右手を積極的に使うとドライバーはアッパー軌道に打てる

どうもトシです。

今回は右手を積極的に使ってアッパーブローでインパクトするコツについて話していこうと思います。

ドライバーでボールが飛ばない人を見ていて思うのがダウンブローに打っています。

アイアンショットはコントロールが大事なのでダウンブローで打ちますが、ドライバーをダウンブローで打っていては飛びません。

ドライバーはアッパー軌道で打つことです。

それには下から上の軌道でボールを打つ必要があります。

つまりボールの手前にヘッドの最下点が来るように打つことですね。

クラブヘッドが最下点にきてからそこから上がるときにシャフトがヘッドをブンっとはじきます。

このシャフトのしなり戻りを利用することができるとボールが飛んで飛距離が出ます。

ヘッドスピードがあるのに飛ばないという人はヘッドが最下点に行く前にボールを打ってしまっている可能性が高いです。

なのでシャフトのしなりを上手に利用して打つ打ち方をマスターしましょう。

生徒
うまくアッパー軌道で打つ方法を知りたいです。テンプラなども出るので上から入る過ぎていると思います。
トシ(レッスンプロ)
ドライバーがテンプラする場合は間違いなくダウンブローに入っているという事が言えますね。アッパー軌道に変えて低スピンで直進性の高い球を打てるようになりましょう。

最下点をボールの手前に持ってくる方法

では、ヘッドの最下点をボールの手前にするためにどうしたらいいのでしょう?

それには右手でダウンスイングをすること。

左手でダウンスイングをすると左手がクラブを引っ張り続けることになるので左手はボールよりも先に出てしまう。

こうなるとどうしても最下点がボールよりも目標方向側に来てしまいます。

これはタメがいつまでもほどけないということ。

なので右手を使ってクラブを早めにほどくとボールの右にヘッドを落とせるのでミート率も向上します。

 

またドライバーを飛ばすインパクトはやぱりアッパー軌道にありますが、注意してほしいことですがアッパーで打とうとする意識があまりにも強いと今度はあおり打ちになる危険があります。

素振りはいいのにボールを打とうとするとボールに体が向かっていき右腰や右肩が下がってしまう。

こうなるとクラブが寝て入ることになるので右に飛ぶしそこで手を返す動作を入れると今度は左へ飛ぶチーピンになります。

こうならないために、イメージとして右腰をボールにぶつけるような感覚をもってスイングすると腰が地面と平行に回ってくれます。

そうすることであおり打ちを防ぐことができます。

 

右腰や右肩が下がってしまったらあおり打ちになって腰の動きを止めてしまうのでボールが飛んでくれません。

 

なので右腰をボールにぶつけるようなイメージで打つと腰がレベルに回転してくれます。

他には切り返しから左腰や左肩をすぐに上に上げないようにしましょう。

切り返しは右腰、右肩が高い状態で切り返します。

こうすることによって、インサイドアウトにクラブが寝て入ってあおり打ってしまう場合や、フェースが開くので手を返してチーピンというパターンになっている人の場合、インサイドインの軌道に近づけます。

切り返しで左サイドが浮かないようにしましょう。

左サイドが浮いてしまったら終わりですからね。

インサイドアウトで手を返すあおり打ちが直らないという場合は、ゴルフの体を開くのは間違い?肩が開くと悩む前に本当の意味を理解しようも読んでおいてください。

インサイドアウトに振る人は、体を開かないように切り返した結果、インサイドアウト軌道が強くなって下からあおり打っているという事が言えます。

 

ボール位置を左に置くと体の回転が止まりにくくなる

ドライバーをアッパー軌道で打つコツとして、もう1つはボール位置を左足寄りに置くということです。

ドライバーのボール位置は左足のかかと線上ということを言われますが、もっと左足寄りに置いた方が体を開いてインパクトしやすくなります。

体を閉じ気味で下からインサイドアウトの軌道であおり打つ人はもっとボール位置を左足寄りに置いて体を開きやすくした方がいいでしょう。

体を閉じて腕を振って手首を返してフェースターンというパターンの人は左足寄りに置いて自動的に体を開きやすくしてみましょう。

左足寄りに置いても体を開いてインパクトできるとアッパー軌道で打つことができます。

逆に体を閉じたまま手を返そうとすると左腰がスエー(バンプ)して体が左サイドに突っ込んでいきますので、上からガツンとダウンブローで入りやすくなってテンプラが出ます。

なので、自動的に体を開いてインパクトしないといけないということが分かりやすいと思います。

ボールの手前の最下点で手を返すわけではない

よくアッパー軌道で打ちましょうと言うと、ボールの手前の最下点で左手と右手を入れ変えるようにして手を返してフェースターンしてボールを捕まえると勘違いしている人が多いです。

これは間違った球の捕まえ方です。

いわゆる手打ちで腕をローリングさせて球を捕まえるパターンの人達の発想ですね。

最下点で手を返してフェースターンをするということではないです。

こういう手打ち理論に毒されているという場合は、フックグリップは手を返さない右手は下から握りローテーション不要でスライスが直るを読んでおいてください。

右手を積極的に使うと言っても右手首を手のひら側に折って開放するという意味ではないですからね。

右手首を手のひら側に折るとアーリーリリースとなってハンドファーストではなく、ハンドレイトでインパクトしてしまいます。

こうなるとフェースは開き上を向いてしまいますので、右へ高いこすり球が出てしまいます。

すくい打つインパクトになるので、右へ高いスライスが出るか、こねるタイミングが早いと逆に左への引っ掛けが出るという状態に陥ってしまいますので気を付けてくださいね。

 

僕はこれまで多くの人をレッスンしてきてスイングを見てきましたが、やはりドライバーをアッパー軌道で打てない人は切り返しで左へ突っ込んでいくという癖があります。

あなたがドライバーをアッパー軌道で打てないという場合は、切り返しから左サイドへ体が突っ込んでしまっているということも考えられます。

スピン量が多く球がふけあがってしまうという場合や、テンプラが出るという場合は、上から入ってボールを潰すような入射角になっている可能性が高いです。

こういった人は、体重移動しながらスイングするのではなく、その場の軸回転でくるっと回る意識でスイングする必要があります。

なので、軸ブレしないスイングを作っていくために、軸や頭が左へ突っ込みリリースが早い癖を矯正する突っ込み防止ドリルも読んでおいてください。

今回はドライバーがアッパー軌道で打てずに飛距離が出ない場合の改善点を話しました。

ダウンブローでボールに当たりヘッドスピードがあるのに飛距離が出ないという場合は参考にしてください。

 

アイアンはダウンブローですが、ドライバーはアッパーブローで打つということ。

ドライバーをアッパー軌道で打てない場合は右手でダウンスイングすることによりボールの手前にヘッドを落とせるようになるので試してみるといいかと思います。

 

ではでは、今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

さらに、今なら特別に半年以内でパープレーを達成できるスイングの核心部分をこっそり伝授しています。

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。

直接マンツーマンでのレッスンをご希望の場合は、お気軽にお問合せ下さい。