アプローチでフェースを開かない平塚プロ流ハンドファーストの教え

今回は平塚プロ流のアプローチの方法を紹介したいと思います。

ピンまでの残り距離が15ヤード前後のグリーン周りのアプローチ。

これをうまく寄せることができるかどうかでスコアは違ってきます。
平塚プロはボギーは1ラウンドで1,2回に抑えたいと思っているそうです。
そんな平塚プロのアプローチの4つのポイントを紹介しておきましょう。

平塚プロの基本はグリーン周りでころがしです。

フェースを開くことなくサンドウェッジでのランニングばかりやってるそうです。
低い球の方がフェースの乗り方が一定していると平塚プロは言います。

なので距離感が合う。
フェースを開くことによりボールがポッコンと上に上がることになりショートすることもあります。
構え方はボールを右足寄りに置いて、ハンドファーストにします。
左足体重をキープしたまま打ちます。
そうすることにより上からダウンブローにヘッドが下りてくることになります。
そしてフェースの芯部分でカツンとボールに当てることになります。

iy8787
そのほうがミスが少ないですし、多少ライが悪かったとしてもボールを拾うことが出来ると平塚プロは言います。

フェースを開いてフェースが右を向くと滑ってしまう。

フェースを開くと自然と右を向きます。

打点が安定せずにフェースの上をボールが滑ってしまうミスになりポッコンと高く上がりすぎる危険があると平塚プロは言います。
1、フェースを常に目標に向けることで芯に当たりやすくなる

iiyiyi87

フェアウェイの場合ボール位置は右足の小指前あたりになります。スクエアに構えてスクエアに打つため面が変わりにくいです。
そして方向性が良い。サンドウェッジのロフトを立てて使う事ができます。

ラフはボールが止まりにくいのでフェースを目標に向けたままロフトを寝かします。
ボールの位置は真ん中になります。
右に向けて開いたらボールの下をくぐってしまうからです。
2、ハンドファーストで打つと低い球で距離感が合います。

y8y887

左足体重をキープしてヘッドより手元を先行させるハンドファーストの形で打つことで低い球で飛び出してくれます。
3、サンドウェッジ一本でアプローチは極めたほうが簡単

色々なクラブでアプローチを練習するよりサンドウェッジだけでアプローチしたほうがタッチが合わせやすい。
SW意外ならAWやPWなどの得意クラブを一本持つことがおすすめです。
4、グリップは短く、ウィークに握ることでフェース面が変わりにくい

iui7
フェースを開いて閉じる動きをできるだけ抑えることが出来るのでグローブのログが正面から見えないくらいウィークで握ります。

また、グリップは短く握った方がしっかり強く打ててミスヒットしにくいです。
グリーン周りのアプローチがうまくいかない人は平塚プロのアプローチを参考にしてみるのもいいかと思います。

 

ゴルフが一気に上達したい場合は、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。