バンカーから簡単に出す方法(砂を薄く取るコツ)

ども、トシです。

福岡の自宅からです。

今回もご相談いただいた悩みをシェアしたいと思います。

『バンカーショットがいつもうまく出ません。オープンスタンス、フェースオープン、アウトサイドインを意識しているのですが、難しいです。簡単に出す方法はないでしょうか?』

というご相談です。

実はバンカーショットをかなり簡単にする方法があります。

これは正直教えたくないのですが(笑)

 

いやいや、僕のサイトを見てくださいっているあなたには、ちゃんと教える義務がありますので、もちろん教えちゃいます。

生徒
バンカーショットが苦手で一発で出る時もありますが、出ないときもあります。アゴが高いバンカーは特に出ないことが多いです。
トシ(レッスンプロ)
バンカーを簡単に出すためのコツとしていろいろとありますが、今回は主に脱出するということをメインにお伝えしたいと思います。よろしくお願いします。

 

バンカーショットはよく言われるように、オープンスタンスでフェースを開いて、コックを早めに入れて、カット軌道で打てということをよく言われますね。

昔の僕もこのようにいろいろとチェックしてバンカーショットに挑んでいましたので、あなたの気持ちはよく分かります。

バンカーショットは他のショットに比べると、基本的に色々とチェックする項目が多いわけです。

 

チェックする項目が多いですが、普段の練習で、なかなかバンカーショットの練習はできませんよね。

 

打ちっぱなし場の脇にバンカー練習場があるという場合は、そこでみっちり練習をすることも可能ですが、普通のアマチュアの方がこのようにバンカーをみっちり練習する環境というか、意欲もそこまでないと思います。

 

ところが、コースに出たらバンカーから思うように出すことができずにスコアーを崩してしまうという人も多いです。

コースではバンカーに絶対に入らないようにマネージメントすることが大事ですが、ショットの方向性が安定しない場合はそうも言っていられないですし、バンカーにつかまることはよくありますね。

なので、バンカーショットに悩まなくなるとってもシンプルで簡単にバンカーから脱出できる方法をご紹介します。

 

それは、構えを変えるだけ。

通常はフェースの真ん中にボールをセットアップして構えますが、

バンカーをより簡単にするには構えたときにフェースのトゥでセットアップしてください。
ただこれだけです。

画像でボールとバンカーで構える時のフェースとボールとの位置関係についてお伝えしています。

こういうことですね。

↓↓↓

banka3

このセットアップでバンカーショットを行ってみましょう。

フワっと上がる柔らかい球でバンカーから脱出できるようになりますよ。

普段なかなか練習できないバンカーショットも、このようにセットアップを変えるだけで、簡単に脱出できるようになりますので、コースでバンカーに入れても苦手意識を持たずに打つことができるようになりますよ^^

 

こんなことでも、バンカーショットが楽になるのでぜひ実践してみてください。

特にいつも砂を厚く取り過ぎてしまって、上からドスン!というように砂にリーディングエッジを突き刺してしまうミスが良く出るという場合は、このセットアップをすることでフェースの先っぽでボールにコンタクトできますので、、砂の量を厚く取りすぎることもなくなりますよ。

砂の量を厚く取りすぎることがなくなるとクラブの抜けが良くなりますので、ぜひ試してみてください。

 

上からドスンと打ち込んでリーディングエッジが突き刺さっていませんか?

バンカーの打ち方が分からずに悩んで調べた結果、フェースを開いてアウトサイドインで上から打ち込むようにボールの手前の砂を取りましょう。というレッスンが良く言われますのでこれを実践されている方は多いです。

実際に僕のもとにレッスンに来られる方も、バンカーは上から鋭角にダフらせるという意識を持って打ち込んでいるという方が多いです。

でも、上から入れすぎて砂にリーディングエッジが突き刺さってしまっているという状態に陥っている方もよく見かけます。

こういった場合は、打ち込む意識と言うのは捨てて逆にすくい上げるようなイメージを持つことをお勧めします。

あまりオープンスタンスにアドレスするのではなく、普通にスタンスを取ってダウンスイングで右肩を思い切って下げてみてください。

そうすることによって上から腕を引っ張り下ろしてきてドスンと打ち込んでリーディングエッジが砂に突き刺さってボールが出ないということもなくなってきますよ。

バンカーは上から打ち込むという意識が強いとどんどんクラブを鋭角に下ろしてきがちになりますが、もっと下からすくいあげるという意識を持つ方が簡単に抜け出すことができますので、ぜひ上から打ち込み過ぎてリーディングエッジが砂に突き刺さるだけでボールが出てくれないという場合は参考にしてください。

生徒
打ち込む意識が強すぎて上からドスンドスンといった感じに突き刺さってばかりでした。もっと下からすくいあげる意識を持ってみます。
トシ(レッスンプロ)
そうですね。もっと自然に振っていきましょう。むしろ右肩を思い切り下げてダウスイングするだけでも簡単に出るようになる人も多いですので意識を変えてみてください。

 

最後に、あなたが短期間で一気にゴルフを上達させたいという場合、再現性の高い正しいスイングを作る詳しい方法はメルマガ限定でお伝えしています。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

メルマガではサイト書けない濃いノウハウをお届けしています。

僕がゴルフを始めて1年後にパープレーを果たしたスイングの核心部分もこっそりお伝えしていますので見ておいてくださいね。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。