左手1本練習がアプローチの距離感を掴む近道

37a526bc26428625c74e483a4394ed1a_s

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

 

福岡の自宅からです。

昨日に比べて今日の福岡は天気よさそうですね。

 

今回もあなたのゴルフが少しでも良くなるように有益な情報となれれば幸いです。

ということで、今回のテーマは【左手1本打ちで距離感が合う】です。

アプローチで常に寄せワンを狙っていくのであれば距離感が合うことは欠かせない。

そしてこの距離感を磨くためにはキモとなるのが左手です。
距離感アップに効果てきめんなのが左手1本でのアプローチですね。
この練習をしていくとしだいにアプローチの距離感が分かってきます。
アプローチの距離感を磨きたいという人にはこの練習方法を僕はおすすめします。
アプローチの距離感を向上するには手首の角度を変えずにロフトを変化させないことが大事です。

これができることにより安定したインパクトを作ることができるわけです。
そして、これをやっていくと自分の中に基準ができてくるので距離感があってくるわけです。

手首の角度を変えないためにはひじから下をルーズにしないことです。
そして、左手を主体にスイングすることが大事。
ショットの場合は右手で押すような動きも必要になりますが、球を遠くに飛ばすわけではないアプローチではかじ取り役の左手1本でも事足ります。

そして、右手はでしゃばることなく左手についていくような感じになります。
そのイメージの方がうまく行くからです。
なので、練習では右手は腰に当てて、左手1本で打つことをお勧めします。
最初は5ヤードぐらいの距離からでOKです。
そして、だんだんと距離を伸ばすことによって体全体を使って打つアプローチを覚えるようになります。
結果、左手1本でもある程度の距離を打ち分けられるようになります。
そうなったときはかなり距離感が磨かれているでしょう。
なので、アプローチの距離感を養いたいというのであればこのように左手1本での練習を試してみてください。
それでは、今回の内容をまとめると
1、右手はでしゃばらずに左手についていく感じ。左手1本が身に付いたら右手は握らずに添えるだけでアプローチする。
2、アプローチは左手が主役の方がうまくいく。最初は無理なく5ヤード程度の距離を打つ練習を左手1本で行ってみる。
あなたが、今度アプローチを磨いてうまく距離感を掴んでいきたいという場合は参考にしてみてください。

 

片手でうまく打てるようになると両手で打つことが優しく感じるようになりますよ。

 

こういうことを取り入れていくと練習も目的を持ってやるという感じになれますので上達近道になります。
最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させいたいというのであれば僕はその方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフ上達法を配信しています。
ゴルフレッスンプロ(トシ)のゴルフ上達ノウハウ垂れ流しメルマガ

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。