入り、トップの位置にきたときには手首にコックが入っています。

コックというのは左手首が親指側に折れて右手首が若干甲側に折れている状態です。

トップでコックが入りダウンスイングの切り返しでこのコックをほどく人。

このタイプの手首の使い方をする人はダフリやトップなどのミスが多く、また飛距離不足に悩まされます。
トップでできたこのコックをほどくことなくインパクトまで向かう意識を持つことです。
スロースイングをしてトップからインパクトまでコックをほどかずに下してくる練習をしてみてください。
どうしたらコックをほどかずに楽にインパクトまでクラブを下してくることが出来るか?
左手首は親指側に折れるコックがトップで完成します。

親指側に折れたものをダウンスイングで角度を変えないように下してくるにはどのような動きをしたらいいのかを考えてみてください。

トップでクラブヘッドは背中側にあります。

ヘッドの重みは背中側にあるので左手首のコックの角度をキープしたまま腰の高さまで腕を下してくるとかなり手首に力が入っているのが分かるでしょう。
クラブが寝ないようにしっかりと左手首に力が入り粘ってるのが分かると思います。
力のある人ならいいですが、力のない人の場合手首の力が耐え切れずにコックがほどけてしまいがちです。
では、そんな人はどうしたらいいのか?

ダウンスイングするために、
前回お伝えしたように「切り返しからの前倒し」をしてみてください。
右腕が左腕よりも上にある意識を持ち「前倒し」をしましょう。
そうすることで左手首に力を入れて踏ん張らなくても親指側に折れた角度をキープしならがクラブを立てることができます。

この動きがコックをほどくことなくダウンスイングできる動きになります。
コックをほどかずにダウンスイングできて、インパクトを迎えることが出来るとボールが飛びます。
アイアンはダフリのミスがなくなります。
ゴルフで手首の使い方を勘違いしている人は親指側には折りますが、小指側には折りません。というか、小指側に折るとコックがほどける動きになるためこれはやってはいけない動きです。

手首の使い方で飛距離は変わります。

手首をこねる無駄な動きをしている人は多いです。
ダウンスイングで親指側に折れた手首を伸ばしながら下してくる人は絶対にスイングが良くなりません。

トップで左手首にコックが入ったらそのコックを維持したままダウンスイングです。

そのためには左腕で引っ張って下してきたらヘッドの重みに負けてコックがほどけます。

ほどかないためにコックを維持してクラブを立てる動きを切り返しで入れることが重要なのです。

ゴルフが一気に上達したい方は僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

『無料メルマガ』ゴルフど素人でも半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

repoto
スポンサードリンク