切り返しは右の脇腹をへこませる!右肩が下がるという意味の真相とは

トシ(レッスンプロ)

ベストスコア65のトシです。

ゴルフを始めて、わずか1年後にパープレーを達成しました。

そのスイングの作り方を教えています。

→ クリックしてパープレースイングの作り方を見る

どうも、トシです。

今回は初心者ゴルファーから意識してやっておくと、上達が早い動きについてお伝えしたいと思います。

切り返しの時に、右の脇腹を凹ませるという。ただこれだけなんですけどね。

切り返しから右の脇腹を凹ませるためには、右肩が下がってくる必要があります。

右肩を下げてもいいの?と思われる方が多いですけど、普通にスイングの中でインパクトに向かって右肩はある程度下がっていきます。

右肩が下がってこないと右肘が曲がったままのインパクトは実現不可能ですよね。

生徒
確かにインパクトでは右肩は下がっていますね。ということは右肩を下げないという意識は持たない方が良いということでしょうか?
トシ(レッスンプロ)
右肩はインパクトで下がっていますが、インパクトまでの下がるタイミングが実は大事なんですね。その辺の事を今回は理解していただけたらと思います。

ダウンスイングでは右肩は下がっていいのか?

けっこう右肩を下げたらダメだということを言われますが、右肩を下げないと、ダウンスイングで左サイドへ突っ込んでいってしまうという癖が治らない人もいます。

左へ突っ込んでいってしまうなら、思い切って切り返しから右肩を下げるという意識を持つというのもイメージを変えるにはおすすめの方法だと思います。

右肩を下げることによって自然と右わき腹が凹みます。

いわゆる右サイドのサイドベンドが入った状態になります。

バックスイングでは左の脇が縮む左サイドのサイドベンドが入り、ダウンスイングでは右サイドのサイドベンドが入ります。

そして、右わき腹が凹むことで、肩が縦回転しやすくなります。

自然と右ヒジが右わき腹に差し込まれてきやすくなります。

この時点ですでに自然落下が起きています。

そして、右ヒジが曲がっています。

かなり右ヒジが曲がった状態で右脇腹にくっついている感じがあります。

ただ、気を付けてほしいことですが、切り返しからいきなり右の肩を下げてくると左肩が吊り上がって左腰もスエーして胸が上を向いてインパクトしてしまうという場合は、必ずオープンフェースになって長いクラブでは簡単に振り遅れてスライスが止まらなくなります。

これを嫌がって手を返すようになるとスイングが壊れてしまいますので、その場合は切り返しの順番を変えましょう。

切り返しの意識を下半身に持っていきます。

切り返しの下半身始動の意味は両ひざを曲げる動きが正解

2015.09.14

 

下半身から切り返すことによって、クラブはインサイドから下りてきます。

たまに「右肩を下げるとダフるのでは?」と思う方が多いですが、これはリリースのタイミングによります。

リリースのタイミングが早いとダフってしまう。

もしくはタイミングを遅らせようと思って左へ突っ込んでいき、今度はインパクトが詰まるので思わず伸びあがってしまい結果的に手首がほどけてダフってしまうというケースが多いですね。

 

基本的に右の横腹が縮めば、右ヒジが曲がってインパクトを迎えることができるようになります。

 

そして、右肩が下がって右わき腹が凹んで肩が縦回転すると、右手首を手のひら側に折ることが、自動的に難しくなっていきます。

右手首が手のひら側に折れないということは、左手首が甲側に折れないということです。

つまり、すくい打つ手首の動きになりにくいということが言えます。

 

思い切り右肩が下がってインパクトに向かってきて、右の脇腹が凹んでダウンスイングしてくると、右手首は甲側に折れたままインパクトを迎えることになります。

 

いわゆるハンドファーストで球を捉えることができやすくなります。

ただ、あまりにも右肩を下げてしまって腰が回転しないという場合は自分の柔軟性を考慮して右肩を下げることよりも、回転を意識した方がいいということもありますので、その辺はご自分のスイングと体の柔軟性と相談してみましょう。

 

ハンドファーストが自然と発生する

でも、切り返しから左へ流れて突っ込んでいってしまったらどうでしょう?

