ピンそばにボールを運べる自信が付いてアプローチが上達

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

今回はアプローチ上達革命を実践された方からお喜びのメールをいただきましたのでシェアしておきます。

 

あなたのアプローチ上達に役立ててみてください。

 

「ピンそばにボールを運べるようになりました」

田崎 祐さん 山口県 35歳 会社員 ゴルフ歴 4年半 平均スコア90前後

================

■実践前の悩み

侍トシさん。

メルマガ毎回楽しみにしています。

ピンそばに寄せるボールを持っていくのがアプローチですが、これがうまく行く時といかないときの差が大きく状況に合わせたアプローチが打てたら楽になるだろうと思っていました。

状況というのはボールの高さやスピードを変えることです。

私はピンという届け先にうまく受け取ってくれるのかを考えてアプローチの練習をしてきたつもりでした。

どんな持っていきかた(球筋)でも手先を乱暴に使ってはいけないと思って雑誌で書かれている打ち方をいろいろと試してみたのですが、複雑に考えることの方が増えてきてしまいまして、どうして打っていけばいいのかもわからなくなっていきました。

構えた時から不安と違和感しかなくて、成功するイメージも出てこないので失敗ばかりが続いてました。コースで失敗するとへこんでばかりでした。

ピンに寄る気がしない状態が続いて、これではどうしようもなくなったのでトシさんにおすすめしていただいたアプローチ上達革命を実践してみることにしました。

 

■実践後の変化

まず、やわらかい球を打てるようになりました。

ピンに寄せるイメージも出てきたので、練習でもっと制度を高めていきたいと思います。

練習場では20ヤードや30ヤードの看板の根元にどんどん寄せることができるようになりました。

50ヤードの方はもう一息という感じです。

ピンに向かってていねいにボールを届けるという意味がこの教材でつかめるようになりました。

余分な手首の動きが入らない打ち方ができるようになりダフリのミスもなくなりました。

私が一番に考えるシンプルに寄せることができるようになりました。

先日のラウンドでチップインバーディーも取れましたし、ラインに乗ってカップに吸い込まれていくのを見るのは楽しいですね。

アプローチに対する苦手意識が自信に変わってきているのでこれからも練習で反復してもっと自信をつけていきたいと思います。

==============

田崎さんはアプローチに対する苦手意識が自信に変わったとおっしゃっています。

ショットの前に自信を持てるようになるとスコアも良くなりますし、ゴルフが楽しくなります。

あなたがアプローチに対しる苦手意識があるなら、自信が付くアプローチ上達法を実践してみてください。

↓↓↓

特典付きアプローチ上達革命

特典内容はこちら

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。