シャンクが出るならアドレスを整えることからはじめよう

スポンサードリンク

どうも、ゴルフ侍トシです。

「シャンクが止まりません。どうしたらいいのか分かりません。」というご相談をいただきました。
シャンクが出るというのは、前傾が起きることによって起こるミスなので、まずは、アドレスの姿勢を見直すことからはじめます。

 

アドレスでは、しっかりとお尻を後方へ突き出して、背中を伸ばします。
そして、膝を若干曲げて、下半身をどっしりと安定させます。
まず、アドレスで猫背になっていたり、お尻が下に垂れていたりすると再現性の高いスイングをすることが難しくなります。
アドレスの形というのにこだわってほしいなって思います。

 

昔の僕もそうですが、アドレスを適当に考えていたおかげで、上達できずに苦しんだという経験があります。

 

ゴルフスイングは一瞬で、実際スイング中に意識できることと言えば1つぐらいです。

 

アドレスを整えることはスイング前に行うことができますので、誰でも正しいアドレスというのは意識して行うと身に着けることができます。

 

正しいアドレスあっての再現性の高いスイングがあると思うことがやっぱり大事です。

 

アドレスがしっかりできていないと、その先のスイングに再現性は期待できません。
そして、シャンクが出るというのも、この正しくアドレスできていないというのが原因です。

しっかりアドレスで姿勢を整えよう

まず先ほどお伝えしましたように、背中を伸ばして、お尻を後方へ突き出して、膝を若干曲げて下半身をどっしりさせて構えます。
この時に、腰の上あたりに少し張りや緊張感を感じることができます。

この腰上の張り、もしくは緊張感をスイング中にキープするように意識します。

 

そうすることによって、前傾姿勢が維持されやすくなりますし、腹筋が緩まなくなるので、スイングも緩まなくなります。
腹筋が緩んでしまうと、手元がボール方向へ出やすくなってしまいます。
また、腹筋が緩んでしまったら前傾が起きやすくなります。
アドレスですでに腰上に緊張感を感じていることができると、腹筋が伸ばされた状態になっています。

なので、アドレスですでに腹筋が緩んでいる状態である、猫背の場合と比べると、その先のスイングの再現性が高まります。

 

つまり、アドレスが整っているか整っていないかによって、スイングの再現性に大きく関わるということが言えます。

 

アドレスがおろそかになると、ゴルフは上達してくれません。というのが僕の経験上言えることです。

 

上級者やプロがアドレスに気を使いますが、アマチュアの場合、なかなかアドレスに気を使うという人をあまり見たことがありません。

安定したスイングは正しいアドレスから生まれる

安定したスイングをするために、いかにアドレスを整えるか?ということを重視されているアマチュアの人は少ないと思います。

 

だからこそ、ほとんどのアマチュアの人がやらない、アドレスをしっかりすることさえできれば、、スイングは自然と良くなっていくということが言えます。

 

シャンクが出るという場合も、アドレスがしっかりできていないことが原因だと思います。

 

アドレスができて、しっかり緩まない腹筋の状態が作れると、そのまま腹筋が緩まないように、腰上の緊張感を感じたままスイングしていくことによって、自ずと、綺麗なスイングができるようになると思います。

 

それぐらいアドレスというのはスイングで大事な要素が含まれている部分だと僕は思います。

 

あなたがこれから短期間で一気にゴルフを上達させて、80台、70台と当たり前にラウンドできるようになりたいという場合、その詳しい方法はメルマガ限定で教えます。

ゴルフ侍トシの無料メルマガ

僕がゴルフをはじめて、わずか半年でスコアー82を出し、そこから当たり前に70台でラウンドできるようになった方法ですので、ご期待ください^^

スポンサードリンク