距離感アップのアプローチは振り幅と構えを合わせること

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

apurotige1

どうも、ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

福岡の自宅からです。

今回もあなたのアプローチ上達に力になれたらと思います。

 

アプローチというのはやっぱりゴルファーにとってはかなりスコアに直結するので重要部分です。

 

アプローチショットがうまくなったらスコア80台で回ることも当たり前になってきます。もちろんショットがそれなりに打てるようになっているというのもあります。

グリーン周りでもたもたして何打も叩いてしまっているのであれば、まずはアプローチショットの上達に力を入れることを僕はおすすめします。

ボールをうまくインパクトできるのに距離感が良くない人は構えと振り方が会っていないことが多いですね。

アドレスではボールを右に寄せてハンドファーストで構えているのに、トップでヘッドを手元よりも高く上げる振り方をしたり、鋭角な軌道でボールの真下にヘッドを入れて、高い球を打つ振り方をしている人がいます。

でも、このようにか前に合わない振り方をしてもスイングを複雑にするだけで特に良いことはありません。

いつも同じように振っているつもりで会っても体の動き方やヘッドの入り方が微妙に変わってくるので、安定感が出てくれなくなるんですね。打ちたい球筋に合った構えを作ったり、その構え通りに振るのがイメージ通りの距離感を出す秘訣になるんですね。

高い球と低い球でもスタンス幅やふり幅は異なる

例えばですが高い球を打つ場合は、ボールの位置をやや左に置きます。

そしてボールが高く上がるという事は前に飛ばなくなりますので、振り幅を大きくする分だけスタンス幅を広げる。

そして、スイングはコックを使ってヘッドを高く上げたら手首をリリースしてV字に近い軌道でスイングするという事ですね。

 

逆に、低い球を打ちたい時は、

ボール位置はやや右になります。

そして、ロフトが立つ分だけ飛ぶので、スタンスを狭くしておくと、大振りが防げるという事につながります。構えにしてもスイングンにしてもイメージはパターと同じようにというのが僕の中ではマッチします。これは人によると思いますが、コックを使うことなく低い軌道で払い打つという事をやれば低く打ち出すことができます。

高い球でも低い球でもどれぐらいと飛ぶのか?というのを振り幅で決めるという人は多いと思います。

「このぐらい振ったらこのぐらい飛ぶだろう」というのは練習によって作られるものです。

何度も練習でアプローチショットを打つことによってどれぐらいの振り幅ならどれぐらい飛ぶというのが自分の中である程度の基準というのはできていますからね。

 

あなたがまだこの基準が分からないというのであればとにかくアプローチショットを繰り返し打つということをやった方がいいです。

が体でつかめるようになるとイメージ通りの距離感を自分の中で持てるようになります。

アプローチショットをピンに寄せる大事な距離感についてお伝えしましたが、あなたがアプローチショットを上達させたいのであれば反復練習で距離感を磨いてみてください

 

最後にゴルフを一気に上達させたいというのであれば、その方法を僕はメルマガ限定でお伝えしています。メルマガはもちろん無料です。

ゴルフレッスンプロ(トシ)の無料メルマガ

 

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。