グリーンまわりのラフからのアプローチをうまく攻略するポイント

どうもトシです。

アプローチの中でもグリーン周りのアプローチが一番スコアメイクに直結すると思います。

特に夏場ではグリーンまわりでラフにつかまってしまったときなど確実に寄せられるテクニックを持っておく必要があります。

 

この場合はライの状況にもよりますがおおまかに3つのライの状態が考えられます。

ボールが浮いている良好なライの状態。

次にボールが半分ぐらい沈んでしまっている状態。

そして、完全にボールが沈んでしまっている状態です。

 

これらのライの状況に応じて打ち方は変わってくると思います。

それぞれの打ち方さえ理解できていたら意外と簡単に寄せることが可能となります。

生徒
確かにライの状況によって打ち方を変える必要があると思います。ボールが浮いているライと沈んでいるライとでは大きな違いがあると思います。
トシ(レッスンプロ)
打ち方というかセットアップが変わってきますね。ボールが浮いているライの場合と沈んでいるライの場合では何を変えていけばいいのか分からない人も多いと思いますので、今回の内容も参考にしてみてください。

ライに応じてセットアップや打ち方は変わる

まずはいいライの時にはスクエアに構えてボールを落とす落とし場所だけを考えて普通にショットすることです。

いいライの時にはしゃくりあげるような打ち方はNGですね。

しゃくるような打ち方になると距離感が合わなくなってしまいますのでそこは注意が必要です。

僕の場合、このようなライでは打ったボールが浮きすぎて距離が出にくくなりますのでボールの位置を真ん中よりも若干右において対応することもあります。

夏芝の良いライの場合は、確実にボールが浮いている状態なので、あまりフェースを開くこともなく右足寄りにボールを置いて打つとコンタクトが良くなります。

逆に沈んだライの場合はボールをいつもよりも左において球ができるだけ高く上がるようにしています。

さらに、これに加えるとしたら沈んだライの場合はポイントとなるのがクラブフェースがボールの下に入るかどうかが考えられます。

入るのであるなら若干オープン気味に構えてフェースを開いてクラブヘッドがボールの下をくぐるようにショットする。

つまり、アプローチの基本となる「うまくバンスを使って打つ」ということです。

58度や60度のバンスを使うためにはフェースを開く必要があります。

フェースを開くことによってリーディングエッジが地面に刺さるという危険を回避することができますので、沈んだライであってもチャックリすることなく打つことができるのです。

アプローチでフェースを開く重要性を理解されていない方は結構多いです。

アプローチのミスに強い構え方。構え方でフェースは自然に開くも読んでおいてください。

 

ボールが浮いたライでは右めに、逆に沈んだライでは左めにボール位置を変えることがおすすめです。

生徒
なるほど!ボールが浮いている場合は右足寄りにボールを置いてもチャックリする可能性が低いですよね。フェースを開かなくても浮いているので地面にリーディングエッジが突き刺さる可能性も低くなるという事ですね。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。浮いているライでは球を上げようとすることなくどちらかというと低い球を打つ意識を持った方がいいですね。そのためには右足寄りにボール位置を持ってくるといいですね。浮いている分チャックリする危険度は低いですからね。

 

完全にボールが沈んでしまっているライの打ち方

完全に沈んでしまっているボールの場合ですが、距離感を合わせるのが非常に難しいです。

僕の場合このようなケースではバンカーショットのつもりで打っています。

スタンスはかなりオープンにしてクラブフェースを開いてロブショット気味に打っていきます。

 

ボールが完全に沈んでしまっている悪いライはきれいにショットしようとするのではなくて、脱出できたらOKという感じで思っておくこと。

寄せようとか思わずに脱出できたらOKぐらいの気持ちが大事です。

なのでロブショット気味に打つことが一つですが、もう一つの打ち方としてはクラブを上からドンっと入れてインパクト後は振りぬかずに引き戻す打ち方があります。

このように打つことによりボールが強くたたかれますので死んだ打球となり上に上がります。

でも、これはかなり勇気がいる打ち方だと思います。

しかし、このように完全にボールが沈んでしまっているライでは有効な打ち方になります。

いずれにしてもボールの沈み具合により同じクラブを持っても打ち方が変わるということは覚えておきたいところです。

そして、それぞれのライに合ったショットをマスターしていくことをおすすめします。

夏場のグリーンまわりのラフはこのように芝にボールが埋もれてしまうことがよくありますのでその時の対処法としてこのような打ち方を知っておく必要があると思います。

生徒
沈んでいるライに関しては今まで逆のイメージで打っていました。上から打ち込むものだと思っていたのですが、この考え方は間違いなんですね。
トシ(レッスンプロ)
沈んでいるライに対して上から打ち込もうとしたくなる気持ちは分かります。上から綺麗にフェースをボールに当てたいと思ってダウンブローに入れたくなるものですが、これでは逆にチャックリする可能性が高くなりますよ。なので、沈んでいるライでは基本的にフェースを開いてバンスを使う準備をしておきましょう。そうすることによって、うまく沈んでいるライからチャックリせずに抜け出ることができるようになりますよ。

ディボットに沈んでいるボーの打ち方

ただディボットなどのベアグランドに沈んでしまっている場合は、上から刃先を突き刺すように打つのではなくて、フェースを開いてロブショット気味に打っていきます。

多くの人がディボットに沈んでいるボールを上から潰すように打つものだと思っているのですが、これは地面にリーディングエッジが突き刺さるだけなので辞めた方がいいです。

柔らかくふわっとした球を打つためにフェースは開いて使います。

そうすることによって、沈んでいるライでも対応できるようになります。

バンカーショットに似た打ち方になりますので、あなたがバンカーショットが苦手という場合はバンカーショットは金魚すくいのように打てると最高を読んでおいてください。

生徒
完全に沈んでいるライではバンカーショットのつもりで打つわけですね。ということはフェースかかなりオープンにしてバンスを使って脱出させるということですね。

今まで本当に真逆の事をしていました。フェースを閉じ気味で上からカツンと刃先を入れていくものだと思っていましたが、どうりてザックリするわけですよね。ザックリしてしまう意味が理解できました。

トシ(レッスンプロ)
そうなんですよ。実はザックリしたくないと思って刃先を入れようとしがちですが、沈んでいるライでは真っ先にバンスを使うことを意識しいましょう。そのためにフェースを開いてバンカーショットのイメージでアドレスすることですね。後は思い切ってフィニッシュまで振りぬくことです。

途中で緩めることなく振りぬけばバンスが滑ってくれますのでうまく完全に沈んだライからでも抜け出ることができますよ。

ライに応じてフェースの開き具合を変えてみるというテクニックを覚えるとアプローチのバリエーションも増えますし楽しくなりますよ。まあ完全に沈んでしまってるライはロブショットの打ち方にも似ていますので、ロブショットの基本的な打ち方をマスターするも読んでおいてくださいね。

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいなら、その方法をメルマガ限定でお伝えしています。

メルマガではブログには書けない濃いゴルフノウハウを配信しています。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。