スライスを直すための正しいアドレスとグリップ

スライスを直すために必要な事をお伝えしたいと思います。
スライス直すにはアドレスがまずは重要。
アドレスが正しい形にできていること。
そして、テークバックも重要で、結果的にバックスイングやトップが良くなる。

アドレスが正しく構えることができていないと
いくら練習してもスライスは直りません。

特にアドレスで注意していただきたいことは
グリップでクラブを握ったときに

すでにフェースを開いた状態でグリップしている人が多いからです。
あなたはグリップをしっかりフェースを開かずに握れていますか?
スライスする人の8割はアドレスの段階ですでにフェースが開いた状態になっているということを知らない人が多いです。

グリップというのは気を遣う部分ですね。

 

 

もっとゴルフが上手くなりたいと思うのであれば、
スライスを克服したいと思うのであれば、
まずはグリップに気を配るということをしっかり行った方がいいですね。
グリップを正しく握る方法をあなたは知っていますか?

グリップの正しい握り方というのは
こちらでご紹介しています。

adoresu2

 

adoresu6

これを見るとほとんどの人がグリップをしっかりできていなかったということに気づかれます。
アドレスですでにフェースを開かないようにするということで
スライスする確率を減らすことができます。
そして、次にスライスを直すために重要になるのがテークバックです。

テークバックでフェースを開きながら上げている人が多いです。
特に初心者ゴルファーの場合はテークバックで腕がローリングして
フェースを開きながら上げる傾向が強いので、
早い段階でフェースが開いてしまって
ダウンスイングで開いたものを無理に戻そうとするので

アウトサイドインの軌道になってしまいます。
そして、アウトサイドインの軌道になってしまうので手をこねます。
手首をこねたりして球をつかまえようとします。
でも、手をこねるようになると球が左右に散らかります。
右へ左へと球がとっちらかるのでいつまでたっても安定した球筋を打てるようになれないのです。
あなたがスライスが直らないぞーって感じで
悩んでいるのであれば、まずはこういったポイントをチェックしてみることから始めてみてください。

 

 

僕もスライを克服できなかった昔はこういった基本的な部分が抜け落ちてしまっていました。
あなたのスライス克服を応援していますよ。

 

つかまった球を打ちたいのであれば、

スライスをまずは克服する必要があります。

いつまでもスライスを克服できないというのは再現性の高い正しいスイングができていないからです。

正しい動きを体が覚える練習をしないことには体に染みついてしまった癖や悪い動きというのは変わってくれません。

逆もまたしかりで、正しい動きで練習することでゴルフはすぐにうまくなれます。

ショットは安定しますし、方向性も良くなります。

そこから飛距離アップに目を向けて応用をきかせていけばいいのです。

 

まずはその前に再現性の高い正しいスイングを作るという事がゴルフを上達させるための絶対条件です。

まだ100切り、90切りできないという方は参考にしていただけたらと思います。

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。