アプローチ上達の基準はライが悪い時に右足寄りにボールを置いてSWを使用しない

ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

今回もあなたのゴルフ上達のためによろしくお願いいたします。

というわけで、今回のテーマは【ライが悪いときプロが右足寄りにボールを置く理由】です。

 

アプローチも極力普通のアイアンショットと同じように、スイングしたいですよね。

つまりスタンスは目標に対して、スクエアにして、ボールの位置というのはスタンスの中央というのが基本です。

 

アプローチというとなんでもオープンに構えたらいいと思っている人が多いですが、基本は目標に対してのスクエア。

ロブショットのような極端なカット軌道で打つのであればオープンにしますが、なんとなくだけどオープンにしておこうという場合はオープンにするのではなくて、スクエアにしておきましょう。

アプローチはできるだけシンプルにするイメージがある方がいいです。

 

その方がミスを少なくすることにつながりますからね。

また、ボールの位置も右足の前に置くゴルファーが多いですがこれは芝が薄い場合の対処法ですので、いわば緊急事態のときのボール位置だと思った方がいいです。

 

薄い芝で58度や60度を使っていたら、プロでもチャックリしてしまいやすいですからね。

なので、こういったライでは基本的に大きめの番手を持って右足寄りにボールを置いて転がしに徹することをお勧めします。

必ず番手を上げることが大事です。

ボールが右にあったらボールの右にヘッドが接地する余地が少なくなりますので、それだけでもチャックリする確率を減らすことができるという事。

バンスを滑らせるだけのスペースがないからむしろロフトを立てて、パターのようにコツンとボールに当てる要領が大事です。

または、ダウンブロー気味に上からヘッドを落としてボールをつぶすイメージがあるといいですね。

もちろんボールは低く出ます。

ボールを右足寄りに置いたときは間違ってもボールを上げようなどと考えることは絶対にやめてください。

9番アイアンから上のクラブで転がしに徹する考え方で打つことをお勧めします。

とにかく、ピンまで10ヤード以内なら結構寄せることができます。

生徒
ライが悪く冬芝などほとんどベアグランドの状況では基本に転がしに徹した方がいいですよね。
トシ(レッスンプロ)
間違いなく転がしに徹した方がいいですね。ベアグランドなどでは58度や60度は必要ないです。基本的に9番よりも上の番手で転がしを考えたアプローチをお勧めします。その方がチャックリするという最大のミスを防ぐことができますからね。

プロがアプローチにSWを使用する意味とは?

このサイトでも何度もお伝えしていますが、アプローチでSW1本に絞っている人がいますが、これはおすすめしません。

 

アプローチというとSWでしょ。みたいな感覚になっていませんか?

たしかにプロはSWやロブウェッジを多用することが多いです。

でも、これには理由があります。

プロがSWを使用する理由は

・フルショットしてももっとも飛ばないクラブだから

・シャフトが短いため操作性がいい

・ロフトがあるため、もっとも高いボールが打てて、なおかつスピン量が多い

・フェースを閉じたり、開いたりすることでさまざまな球筋が打てる

これらの4つです。

たしかに、この4つの条件はすべてのアプローチに便利に働きます。

アプローチは飛ばす必要がないですし、様々なテクニックを駆使できますので操作性がいいということが言えます。

 

その意味でもロブショットやスピンでピタリと止められるSWはアプローチの最大の武器になります。

 

でも、プロがSWを駆使して様々なライからピンに寄せられるのは、彼らがSWを自分の手のように使い込んでいるからです。

 

一言で言ったら、これはもう練習量のたまものです。

なので、アマにとってはSWというのは難しいクラブです。

 

もっとも難しいクラブがSWです。

SWはロフトが一番ありますし、リーディングエッジが刺さりやすいクラブです。

 

なので、ロフトの最も少ないパターと比べたら

SWの難しさという意味があなたも良くわかると思います。

 

バンスを滑らせるという事を知らないアマの場合は、SWはミスを呼ぶクラブという事です。

まず「パターで寄せられないか?」ということを考える。

パターであればチャックリとかトップのミスの確率が極めて低いからです。

 

でもライが悪い場合、またはグリーンまでの距離がありすぎたり、パターでは無理となると次に考えるのはやはり7番、6番で寄せられないか?

 

つまりランニングで寄せることはできないか?です。

このようにだんだん8番、9番、・・・・

ロフトのあるクラブに考えを変えていき、最後にやむをえず使うのがSWということをあなたも考えてみてください。

この考え方にするとSWを使わなければいけないという選択肢を変えることができますよ。

トシ(レッスンプロ)
アプローチでチャックリしているとそのうちアプローチイップスになってしまう可能性もあります。

イップスになってしまったら打つ前から悪いイメージしか出てこなくなります。昔僕もイップスになりかけたことがあるので分かりますが、チャックリ病になる前に必ずロフトがあるクラブでランニングアプローチから覚えることをお勧めします。砲台グリーンの場合はランニングは難しいですが、それでもチャックリするよりましだと思います。

チャックリ病になっているという方は、とにかく転がしからやり直すようにしてください。アプローチでチャックリせずに柔らかい球を打つ方法としては、アプローチで高い球を打つ方法!左腕のたたみで距離感が合うを読んでおいてください。

アプローチが上手くなる練習方法

ちなみにアプローチが上手くなるための練習方法としては、ティーアップしたボールを打つといいです。

練習場のマットの上から打ってもあまり意味がないと思います。

マットの上からだと芝の上と違い打感が違いますし、結局ダフっていても気づいていないという場合が多いです。

コースに出るとチャックリするミスが多いという場合は、普段のマットの上から打っている練習でもチャックリしているがそれに気づいていないということが言えます。

なので、ティーアップした球を打つことによってダフっている場合はティーを打っていることになりますので、思った距離を出すことができない事に気づけます。

なので、ティーアップしたボールを打つ練習がアプローチの上達に役立ちます。

いくらマットの上から上手く打てたとしてもコースに行けば話が変わってきます。

ティーアップしたボールを綺麗に打てるように練習してみましょう。

生徒
コースでチャックリが出る場合は、普段のマットの上からのアプローチですでにチャックリしているということが言えるわけですね。いくらマットの上から綺麗に打てたとしてもコースで通用しないと意味がないですよね。これは参考になります。
トシ(レッスンプロ)
そういうことですね。普段からチャックリしている打ち方になっている事に気づいていないということが言えますね。ぜひ練習場のマットの上から打つのではなく、ティーアップして打ってみましょう。難しく感じるかもしれませんが、良い練習になりますよ。ちなみにアプローチで緩んでしまってチャックリする対処法も読んでおいてください。

今回はアプローチについてお伝えしました。

あなたが短期間で当たり前に80台、70台を出してゴルフを一気に上達させたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではサイトには書けない濃いノウハウを伝授しています。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。