絶対にダフリたくない場合に使えるアプローチの打ち方

こんばんは。

ゴルフレッスンプロ(トシ)です。

今日も福岡の自宅からメールを書いています。

今日もあなたのゴルフ上達のために、サポートさせていただきます。

今日のテーマは

【カッコ悪いけど90%失敗しないアプローチの打ち方】

についてお伝えしていきます。

90パーセントはちょっと言い過ぎかもしれませんが、

それぐらい失敗する確率が低いってことです^^

アプローチショットの上達は

スコアを縮めるためには欠かせないポイントです。

アプローチショットが上達しないことには

スコアがなかなか縮まってくれません。

グリーン周りに強くなると

スコアーも縮まっていきますが、

グリーン周り苦手だとそれがなかなか。。。

あなたがアプローチショットが苦手な場合
(ダフリ、トップ)が出る場合は

コースでグリーン周りを行ったり来たりといった

経験があると思います。

なかなかグリーンに乗せることができない。

もしくはピンに寄せることができない。

「くそー!」

「またダフったよ・・・」

「トップしたよ・・・」

あなたがこのような経験があるなら参考になるかと思います。

アプローチショットが上手になるということは、

グリーン周りでのミスが減ることになります。

あなたが100切り、90切りを目指すゴルファーなら

アプローチショットのミスを減らすことは大事です。

そこで、今回はアプローチショットで

ミスをしないための方法として

ちょっとカッコ悪い打ち方ですが、

アプローチショットでの

ダフリやトップといったミスをしないための打ち方をご紹介します。

アプローチショットでダフリやトップが出てしまう多くの原因は

打つ時にスイング軸が右へ傾いて

右肩が下がり手元が飛球線方向へ出て行ってしまうことです。

よくゴルフ初心者が陥るミスの形ですね。

こうなることで、

ボールのかなり手前にクラブヘッドが落ちてダフってしまいます。

なので、この悪い動きを入れない方法があるのでご紹介します。

まず、普通にアドレスします。

そして、右足のつま先を後ろに向けて、つま先を上げます。

↓↓↓

embatiko

上の写真の状態で普通に打ちます。

この時に注意するポイントとして

右足のつま先が絶対に動かないようにしてください。

右足のつま先が動いて前に出てきてしまうと、軸が倒れて手元も前に出て行ってしまうので、右肩が下がりやすくなりダフリやトップというミスショットに繋がります。

↓↓↓

embatiko1

とにかく右足のつま先が動かないように打つことで成功するアプローチショットを打てます。

はじめはこのように誰かに右足つま先が動かないようにロックしてもらって練習してみるといいですよ。

↓↓↓

embatiko2

こうすることで、右足つま先が動かなくなるのでうまく打てるようになります。

あなたがアプローチショットが苦手という場合は、試してみてください。

今回の内容は以上になります。

コースでも練習場でも

こんな打ち方している人いませんが

「絶対にここは失敗しなくない!!」という場合

この打ち方で打ってみるというのもアリですよ。

あなたがアプローチが「めちゃくちゃ苦手!」という場合は

こういったミスを防ぐ方法として

1つ引き出しを増やしておくのも良いかと思います^^

最後にあなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、

その方法はメルマガ限定でお伝えしています。

【無料メルマガ】ゴルフど素人が半年でスコアー82を出せた最速ゴルフ上達法

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり限定動画でお伝えしています。

ぜひこの機会にLINEの友達追加しておいてください。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、まずは福岡市内のゴルフレッスン(ハイクオリティゴルフアカデミー)をご確認下さい。