スライスが直らないのはアドレスの肩のラインが目標より左を向いているから

スライスが直らない人は今一度アドレスを確認してみましょう。

スライスが出る要因は人それぞれで違います。

グリップに問題があったり、アドレスに問題があったり、スイング中の体の動きに問題があったり様々です。
でも、スライスが出る要因の多くにアドレスで肩が開いてアドレスしてしまっている人が多いです。
自分では目標と平行に肩のラインを向けているつもりかもしれませんが、後ろから人に見てもらって確認すると意外と肩のラインが目標よりも左を向いてしまっている人が多い。
スライスが出ると肩のラインがおのずと左を向きやすくなります。
右に出したくない、右へ曲げたくないという意識からアドレスで肩のラインが目標より左へ向きやすくなるためです。

でも、肩のラインが左へ向けば向くほどスライスが出やすくなります。
スライスしなかったとしても目標より左へ向いているためにひっかけのチーピンが出たりで目標に対してボール方向が右へ左へばらけて定まりません。
こうなるとどこにボールが飛んでいくかわからない行く先はボールに聞いてくれ状態になってしまいます。

スライスが直らないならアドレスで肩のラインを今一度確認してみることです。
肩のラインが目標より左へ向いてしまっているなら極端に目標の右へ向ける意識を持ってアドレスしてみてください。
今まで肩のラインが目標よりも左に向いていた場合、意識的に目標の右に向けてアドレスするとすごく違和感を感じると思います。
でも、極端に変えることは大事です。

これができてこそ右へ出て左へ曲がり戻ってくるドローボールを打つための準備としての第一歩だと思ってください。
スライスが出るなら肩のラインを意識して目標よりも左を向いてないか?
まずは第三者に見てもらって確認するといいでしょう。
また、余談になりますが構えてから目標を確認するときに顔を目標方向へ向ける人がいます。

この時に目線が目標を見て目線をボールに戻すわけですが、目標に目線を上げた時に肩のラインが目標の左方向に向いてしまう人がいます。
目標を確認する動作が肩のラインを変えてしまっている。
それでも本人は気づいていません。
そして、そのままスイングしますのでスライスが出やすくなります。

目標を確認する動作によって肩のラインが変わってしまっているんですね。

ちょっとした動きでもこのように肩のラインというのは変わってしまいますのでスライスが直らない場合はアドレスの肩のラインがどこを向いているかを確認する作業からはじめてみるといいですよ。

 

 

ゴルフが一気に上達したいなら、僕はメルマガでこっそりその方法をお伝えしています。

メルマガ

もちろん無料です^^

メルマガではブログに書いてない濃いゴルフノウハウを配信しています。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。