アイアンショット成功のカギは胸を地面に長く向ける

35ddddd5f53e5169f5f2c2e9e9d43fee_s

どうも、ゴルフ侍トシです。

 

アイアンはドライバーに比べると難しいという意見が多いようですが、これは確かにそうだと僕も思いますね。

アイアンでダフリ癖がある人に注意してほしいのですが、いかに胸を長く地面に向けられるかがアイアンショット成功のカギになります。

 

アイアンはドライバーにくらべてダウンブローに打たないといけないですからね。

 

手首をルーズに使っているとクラブが下から入ったりしてしまいます。

そうするとスイングプレーンを外れてしまいます。ダウンブローに打てないという人は手首の角度をキープしてクラブが立って降りてくるようにしましょう。

 

アイアンではダフリ、トップが止まらなくなってしまうという経験をしたことがある人は多いでしょう。

これを止めるためには上からターフを取る打ち方、つまりダウンブローに打つことが大事になるわけですが、そういうとボールを右へ置いて過度なハンドファーストにしてみたり、鋭角に打ち込みすぎたり上体が突っ込んだりという結果になりがちです。

ダウンブローを勘違いしている典型です。

 

そういった極端な事をするのがダウンブローではなくて、あくまでもスイングの基礎の延長線上にあるものがダウンブローだということを理解してください。

 

ドライバーとアイアンショットの違いというのは少しだけアイアンショットの方が胸が下を向いている時間が長いという事です。

インパクト後も胸はほとんど地面を向いているというのがアイアンショットです。

意識としてはダウンスイングからフォロースルーまでずーっと胸が地面を向いているようなイメージがあるといいでしょう。

スイングプレーンが乱れるとダウンブローに打つことはできません。

また、手首のコックがルーズになってほどけてしまうとクラブが下から入りやすくなりますので注意しましょう。

 

アイアンの場合は打点がドライバーよりシビアです。

ドライバーの場合はティーアップしているので、多少スイング軸が傾いてしまっても打てますが、アイアンの場合は軸をまっすぐに保っていないと真っすぐに飛ばすことができませんからね。

 

スイングプレーンは連続素振りで確認

フォローの位置から素振りをはじめて、クラブがプレーン上を通っているかを確認しながら素振りを繰り返し行ってみるといいでしょう。

 

アイアンの基本的な打ち方のコツをお伝えしてきました。

ここまで読んできて、あなたは「そんなこと知ってるよ」と思うかもしれませんが、意外と胸を長く地面に向けることができない人って多いですからね。

とくにダフリ癖がある人はダウンブローに打つ癖をつけるために意識して胸を地面に向けるというイメージを強く持った方がいいです。

 

最後に、あなたが一気にゴルフを上達させいたいというのであれば、その方法を僕はメルマガ限定でお伝えしています。メルマガではゴルフを始めて半年でスコア82を出したスイングのキモの部分をお伝えしていますのでお楽しみください。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

トシ(レッスンプロ)
劇的にゴルフが上手くなる限定動画を無料配信中です!(^^)!

今すぐスコアを8つ縮める秘訣もプレゼントしてますよ~♪

ぜひこの機会に手に入れておいてくださいね。