ダフらせたくないと思っている人は、切り返しから体を左へ流して、クラブヘッドを上から球にいれようとしてしまいます。

でも、これではリリースが早くなりインパクトで右ヒジが伸びて、前傾が起きるのでかえってダフリやすくなってしまいます。

そして、左へ移動する分だけ左サイドがインパクト後に詰まってしまいますので、フォローで左ひじが引けるという窮屈なスイングになってしまいます。

ダフリたくないのであれば、逆に切り返しから右肩を思い切り下げ、右わき腹を凹ませるようにダウンスイングしてくることに慣れることからはじめるといいかもしれませんね。

 

思いっきり右肩を下げるから、振り遅れてボールが右へすっぽ抜けるのではないか?と思われる人が多いですが、大丈夫です。

 

左手首が手のひら側に折れている、そして右手首が甲側に折れているなら、球は捕まってきます。

切り返しからの下半身の使い方とセットで手首の使い方というのがきちんと理解できて実践できていれば、球は捕まるようになっているのです。

ゴルフは手首の使い方が最も重要!コックやヒンジの正しい理解できてますか?

2019.06.13

だから、ゴルフ初心者のうちは右肩が下がることに対して悪だと思わずに、切り返しからダウンスイングしてきて、右わき腹を凹ませてくるように練習すると、上達の近道を辿れると思いますね。

 

けっこうシンプルにこの意識だけでも、球を打ち続けていくと感じを掴めてきたりするものです。

もちろんそれには下半身の動きと上半身の動きがタイミングよくマッチングする必要がありますが、コツがわかるといわゆる振り遅れているように感じて、なぜか球がつかまる。という状態になっていきます。

 

これが、いわゆるボディターンというスイングの根本であると僕は思います。

 

特に切り返しから左サイドへ突っ込んでいってしまうという場合は、右肩は下がってもいいものだと思ってみるといいでしょう。

体の動きを止めずにダウンスイングしてくると右わき腹は思いっきり凹みます。

いわゆる右サイドベンドという動きが発生します。

かなり右ワキ腹に圧がかかっている感じがすると思いますが、それでOKです。

「うお!今までと景色が違うぞー!」って思われると思います。

ダウンスイングの景色が変わるでしょう^^

でも、それでいいと思います。

初心者のうちは特にほうきを履くようにクラブを動かしやすいですので、右の脇腹が凹まないと、ダメって思うぐらいで丁度いいのではないかと思います。

 

ゴルフスイングはイチロー選手よりも松井選手より

右わき腹が凹むことによって、野球のスイングに例えると、イチロー選手ではなくて、松井選手のスイングがゴルフスイングに似ているということが言えます。

 

イチロー選手の場合はステップした前足(右足)に体重を乗せてスイングしていきます。

 

これはゴルフスイングで例えるなら体が飛球方向へ突っ込んでいくスイングになります。

 

逆に松井選手のスイングはステップした前足(右足)の方へ体重を乗せることなく、後ろの足(左足)に体重が乗ったまま反り返るようにしてスイングします。

 

このときに体が飛球方向へ突っ込んでいくことはありません。

 

ゴルフスイングは野球に例えるとイチロー選手よりも松井選手のスイングをイメージするといいでしょう。

 

でも、ゴルフスイングは、野球のスイングとはまた少し違います。

 

松井選手のイメージでスイングすると、右打ちなら右脇腹がインパクトで凹んで潰れているような感じが出てきます。

 

この感じが分からないのであれば、右腰をボールにぶつけるつもりでスイングしてくると分かりやすいです。

 

また、下半身リードという意味が掴みやすいです。

右腰をボールにぶつけるつもりでスイングしてくると、腰の正しい回転を覚えやすいですし、腰が止まってしまうという事もなくなってきます。

 

腰の動きが止まると、手打ちになりますからね。

 

今回は以上です。

 

最後にあなたが、短期間でゴルフを上達させて、80台、70台を当たり前に出していきたいという場合、詳しい内容はメルマガ限定で教えています。

もっと詳しく切り返しの下半身の使い方からすべてをメルマガ限定でお伝えしています。

短期間で一気にゴルフを上達させてくださいね^^

トシの無料メルマガ

ハッキリ言って、LINE 限定動画なども手に入れていおかないと勿体ないですよ。

スイングの核心部分をこっそり教えていますのでぜひLINEの友達追加もよろしくお願いします。

トシ(レッスンプロ)
ゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣というレポートもプレゼントしてますよ~♪

さらに、スコア65を出したスイングの核心部分をこっそり限定動画で教えています。

→ クリックしてスコア65を出せた方法を見てみる。