アプローチショットが上手くなる基本はアドレスで腰だけ左へスライドして構える

アプローチショットの基本について吉本巧プロが解説してくれていますのでご確認ください。

 

ゴルフではスコアを縮めるためにアプローチショットの

精度を上げることが必要不可欠です。

 

そこで100切りを目指すゴルファーの方はまずはアプローチショット基本形の打ち方を覚える必要があります。

 

この動画で解説しているアプローチショットの基本形を練習してください。

 

コツとして動画で吉本プロが解説しているように、アドレスの構えで左足に体重を6、右足に体重を4として構えることが大事です。

さらにアドレスで最も注意する点として左足体重にするからと言って、頭まで左へ突っ込まないことです。

吉本プロが言うようにアドレス時に左腰を左へ押し込む形で構えることで、自然と左足体重になります。

 

そして、この左腰を左へ押し込んだ形でアドレスすると、スイング中に軸がブレにくくなります。

アドレスで腰を左へ押し込む形にすることで、「ガチ!」っと左の壁ができ、腰が固定されるのが分かると思います。

この腰が固定される感覚が大事です。

この感覚がないと腰がスイング中にふわふわした感じになって軸ブレしやすくなります。

軸ブレするとスイング軌道がブレるのでダフリやトップといったミスに繋がります。

また、頭も目標方向へ突っ込みやすくなります。

「頭を固定して動かすな!」とあなたも言われたことがあると思いますが、

 

頭を動かさないためには「腰を固定する」必要があるのです。

腰が固定されていればスイング中に軸ブレが起きにくくなるので、おのずと頭も動かなくなってきます。

 

アプローチショットはフルショットとは違い小さいスイングでやさしく振りますのでフルショットとは違い、手首を使って手先で当てに行きがちになりますが、手首はできるだけアドレスの形のままをキープするようにスイングします。

 

つまり手首は固定するイメージが大事です。

 

ゴルフはフルショットよりもアプローチショットのように小さいスイングの方が軌道がブレやすくなります。だから固定するところはしっかり固定しておかないとミスに繋がるのです。

 

また、動画でグリップを短く持つということも解説されていますね。

フルショットとは違いアプローチショットの場合はスイングが小さくなるので、アドレスで体とボールとの距離感もフルショットより近づきます。

 

だからおのずとグリップを持つ位置が短くなるというわけです。また、スタンス幅も通常のショットより足幅が狭くなります。

吉本プロが言うように靴一個分が入るぐらいの感覚でスタンス幅を取ります。

アプローチショットはこのようにできるだけ小さく構えるということが大事。

あなたがアプローチショットが苦手で100切りを目標とするならまずはこの基本の形を覚えてくださいね^^

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。